LIFE STYLE

秘密は“色選び”と“S字混ぜ”!人気ネイリスト・中川萌が教えるセルフネイル

2020/02/06

いつも指先までキレイにしていたいもの。でもセルフネイルではデザインのレパートリーが少なく、飽きてしまうことも。そこで、ネイルカラーを重ねて作るだけなのに凝って見える“マーブルデザイン”の作り方を、人気ネイルサロン「DISCO」のネイリスト・中川萌さんに教えてもらいました。

凝って見えるのに実は簡単!セルフネイルでマーブルデザインを作るポイント

「スモーキーカラーを3色使ったマーブルネイルは、こなれ感と秋のトレンド感があっておすすめです。マーブルを作るときは、濃い色・薄い色・一番好きな色の順で塗って。混ぜるときに触りすぎると汚くなってしまうので、サラッと1回S字を描くくらいがちょうどいいです」(中川さん)

STEP1:マーブルデザインにする爪に、ホワイトのポリッシュを一度塗り

まずは、表面のデコボコを整えつつ色素沈着を防ぐために、ベースコートを塗って乾かす。
マーブルデザインと、単色塗りにする指を決め、マーブルにする爪に、ベースとなるシアーなホワイトのポリッシュを1度塗りする。ネイルのハケが扇型に広がるように爪の根元に当て、爪先に向かって塗る。縦にまっすぐラインを描くイメージで、最初に真ん中、そして左右と、3回に分けて塗ると均一に塗れる。

STEP2:爪の中心辺りにパープルのポリッシュを置く

爪の中心からややずらしたところに、パープルのポリッシュを少量置く。乾くときれいなマーブル柄にならないので、スピーディーに1本ずつマーブルデザインを作るのがポイント。

STEP3:STEP2の隣にブルーグレーのポリッシュを置く

STEP2が乾く前に、パープルの隣にブルーグレーを少量置く。

STEP4:カーキのポリッシュを置き、ハケでS字に混ぜる

パープル&ブルーグレーの近くにカーキのポリッシュを少量置き、3色を混ぜるようにS字を描く。何度も混ぜると汚くなるので、1回混ぜるだけでOK。最後に使った色が一番目立つため、メインにしたい色を最後にすること。

STEP5:ゴールドラメをのせる

ゴールドラメのポリッシュをSTEP4のマーブルデザインの近くにのせる。細かいラメのポリッシュを足すことで、デザインに立体感が出て華やかになる。

STEP6:単色塗りする爪にブルーグレーのポリッシュを1度塗り

ブルーグレーのポリッシュのハケが扇型に広がるように、単色塗りする爪の根元に当て、爪先に向かって塗る。縦にまっすぐラインを描くイメージで、最初に真ん中、そして左右と、3回に分けて塗ると均一に塗れる。

STEP7:ブルーグレーのネイルを重ねて2度塗りにする

STEP4と同様にブルーグレーのネイルを塗り重ねる。マーブルデザインに使っている色を単色塗りにも使うことで、全体のデザインにまとまりが出る。
最後に、ネイルの持ちをよくするためにトップコートを塗って完成。

FINISH!

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW