(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

春夏のトレンドの服装はなに?思わず出かけたくなるシーン別トレンドコーデ術

2017/06/18

「今のトレンドの服装って何だろう?」なんて思ったことありませんか?気温も上がり薄着の季節、オシャレを楽しむなら定番のアイテムだけじゃなくて春夏トレンドのアイテムだって押さえておきたいところです。でもファッション雑誌を眺めてもピンとこない、自分の体形に合った服装に悩む、という方多いはず。今回はそんな方のために春夏おすすめのシーン別のトレンドコーデをご紹介します。

カジュアルな服装には花柄ガウンと刺繍ブラウス

出典元:Instagram

春夏は薄着になる分シンプルな服装になりがち。白のトップスとデニムパンツのシンプルなコーデも、季節感のある花柄のガウンをサラリと羽織るだけで華やかな印象になりますね。ボタンを閉めてワンピースのように着ることもできる花柄ガウンは使い勝手のいいアイテムです。

emiさん(@emiyua)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

ブラウスとデニムパンツの組み合わせは春夏のカジュアルな服装の定番。そこにトレンド感も足すならブラウスは刺繍入りがおすすめです。爽やかな青と白のストライプに立体的な花の刺繍がカジュアルなコーデの中に可愛さもプラスしてくれます。

フェミニンな服装にはカラースカートを合わせて

出典元:Instagram

女性らしさ漂うフェミニンな服装を楽しむならやっぱりスカートが鉄板。その中でも明るく鮮やかなカラースカートを春夏はチョイスしてはいかがでしょう。パッと華やぐカラースカートは存在感のあるアイテム。色々なカラーを楽しみたい春夏にピッタリです。

saoriさん(@s._.ao11)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

トレンドのレース素材は今色々なアイテムとして展開されています。甘くロマンチックなフェミニン感漂う服装になるのでデートの時などに最適ですね。甘くなり過ぎないか心配な方はデニムやスニーカーなどと組み合わせてカジュアルダウンするのがおすすめ。

メンズライクな服装にはダメージデニムやオーバーサイズシャツを

cocoさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

出典元:Instagram

クールでカッコいいメンズライクな服装にはボトムスをダメージデニムにするとトレンド感のあるコーデになりますよ。破れ目から見える肌見せが色気も演出してくれるので、カッコいいだけじゃない大人の女性らしさも漂うコーデに仕上がります。

出典元:Instagram

身体にフィットしたアイテムよりも大き目なサイズの方がメンズライクな服装にはおすすめ。シャツはオーバーサイズのものを選んでゆったりと着こなすのが今風です。オーバーサイズのシャツは襟をグッと後ろに下げて、抜き襟にするとうなじの肌見せをプラスできます。

綺麗目な服装にはイレギュラーヘムスカートやとろみシャツがおすすめ

出典元:Instagram

アシンメトリーな形が特徴のイレギュラーヘムスカートは大人の女性の落ち着いた雰囲気を醸し出してくれる綺麗目な服装にピッタリです。動くたびにゆらりと自然に動く裾がエレガント。アクセサリーなどの目立つ小物を付けなくとも華やかな装いに。

出典元:Instagram

ゆるりとした落ち感と、とろんとした生地が大人の女性の余裕感を演出してくれるとろみシャツなら綺麗目の服装にもってこいです。柔らかな質感とゆったりとした着こなしが体型カバーにもなるので、薄着の季節には使い勝手のいいアイテムですね。

スタイルアップな服装にはハイウエストスタイルやスキニーパンツがかっこいい

出典元:Instagram

薄着になる季節だからこそスタイルアップな服装でオシャレを楽しみたいですよね。それなら着こなしはハイウエストにして着痩せ感と脚長効果を手に入れちゃいましょう。ハイウエストなボトムスの他にもサッシュベルトなどの太ベルトを巻くとハイウエストな着こなしになります。

出典元:Instagram

スタイルアップな服装にはボトムスをスキニーパンツにするのがおすすめです。スキニーパンツは足のライン出るので挑戦し辛いと思われている方もいますが、上半身はボリュームのあるトップスにすることでメリハリ感が生まれ足を細く、長く見せてくれます。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW