BEAUTY

【夏の肌見せ対策】背中美人になれる、セルフ肩甲骨マッサージ

2018/05/10

流行のバックシャントップス。オフショルはちょっと恥ずかしいと言う人もバックシャンなら着やすいアイテム。無駄な脂肪がなく、肩甲骨がきれいに出たら背中の大きなあきだってチャレンジできますよね。

産後—20kgのダイエットに成功しフォロワーが26万人を突破、という大ブレイクを 果たした美容家の本島彩帆里さんに効果があるセルフマッサージを教えてもらいました。

セルフマッサージのPoint

1 マッサージする時は、必ずオイルかボディクリームを塗って
2 痛いところは老廃物やセルライトが溜まっているので“痛気持ちいい程度”がちょうどいい。
3 プロセス1つごとに最低10回はすること。
4 3日間に1度よりも毎日少しずつでも続けることが、効果が出やすい。

1 指を熊手のように使う

親指以外の4本の指を熊手のようにして使う。
指を曲げることで力も入りやすくなり老廃物をかき出しやすい。

2 首から肩をほぐす

首から肩周りを後ろから鎖骨に向かってほぐす。
首を少しかたむけながらするとやりやすい。左右同様に。

3 肩を回して下げる

肩を回してストンと下げる。
肩に力をいれないことで、肩だけを使うことを回避。しっかりと背中を使うようにする。

4 肩甲骨を寄せる

ブラホックがある位置に向かって肩甲骨をぐっと寄せる。
ブラホックの位置を意識することで背中全体に力が入ります。胸を突き出すように大げさ気味に動かして。

セルフマッサージ太もも編を観る

セルフマッサージ二の腕編を観る

セルフマッサージウエスト編を観る

セルフマッサージ鎖骨編を観る

【監修・本島彩帆里さんのプロフィールはこちら】

産後、−20kgのダイエットに成功

本島彩帆里(もとじまさおり)/ダイエット美容家・元オールハンドの痩身サロンにて、エステティシャンとして何千人もの身体に触れ、店長としても活躍。産後に-20キロのダイエットに成功したメソッドやエステサロンでのの経験ををSNSや雑誌で発信している。

2017年6月時点でのフォロワーは26万人超え。(ID @saoooori89)

著書も累計18万部を超えている。
『もんでヤセない身体はない』
『太るクセをやめてみた』
『やせる#ほめぐせ』

本島さんのInstagramはこちら

左がダイエット前の本島さん。右が現在の本島さん。
「もちろん普段の食事や、規則正しい生活をすることが前提ですが、マッサージをすることでよりメリハリのあるボディへと導いてくれます」(本島さん)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
Videographer:Desuhiko
Model:Saori Motojima
Text:Ayu Tachibana
Editor:Sono Hirose
ーーーーーーーーーーーーーーーー

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW