FILM

今観たい、新作映画をMINEがピックアップ! 生き様が美しい、女たちの人生ドラマ3選

2017/06/01

毎月2回、MINE編集部がそのときオススメの新作映画を厳選してお届け!
笑って、泣いて、トキめいて。たくさんの感動に出会いに、映画館へ出かけてみない?

6月後半は、夢や恋に奮闘する女たちの人生を描いた良作が勢揃い! 紹介するのは、本年度アカデミー賞脚本賞にノミネートされた「20センチュリー・ウーマン」、旬のフレンチアイコンたちが出演することで注目を集める「ザ・ダンサー」、大女優2人のチャーミングな演技が楽しい「素敵な遺産相続」の3本。個性豊かなヒロインたちから、女性として美しく生きる秘訣を学んで。

【6/3公開】20センチュリー・ウーマン

美しい映像とユーモアを交えて綴る、少年と女性たちとのひと夏の物語

(C)2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

6月3日(土)丸の内ピカデリー/新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ロングライド

1979年のサンタバーバラ。ワーキングマザー、シングルマザーとして、誰に頼ることなくひとり息子のジェイミーを育てあげてきたドロシア。しかし最近は、15歳の思春期真っ只中にいるジェイミーのことがさっぱり理解できずに悩んでしまう。そこでドロシアは、親子とルームシェアをしている自由奔放な女性写真家アビーと、近所に住むジェイミーの2つ上の幼なじみジュリーに、ジェイミーの教育を手伝ってほしいと相談を持ちかける。そして、ジェイミーが心を許す2人の女性に、彼の未来を託してみることに……。

前作「人生はビギナーズ」(10)で、75歳でゲイであることをカミングアウトした自らの父親と自分自身の関係を描いたマイク・ミルズ監督が、今度は自らの母親をモデルにした半自伝的映画を制作。母親のドロシア役にアネット・ベニング、アビー役にグレタ・ガーウィグ、ジュリー役にエル・ファニングと、旬の女優3人を抜擢し、15歳の少年と個性的な女性たちとのひと夏の物語を描く。本作でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたアネット・ベニングの、息子との微妙な距離感が伝わる演技が秀逸! 

不器用な“母と息子のラブストーリー”であるとともに、「20世紀の終わりに向けてスピードを上げ力強く突き進んで行く女性たち」がもうひとつのテーマである本作。1979年という時代の大きな転換期に、フェミニズムを謳歌しながらたくましく生きた女性たち。そんな彼女たちを見てジェイミーが成長したように、現代に生きる私たちの心にもポジティブな変化をもたらしてくれるはず。

公式サイトはこちら

公式Facebookはこちら

公式Instagramはこちら

公式Twitterはこちら

ザ・ダンサー

衝撃と陶酔のダンスでパリを熱狂させた天才ダンサーの半生

© 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO -

6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
配給:コムストック・グループ/配給協力:キノフィルムズ/

“モダンダンスの祖”といわれた伝説のダンサー「ロイ・フラー」の半生を、ステファニー・ディ・ジューストが伝記を基に映画化! 19世紀末のパリを舞台に、ロイがオペラ座で踊るという夢を叶えるまでの努力と苦悩を描く。ライバルであるイザドラの才能や美貌に嫉妬したり、思わぬ試練と裏切りに心身ともに追いつめられたり……。壮絶な苦境を乗り越えながら、一途に夢を追いかけるロイの姿には誰もが胸を打たれるはず。また、女優、ミュージシャンとして今後いっそうのブレイクが期待されるロイ役のソーコ、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘であり、シャネルのミューズとしても活躍するイザベル役のリリー=ローズ・デップ、グザヴィエ・ドラン監督「たかが世界の終わり」でも話題となったルイ・ドルセー伯爵役のギャスパー・ウリエルなど、華やかなフレンチアイコンたちの共演が観られるだけでも一見の価値アリ!

公式サイトはこちら

公式Facebookはこちら

公式Twitterはこちら

素敵な遺産相続

アカデミー賞2大女優が魅惑のカナリア諸島で大豪遊!

© 2015 Faliro House & Haos Film

6月3日(土)より YEBISU GARDEN CINEMAほか公開
配給 ファインフィルムズ

保険会社の手違いで、500万ドルもの保険金を亡き夫の遺産として受け取ってしまった元教師のエヴァ。一度は返金しようとしたものの、40年来の親友マディは、「そのお金でバカンスを楽しもう」と提案。そして、早速人気リゾート地のカナリア諸島へと向かった2人は、派手に着飾り、豪華なホテルに豪華な食事と豪遊三昧! しかしその頃、保険会社はエヴァに振り込んだ保険金の間違いに気付いてしまい……。エヴァを演じるのは、83歳となった今でもいまだ現役のシャーリー・マクレーン。マディ役として共演するのは、同じくハリウッドの大女優であるジェシカ・ラング。歳を重ねても、恋もオシャレも存分に満喫する2人の姿は見ていて気持ちが良いほど! 「女は何歳になっても人生を楽しめる!」、そう思わせてくれる人生讃歌ムービー。

公式サイトはこちら

公式Facebookはこちら

公式Twitterはこちら

-----------------------
Text:Yuki Kimijima
Editor:Sono Hirose
-----------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW