【PR】
LIFE STYLE

SNS映えするコツは?黒石奈央子が教えるフォトジェニックな写真旅 in 銚子

2017/07/29
AD Honda Cars

今大注目のファッションブランド「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」のCEO黒石奈央子さんは、ライフスタイルを綴ったSNSも大人気。そんなオシャレ感度の高い彼女が、友人のモデル岩渕加恵さんと千葉県は銚子までドライブ旅行へ。
レトロな雰囲気漂う銚子で、SNS映えする写真のテクニックを教えてもらいます!

POINT1:風景は空を入れて色鮮やかに

風景を撮るときは、空を意識して撮りましょう。
晴れているならばなおさら! キレイな空を背景にすれば周囲も色鮮やかに。青い空が写っているかどうかで、雰囲気がガラリと変わります。

◆銚子フォトスポット
『あさひ砂の彫刻美術展2017』
世界レベルのサンドアートを展示。2017年8月7日(月)まで開催中!
『銚子電気鉄道線』
銚子駅と外川駅を結ぶレトロなローカル線。車窓にはトウモロコシ畑が広がる。

POINT2:料理は真上から。周囲はシンプルに

SNSの料理写真のトレンドは、なんと言っても真上から!
そのときに注意したいのは、お手拭きなど余計なものが写り込まないこと。料理が引き立つよう、まわりをシンプルにしておくことがポイントです。

◆銚子フォトスポット
『浜めし』
銚子漁港で採れた、新鮮でボリュームたっぷりの海鮮料理が魅力。

POINT3:迫力UP! 大きな建物は見上げるように撮る

特徴的な建物やオブジェは、旅先を思い出すのにはもってこいのフォトスポットに。上手にカメラに収めましょう。ポイントは、下から見上げるようにして撮ること。実際の目線で見るよりも迫力が増して、写真に躍動感が出ます。

◆銚子フォトスポット
『犬吠埼灯台』
銚子半島の最東端にある白亜の灯台。眼下には岩礁にぶつかる青い海が広がる。

リニューアルしたHonda『FIT』で出かけよう!

今回黒石さんが運転したのは、リニューアルしたばかりのHonda『FIT(フィット)』。
それまでのデザインよりも、ちょっぴり個性的でシャープな印象を与え、黒石さんのようにオシャレを先取りする女性にも似合う洗練されたデザイン。それでいて、長く愛せそうな飽きのこないデザインです。

そして、ロングドライブに嬉しい、パワフルかつ低燃費(※)なのがHonda『FIT』の魅力。
フォトジェニックな銚子の青い空と海をカメラに収めに、クルマを走らせてみませんか?

[今回の車両:FIT HYBRID・S Honda SENSING (FF) ディーラーオプション装着車]

※JC08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)HYBRID・S Honda SENSING (FF) 31.8Km/L★
★燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

Honda Cars 特設サイトはこちらから

インタビュー編も公開中!

––––––––––––––
Director:Yuya Takizawa
Videographer:Higa Hisato David Liao / Kentaro Matsuda
Text:Mariko Ankai
––––––––––––––

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW