(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

優しげなフェミニンコーデをしたいなら、やっぱりニット!春ニットをおしゃれに着こなそう

2017/06/25

柔らかな素材感で、優しげなフェミニンコーデを作ってくれる春ニット。1枚で着るのはもちろん、はおりものとしても活躍してくれるアイテムですよね。今回は、オフショルダー、オープンバック、ボーダー柄などなど、色んなタイプの春ニットをおしゃれに着こなしたコーデをご紹介します!春のファッションの参考にしてみて下さいね。

マリンテイストのボーダー春ニット

出典元:Instagram

不規則なボーダー柄が大人っぽい雰囲気を出している春ニットのコーデです。色もブルー系で、マリンテイストがさわやかですね。ボトムスのデニムは、ハイウエストでシルエットもワイドなのが印象的です。カジュアルなボーダーニットも、トレンドのボトムスと合わせるとおしゃれ度がぐっとアップ!

オープンバックの春ニット

A post shared by あかいろ (@akairo86) on

出典元:Instagram

背中が大きく開いたオープンバックの春ニットは、セクシーでフェミニンなコーデが作れるアイテムです。きれいなイエロー系をボトムスの花柄とリンクさせて、気分もウキウキするような着こなしができていますね。バッグや靴はきちんとしたものを合わせて、大人っぽく着こなせています!

春ニットをはおりものにしたコーデ

出典元:Instagram

暖かくなってきても、雨などで急に涼しくなったり、クーラーで寒いこともあるので、春ニットをはおっておくと安心ですよね。こちらは、ウエストのリボンがポイントのデニムのカジュアルコーデに、薄手のニットをはおってキュートにまとめています。

A post shared by Miyu☺︎ (@miyumo_21) on

出典元:Instagram

ふんわりシルエットのボーダートップスに、白の春ニットを肩からかけたカジュアルコーデ。ボーダーとアンクル丈のデニムで軽快なイメージながら、春ニットのおかげでフェミニンな雰囲気があります!バッグに結んだスカーフも、女性らしく洗練された味を出していますね。

大人気!オフショルダーの春ニット

A post shared by coco (@rococo39) on

出典元:Instagram

こちらは優しげなピンクの春ニットのボタンを留め、オフショルダーで着たコーデです。カーディガンもこうやって着れば、バラエティが出ていろいろと着回せますね。ワンサイズ上げてゆるっとしたシルエットの春ニットに、ボトムスもワイドパンツにすると、余裕のある大人のコーデが作れますよ。

A post shared by shino_430 (@shino_430) on

出典元:Instagram

シンプルな白のオフショルダーの春ニットコーデ。片方の肩だけ出した着方は、少し外した感じがすてきですね。ニットがリラックスした雰囲気なので、パンツはセンタープレスが入ってかっちりした印象のものを合わせ、上手くバランスが取れています!

大人の春ニットはVネックで

出典元:Instagram

胸元が広めに開いたVネックの春ニットは、鎖骨が出るのでちょっとセクシーな着こなしができるアイテムです。人気のワイドシルエットのデニムと何気なく合わせただけでも、こなれたおしゃれなコーデが作れますね。丸いリングハンドルの大人っぽいバッグと合わせて、洗練されたカジュアルコーデが完成しています。

A post shared by coco (@rococo39) on

出典元:Instagram

きれいなレモンイエローの春ニットを、デコルテの出る広めのVネックにして着ています。パステルカラーは、明るい陽の光に映えて思いっきり春を楽しめそう。裾は前をボトムスに入れて、デニムのハイウエストを強調し、トレンドを意識した着こなしができています!

A post shared by 高橋 愛 (@ai.takahashi328) on

出典元:Instagram

全体的にはゆるっとしたシルエットで、ウエストと袖口はタイトになった春ニットのコーデです。ポイントだけ体にフィットするシルエットは、カジュアルすぎないフェミニンさがすてきですね。きれいなラベンダーカラーのふんわりボトムスとの相性ばっちりです!

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW