BEAUTY

焼けた肌でも大丈夫!長井かおりの大人の透明感メイク【メイクアップ編】

2017/08/23

日焼けは肌によくないとわかっていても、夏はうっかり焼けてしまいますよね。
日焼けはもちろん、汗や皮脂などの老廃物で肌のトーンが下がると、肌がくすんで老け顔になりがちです。
でも大丈夫。スキンケアを見直して、透明感のある肌の土台を作ったら、次はメイクアップ!
下地に少しだけグリーンを使うことで、赤みが消えて透き通るような肌に変身。また、日焼けでファンデーションの色が変わってしまっても、今の肌色とワントーン明るいものをW使いすることで、自然な透明感を演出できるのです。

1:グリーンの下地をリキッドファンデーションの前に仕込んでおく

顔の中心部と赤みのあるところをグリーンで明るさを出します。
グリーンは赤みを飛ばし、手早く透明感の出る便利なアイテム。
ポイントは、顔全体にはつけずに、目の下や頬を明るくすること。フェイスラインまでつけず、ハイライトのように使うようにします。
江原道のカラーベースは、肌の上に極薄のフィルターをかけたような仕上がりで、くすみや色ムラ、毛穴や小じわの凹凸など、あらゆる肌ノイズを補正してくれます。ホイップのようななめらかな使い心地。

  • マイファンスィー メイクアップ カラーベース グリーン 25g
    マイファンスィー メイクアップ カラーベース グリーン 25g¥4,000/Koh Gen Do(※2017年9月1日発売)

2:リキッドファンデーションを2色使いこなす

日焼けをすると、今まで使っていたファンデーションの色が合わなくなりますよね。そんなときは、明るめのリキッドファンデーションを買い足し、今までのリキッドファンデーションを部分的に重ねづけして使います。
今の肌色にあったリキッドファンデーションを、スポンジで顔全体に薄く伸ばします。まぶたの上も優しくのばしましょう。
次に、ワントーン明るいリキッドファンデーションを、美肌ゾーン(目の下から頬骨の高い位置)に、タップするように重ねづけし、白く盛ることがポイントです。

3:フェイスパウダーをブラシでかける

ブラシを使って、フェイスパウダーを顔全体にまぶしてから、余分なパウダーを払います。肌への密着度が高いオイルを使用したSUQQUのルースパウダーは、オイルのほかに保湿成分を配合し、肌を乾燥からまもりながらファンデーションのヨレを防ぎます。

  • オイル リッチ グロウ ルース パウダー 15g
    オイル リッチ グロウ ルース パウダー 15g¥6,000/SUQQU(※2017年9月1日発売)

4:目のまわりにハイライトを使用する

ラメ感が強いハイライトは、人口的な仕上がりになってしまいます。柔らかい粉体で、仕上がりがほんのりツヤの出るヴィセ アヴァンのフェイスパウダー(グロウ)がおすすめ。肌の上で均一に広がるので、きめ細かい肌を演出できます。

  • パーフェクトフィニッシュ グロウ 7g
    パーフェクトフィニッシュ グロウ 7g ¥1,800/ヴィセ アヴァン((MINE調べ)) 詳細を見る

5:アイシャドウはミントブルー/ミントグリーンで

上まぶたのブルーは、縦幅は狭め(目のキワから目をあけたときにほんのり見える高さまで)で色を濃くつけることがポイント。
下まぶたには、ミントグリーンを目尻から3分の1につけて、目尻の方に伸ばすようにする。
指でつけるのが難しい人は、チップを使用してもOK。
あえてアイライナーは使わない。

  • クルーズ ファインカラー  左)N33 右)N09
    クルーズ ファインカラー  左)N33 右)N09¥1,800/エレガンス  詳細を見る

6:ビューラーをしてマスカラをつける

お好みのマスカラをつけましょう。

7:眉はパウダーで優しくふんわりと描く

ルナソルのマルチパレットは、アイブロウのほか、アイシャドウやノーズシャドウなどマルチに使えて便利。1つのコンパクトで色のバリエーションが楽しめ、ふんわりとした自然な眉をつくることができます。

  • スタイリングアイゾーンコンパクト
    スタイリングアイゾーンコンパクト¥4,200/ルナソル 詳細を見る

8:パウダーチークを頬の高い位置にのせる

肌がセミマットに仕上がっているので、チークも連動してマットに仕上がるパウダーをチョイス。レ・メルヴェイユーズ ラデュのパウダーチークは、密着効果が高く、美しい発色が長時間持続します。

  • プレスト チークカラー N 03 4g
    プレスト チークカラー N 03 4g¥5,300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ  詳細を見る

9:透明感のあるリップを使用する

セミマットな肌には、上品なツヤの出るルージュをリップクリーム感覚で。
AQ MWのルージュは、クリアな発色と自然なツヤで上品な口元を演出します。とろけるようなテクスチャーでありながらベタつかず、長時間うるおいをキープしてくれます。

教えてくれたのは…

メイクアップアーティスト/長井かおりさん

短大卒業後、化粧品メーカーに勤務。2005年にヘアメイクアップアーティストへ転身。雑誌、広告、映像など幅広いジャンルで活動し、モデルや女優のヘアメイクを手掛ける。一方で、メーカー勤務時代の知識とヘアメイクアップアーティストの経験を活かし、全国でメイクアップセミナーの講師活動や、メイクデモンストレーションに出演。「崩れないメイク」を得意とし、分かりやすく実践しやすいメソッドで多くの女性の支持を得ている。化粧品開発にも携わる。
また、一般社団法人ランガールに所属しており、最近では自らがランナーであることから考案した「汗に強く崩れないスポーツメイク」が注目を浴び、多数メディア等に出演。スポーツメイクの第一人者としても知られている。
2016年7月に、ダイヤモンド社より「〜周囲がざわつく自分になる〜 必要なのはコスメではなくテクニック」を上梓。これまで、全国でのべ3000人の一般女性を対象に行ってきたメイクレッスンの経験をもとに生み出した、分かりやすく、すぐに実践できるテクニックを詰め込んだ書籍は発売2カ月で5万部の大ヒットとなっている。

長井かおりさんのInstagramはこちら

出演モデル石川瑠璃子さんのInstagramはこちら

————————————————
Videographer:T.Maenaka
Model:Ruriko Ishikawa
Text:Yuki Oniishi
Editor:Yuki Oniishi
————————————————

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW