BEAUTY

スキンケアブランド、KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)がスタートしたグローバルチャリティー活動に注目

2017/09/05

1851年にNYのアポセカリー(調剤薬局)として誕生し、世界各国から厳選した天然由来成分を使用したこだわりのスキンケア製品が人気のKIEHL’S SINCE 1851(キールズ)。
今までも様々なチャリティー活動を展開してきたキールズ。
新たな活動として発表したのが、ASD(自閉症スペクトラム)の子どもたちとその家族をサポートする取り組みです。
映像はNYで行われた記者発表会イベントの様子。
記事ではグローバルパートナーとして迎えたアカデミー賞受賞俳優のマシュー・マコノヒー氏のインタビューもお届けします!

2017年グローバルチャリティー活動にともない限定エディションを発売

ASD(自閉症スペクトラム)への認知度を高め、社会の理解を深めるための今回の活動。その活動に賛同し、グローバルチャリティーパートナーとして迎えられたのがアカデミー賞受賞俳優のマシュー・マコノヒー氏。
マシュー氏出演による意識啓蒙のための支援ムービーの拡散(シェア1回につき1ドル)や、限定エディションの販売により、20万ドルを上限として、ASD支援団体AUTISM SPEAKSに寄付。ASDを持つ子どもたちとその家族の支援を目指します。

マシュー氏が出演がした支援ムービーはこちら

それにともない、マシュー氏がデザインした、キールズで最も人気の保湿クリーム「キールズ クリーム UFC」の限定エディションを9月29日(金)より全国のキールズ、公式オンラインショップにて発売いたします。

  • キールズ クリーム UFC(限定エディション)【123g】¥6,600/キールズ 詳細を見る

グローバルチャリティーパートナー/マシュー・マコノヒー氏にインタビュー

Q.キールズとのパートナーシッププロジェクトについてお聞かせください

A.キールズは社会貢献活動に積極的であり、あまり注目されていない社会問題も支援している一面があります。僕はそこに惹かれ、キールズと ASD(自閉症スペクトラム)の支援団体である「AUTISM SPEAKS」 と共に ASD の子どもたちとその家族のために、ASD への認知を高め、社会の理解を深めたいと思いました。ASD は世界人口の1%には影響を及ぼしていると言われており、関心を払うべきです。僕はキールズ製品を愛用していて、キールズの活動を兼ねてから応援していたので、今回のパートナーシップはまさに適切と思いました。

Q. ASD(自閉症スペクトラム)のある子どもたちへはどのような支援が良いのでしょうか?

A. ASD に対する認知を高めることを真っ先に考えなければいけません。世界人口の1%に影響を及ぼしているということは私たちの身近にも ASD の方がいるということです。もっと ASD について人々の認知 が高まれば理解も深まり、支援活動への参加や精神的支えにもつながります。
また ASD の子どもたちとその家族への最適なサポートは、早期段階での発見の手助けと支援サービスを提供することです。発見は早くて生後18ヶ月のケースもあり、研究結果では早期段階で支援を受ける ASD の子どもはより良い発達と自立性を持つ可能性があることが分かっています。

Q. このキャンペーンでの目標をお聞かせください

A. キャンペーンでの目標は ASD の子どもたちとその家族をもっとよく知り、理解を深めることです。これらの子供たちや家族は十分な手当てを受けておらず、私たちの支援を必要としています。もっとたくさんの人に自閉症のことを知ってもらえば、もっとたくさんの子どもたちやその家族へ助けの手が差し伸べられます。

Q. 今回のプロジェクトで「キールズ クリームUFC」を選び、限定デザインを作った理由を教えてください

A.「キールズ クリームUFC」はデイリーに使える素晴らしい製品であり、その製品に特別なデザインを施すことで、たくさんの人に私たちのメッセージを伝えることができるからです。限定デザインは長男リーヴァイが描いた絵が元になっています。

Q.読者がこのキャンペーンに参加できるようメッセージをお願いします

A.まずは皆さんにキャンペーンに関する動画を見ていただき、その動画を他の人々とシェアしてほしいです。ASD は世界人口の1%に影響を及ぼしているので、思っているより身近に ASD の方がいます。もっと ASD について人々に知ってもらえれば理解も深まり支援活動や精神的支援にもつながります。

Q.マシューさんご自身の、ASDを患っている子どもたちとの関わりについて教えてください

A.私が取り組んでいるジャスト・キープ・リビング財団の放課後プログラムに参加している学生の中で ASD の症状を持っている多くの子どもたちと出会いました。この経験からこういった発達障害が子どもと家族に及ぼす影響を間近で見ることができました。今後 ASD への認知が高まることで更に家族たちへの支えになることができればと思います。
長男が生まれたのちに妻カミラとジャスト・キープ・リビング財団を立ち上げました。高校生という極めて 重要な青少年期の子供たちに、インパクト与えたいという思いで立ち上げたのです。高校生の少年少女たちが活動的な生活をし、よりよい将来に向けての健全な選択ができるような手段を与えることをミッションとしています。そしてそれは恩返しをすることが人生の一部であるという考えに根差しています。このジャスト・キープ・リビングの放課後プログラムに参加した、ASD の症状を持っている多くの生徒たちと出会いました。この経験からこういった発達障害が生徒のみならず家族にも及ぼす影響を間近で見ることができ、今回のキールズとのパートナーシップが適切だと痛感しました。

Q.慈善活動に関わるようになった理由について教え てください

A.他の人のために何かをし、役にたった時こそ人生は一番満たされます。ジャスト・キープ・リビング財団では少年少女の極めて重要な時期に関わりを持つことができます。素晴らしい子供たちと共に過ごせることを光栄に思っています。

Q.スキンケアの話に戻します。お肌のお手入れに対する考え方は年月とともに変わりましたか?

A.クオリティーの高いスキンケア製品を使うのはいつも楽しみです。最近は量より質ですね。良質なSPF クリームを日々のスキンケアに取り入れています。

Q.キールズとのパートナーシップ以前からキールズ製品の愛用者でしたか?愛用のキールズ製品を教 えてください。

A.キールズのヘアー コンディショナー フォーミュラ 133 は昔から愛用しています。メンズスキンケアラインのフェイシャル フュールSPF15もです。

Q.ヘルシーなライフスタイルへの心がけは?

A.日が明るいうちは外にいること、そして毎日汗をかくこと、と母親はいつも言っていました。この二つは 今でも実行するようにしています。

Q.俳優として素晴らしい業績があります。才能もしかりですが 20 年間根強いファンがいることについてコメントお願いします

A.俳優としてのキャリアの中で、パーソナルな生活をより充実させたいとある時点で気付きました。 その頃から、よりエキサイティングかつ本来の自分のイメージと異なるような役を受けるようになりました。 その結果自分が取り組んでいる(作っている映画が)ことがとても楽しく感じるようになり、ファンの皆さまも同じように、それを楽しんでいただけてることが嬉しく思います。

Q.最後に、マシューさんの次のプロジェクトは?

A.モーリシャス島でアン・ハサウェイ共演の映画「セレニティー」を撮影していてとても満喫しています。

マシュー・マコノヒープロフィール

数々の受賞歴を持つアメリカの俳優兼慈善活動家。 Dazed and Confused(邦題:バッド・チューニング)(1993)で人気を博し、その後、ダラス・バイヤーズクラブ(2013)の演技でアカデミー賞受賞。マシュー・マコノヒー氏と妻、カミラ・ア ウヴェス氏はともに慈善活動に情熱を傾けており、コミュニティに住む青少年の心身の健全を支援する非営利団体、just keep livin 協会を設立。

チャリティーECサイトはこちら

KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)とは?

1851 年、NY で創業して以来、世界中で愛され続けているスキンケアブランド 。2008 年には日本に初上陸し、現在では世界中で 60 カ国以上、約 2000店舗に展開。世界各国から天然由来成分を使用し、広告プロモーションなどの宣伝費用をかけず、長年の研究に力を注ぎ入れた、肌本来の健康を第一に考えた製品が揃う。

キールズの公式ホームページはこちら

—————————————
Videographer:Isamu Maeda
Photographer:Michika Mochizuki
Editor:Sono Hirose
—————————————

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW