FASHION

アラサー女子が華やぐ!結婚式・二次会の「お呼ばれコーデ」3選

2017/06/27

久しぶりに結婚式の二次会に招待されたけど「今ドキのお呼ばれスタイルって、どんな感じだっけ?」と、着ていくものに悩む人も多いはず。きちんと感もあってダサくならない。オシャレな「お呼ばれコーデ」を、クール・レディ・カジュアルの3タイプに分けてご紹介します。自分らしい着こなしのヒントにご参考ください!

今日は、高校時代の同級生の、結婚式当日。かつての仲良しグループが、久しぶりに全員集合です! 
卒業以来なかなか会えなかった友達との再会には、気合いを入れて出かけたいもの。それぞれの個性にフィットする、クール・レディ・カジュアルの三者三様の「お呼ばれコーデ」の着こなしポイントとは?

テイスト別お呼ばれドレス3LOOK

今回は、クール・レディ・カジュアルの3タイプの「お呼ばれコーデ」をご紹介。あなたは何派がお気に入り?

◆クール派のあなたへ

ハンサムなスタイルへと導く鍵は、ブラックのワントーンコーデにアリ! 
アクセサリーをゴールドで統一して、大人っぽく仕上げて。
バッグ&シューズで流行りの深レッドを取り入れれば、エッジの効いたクール&ビューティの完成です。

  • セットアップ
    セットアップ¥5,900/アンド ドット ノスタルジア 詳細を見る
  • ピアス
    ピアス¥19,000/アデル ビジュー 詳細を見る
  • チョーカー
    チョーカー¥2,400/アネモネ(サンポークリエイト) 詳細を見る
  • バングル
    バングル¥1,700/アネモネ (サンポークリエイト ) 詳細を見る
  • バッグ
    バッグ¥130,000/M2MALLETIER(エーピー ストゥディオ  ニュウマン シンジュク) 詳細を見る
  • サンダル
    サンダル¥6,400/ロデスコ(アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店) 詳細を見る

◆レディ派のあなたへ

ハリ感のあるオレンジのスカートを主役にした、エレガントなスタイル。レーストップやラフィアのバングルでピュアな甘さをプラスしつつ、ブラックの靴&バッグでキリッと締める、その「甘辛バランス」が最重要ポイントです!

◆カジュアル派のあなたへ

コンバースにデニム、前面を開けてガウンとして羽織る、など「普段着としても着れちゃう」万能なワンピースをドレスアップする方法は? 答えはドレッシーな靴&バッグ選びにありました! アクセサリーはあえて大ぶりのイヤリングだけ。やり過ぎないのが大人っぽさを引き出す新常識です!

  • ワンピース
    ワンピース¥24,000/ドロシーズ 詳細を見る
  • ピアス
    ピアス¥16,000/アデル ビジュー 詳細を見る
  • バッグ
    バッグ¥95,000/ワカ タカハシ(ハイブリッジ ショーケース 六本木店) 詳細を見る
  • シューズ
    シューズ¥17,000/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 詳細を見る

さて、久々の再会で話したいことが山積みの3人。仕事のこと、恋のこと、子供のこと…。学生時代とは悩みのトピックスは変わっても、話のネタに尽きないのが女子トークのお約束。

感動の結婚式も終わり、二次会まで時間もあるし、「とりあえず最近話題のベーカリーレストランでお茶でもしよ〜!」そう言って3人が訪れたのは、先月オープンしたばかりの『Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)東京ミッドタウン店』でした。

焼きたてのパンの香り漂う広々とした店内は、朝から夜まで大賑わい。陽の光が気持ちのよいテラス席をゲットした3人が注文したのは…?

ドリンクでオーダーしたのは、左からアイスラズベリーレモネード(¥650)、レモネードアイスティー(¥650)、オーガニックコーヒー(¥550)。

フードは、インスタ映えも確実の、フォトジェニックなタルティーヌ2品をチョイス。【写真上】シュリンプ&アボカドタルティーヌ(¥1,390)、【写真下】ローストビーフタルティーヌ(¥1,430)

美味しくってオシャレなベーカリーレストランで、延々と続く女子トーク。つい長居したくなる心安らぐ空間は、のんびり過ごしたい休日のブランチや、平日のディナーデートにもぴったりです。幅広いシーンで使えるオシャレなスポットは抜かりなくチェックして!

出演モデル・中世古麻衣さんのInstagramはこちら

出演モデル・桐梨菜さんのInstagramはこちら

出演モデル・鈴木沙耶さんのInstagramはこちら

------------------------------------------------
Videographer: Naoki Ono
Model: Mai Nakaseko/ Rina Kiri/ Saya suzuki
Stylist: Motoko Kawano
Hair&Make up: Yoshihito Watanabe
Editor/Writer: Ayano Ishihara
------------------------------------------------

Le Pain Quotidien 東京ミッドタウン店

住所
東京都港区 赤坂9-7-4 東京ミッドタウン・ウエスト プラザ1階
電話番号
03-6804-5879
営業時間
7:30〜23:00(L.O. 22:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://www.lepainquotidien.jp
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW