BEAUTY

“塗るつけまつげ”で運命が変わる。西内まりやさん直伝、大人のまつ毛メイク

2019/06/28
PR イミュ

コスメポーチのなかのマストアイテムとしてお馴染み! 「デジャヴュ」“塗るつけまつげ”が、長きに渡り愛され続ける理由を「学生の頃から使っていた」と語る西内まりやさんにインタビュー。
まりやさん流のアイメイクとは? 印象的な目もとを作るコツとは?......彼女が輝き続ける理由と“塗るつけまつげ”との関係を解剖。

西内まりやさんにとって、まつ毛メイクって?

「なりたい自分になれるもの。自信をつけて、スイッチを入れてくれるんです」

―――意思のある眼差しに、涼やかな目もと。“目”がチャームポイントのまりやさんにとって理想的なアイメイクとはどういったものですか?

「人と会うとまず目を見て挨拶しますよね。だから第一印象を決めるのは目で、まつ毛はとても重要なパーツだと思うんです。
だから理想のアイメイクをすることは大切。なりたい自分になれる瞬間だし、自信をつけてくれるし、自分を演出して完成させてくれるものなんです」

―――「デジャヴュ」“塗るつけまつげ”を初めて使ったのはいつ?

「中学2年生の頃。撮影現場でモデルの友達がすごく綺麗なまつ毛をしていて『なんでそんなに綺麗なの?』と聞いたら、「デジャヴュ」“塗るつけまつげ”でした。当時からみんなが愛用していて、憧れを抱いて使い始めたのがきっかけ。これさえあれば可愛くなれるんだ!とウキウキして買った覚えがあります。それから、“女性らしさ”を手に入れるとすごく幸福感を得られんだと実感して、アイメイクを重要視するようになりました。女性を心から楽しく美しくしてくれるものだなと感じています」

―――“塗るつけまつげ”の気に入っているポイントは?

「一番は繊細な長さを出せるところ。馴染みながら伸びてくれるのですごく自然なんです。その感覚がクセになって、ずっと女子が手放せないものと言うのかな……止まらない(笑)。ダマにもなりにくいし、落ちないんですよね」

―――まりやさん流の使い方のテクニックはありますか?

「目尻の端の方を切れ長に仕上げることが好きで、目尻だけ多めにつけています。重ねながら、太くしすぎず、長さが出るように。上品に見えるように意識しています」

―――今日改めて、“塗るつけまつげ”を使ってみていかがでしたか?

「年齢や時代によって、メイクのトレンドも“自分がどうありたいか”も変わりますが、何歳になってもやっぱり、まつ毛って大事なパーツなんだと改めて感じました。
以前は、まつ毛はとにかく長く、目は大きく見せたかったのですが、今は自然に見えるかどうか、ディテールも意識しながら塗るようになりました。目尻から下まつ毛まで、いかに繊細に作れるかを考えながら塗るのが楽しいです」

―――これからどのようなアイメイクをしていきたいですか?

「最近、友達に会うとよく『目もとがキリッとしてるね』と言われるのですが、自分の前に向かいたい気持ちや、チャレンジしたい想いがメイクに表れているんだと思います。心と表現がリンクして、気分も奮い立たせていると言うか。この気持ちを盛り上げるメイクをしていきたいですね」

西内まりやさん流、夏のアイメイクは「意志ある眼差し」

今回、“塗るつけまつげ”で実践したのは、自然体でキリリと涼やかな目もとに、2019年春夏のトレンドであるオレンジを合わせたサマーメイク。さりげなくピュアなオレンジリップを合わせて大人のネオフェミニンを実現。この夏は女性らしくもクールな眼差しを作るまつ毛を決め手に、凛とした表情を手に入れるのが正解。

Mariya’s comment

「洗練された目もとに少しオレンジをプラスしたメイクは、夏気分を満喫できて、とても新鮮な気持ちになりました。撮影中に“80%の強さと、20%の優しさの表情”というテーマが出て、そこを意識しながら撮影をしましたが、まさにそういう女性って素敵だなと思いました。自分がスイッチオンしたときにも、柔らかさを忘れない女性になりたいです」

Close-up

下まつ毛まで一本一本を際立たせることで、大人の目力がUP。目尻を流すように、切れ長の目もとに仕上げるのがまりやさん流!

“塗るつけまつげ”の魅力とは?

まつげメイクアイテム“塗るつけまつげ ロング ファイバーウィッグ ウルトラロングF”¥1,500/デジャヴュ(イミュ)

劇的な長さと美しい仕上がりの両立を叶える“塗るつけまつげ”ロングは、たっぷりのファイバーがまつ毛の先にどんどん繋がり、塗るほどにぐんと長さを出してくれるロングヒットアイテム。メイクを頑張っている感なく、眼差しが際立つまつ毛メイクを手に入れたいという願いに応えてくれる、大人女性の強い味方。
お湯でオフ出来るから目もとに優しく、エクステの方にも最適。パンダ目にならないフィルムタイプで、皮脂や汗をはじいてくれるから、メイク崩れに悩みがちなサマーシーズンのアイメイクに活躍させて!

【あなたと「デジャヴュ」の関係は?】キャンペーンに投稿してプレゼントをGET

2019年6月28日(金)から7月31日(水)の期間、TwitterもしくはInstagramであなたと「デジャヴュ」のストーリーを投稿するとプレゼントが当たる、キャンペーンを実施中!

指定のハッシュタグをつけて、「初めて『デジャヴュ』“塗るつけまつげ”を使ったのはいつ?」、「“塗るつけまつげ”の好きなところは?」、「“塗るつけまつげ”をどんなシーンで使いたい?」などのテーマで投稿すると、抽選で豪華なプレゼントが当たる! 詳しい応募方法はキャンペーンサイトから。この機会にふるってご応募ください。

A賞:「デジャヴュ」現品セット

左から、“塗るつけまつげ”ロング(ピュアブラック)、密着アイライナー“ラスティンファイン クリームペンシル”(ダークブラン)、パウダーペンシルアイブロウ“ステイナチュラ”(ナチュラルブラウン)の3本セットを50名様にお届け。

密着アイライナー“ラスティンファイン クリームペンシル”は、極細から太めのラインまで自在に描けるペン先と擦れにも強いウォータープルーフタイプが魅力。
そして、パウダーペンシルアイブロウ“ステイナチュラ”は、パウダーのように柔らかいペンシルが眉毛の書き足しとぼかしを両方叶え、ナチュラル眉を作ってくれる優れもの。
このセットで理想的なアイメイクを完成させて!

B賞・ヘアメイクアップアーティスト、イガリシノブさんの特別イベントへご招待

大人気ヘアメイクアップアーティスト、イガリシノブさんがレクチャーする、メイクイベントに25組50名様をご招待。ここでしか聞けないプロのテクニックとアイメイクのコツを体験してください。

<実施日程>
日程:2019年10月8日(火)
場所:都内某所
※イベントの詳細は当選者にのみお知らせいたします。
※イベントの内容は予告なく変更する可能性がございます。

問い合わせ先

イミュ/0120-371367
全国のバラエティストア、ドラッグストア、大型スーパーマーケットで発売中

http://www.dejavu-net.jp/

Profile:西内まりや

1993年12月24日生まれ。福岡県出身。10代の頃からトップモデルとして数々の雑誌の表紙を飾り、ドラマや映画では主演を務める。アーティストとして、第47回日本有線大賞新人賞受賞、第56回日本レコード大賞新人賞および最優秀新人賞を受賞するほか、作詞作曲など、自身でも楽曲制作を手掛ける。現在、フランスの大手シャンパンメーカーのアンバサダーを務めるなど、国内外を問わず活動に注目が集まっている。

【ワンピーススタイル】
ワンピース¥61,000/シーニューヨーク、シャツ¥36,000/イン、トップス¥9,800/ハクジ(すべてブランドニュース) リング¥18,000、リング¥12,000、イヤリング ¥17,000/すべてバフ、イヤカフ ¥9,000/リバー(すべてエープレス) その他/スタイリスト私物

【パンツスタイル】
シャツ¥38,000/マラミュート パンツ、ボタニカルプリントスカート ¥33,000/共にファイブノット(エスティーム プレス) シューズ¥37,000/セレナテラ(ホール) リング¥7,700、イヤカフ¥117,000/共にリーフェ ジュエリー(ブランドニュース)  その他/スタイリスト私物

衣装問い合わせ先
エスティーム プレス/tel. 03-5428-0928
エープレス/tel. 03-6416-4640
ホール/tel. 03-6419-7732
ブランドニュース/tel. 03-3797-3673

Director:T.Naka Videographer:Takashi Kamei(W) Videoeditor:Mami Ohkubo  Styling:Junko Suzuki  Hair&Make-Up:Mayumi Aota Nail stylist:Naoko Takano(Nadine Nails) Writer:Masa Hasegawa Editor:Terumi Kobayashi(MINE)

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW