30代40代向けミニスカートコーデ
(c)instagram.com
FASHION

30代40代【ミニスカート】はまだ履ける!大人可愛く着こなすコツ10

2019/11/09

ミニスカートを最近履かなくなった、または履くことに抵抗をもつようになった30代・40代の【ミニスカート卒業生】にこそ読んでもらいたい、大人のためのミニスカート特集。ミニスカートやめた理由ごとに解決策を提案します。そしてミニスカートを選ぶ際の注意点もご紹介。30代・40代だからこそ魅力的に着こなせるミニスカートを使ったコーデを参考に、コーデの幅をもっと広げてみて。

【ミニスカートをやめた理由①】脚を出すのに抵抗がある

仕事や育児に忙しくなるにつれ、結婚して子供ができたり、出世して後輩ができたりと20代のころとは立場も変ってくるもの。そんな中で若いころのようにミニスカートを履いて脚を出すことに抵抗がある人は多いみたい。母として、先輩として憧れられるようなミニスカートを使った上品なコーデをピックアップ。

膝丈を選んで上品に着こなす

膝丈ミニスカートを上品に着こなした画像

膝小僧が見え隠れするくらいの膝丈のスカートをチョイスしてみて。黒のミニスカートならヒールを合わせればオフィスに最適。スニーカーと合わせれば休日でも活躍してくれる万能なアイテム。

生足は控えて、タイツやレギンスでおしゃれにカバー

ミニスカートにタイツやレギンスを合わせた画像

タイツやレギンスを合わせれば、露出することなく脚のラインを出せるのでコーデがスッキリと見えます。脚を露出しない分、トップスで鎖骨を見せてほんのり色っぽさをプラスして。

ショートブーツで足首を隠す

ミニスカートにショートブーツを合わせた画像

ゆるめのピンクのトップスを黒のレーススカートと黒小物で引き締めた大人かわいいコーデ。足首とふくらはぎの境目がわからくなってきた…という人はショートブーツでカバーしてみて。足首を見せないことで脚の露出度も抑えられます。

【ミニスカートをやめた理由②】若作り・痛いと思われそう

ミニスカートってどうしても10代・20代が履いているイメージが強いですよね。だけど大人のあなただからこそ着こなせるミニスカートって実は豊富。素材と色選びに注意して若作り感をセーブしつつ、上品なかわいさをミニスカートで取り入れてみて。

やや厚めの生地のスカートを選ぶと◎

やや厚めの生地のミニスカートのコーデ画像

薄い生地だと腰回りのラインがくっきりでてしまうけど、厚めの生地ならカバーしてくれる。安っぽく見えるものより、上質に見えるミニスカートを選べば高見え効果も。

色合いを落ち着かせて大人の余裕を

色合いを落ち着かせて大人の余裕をだしたミニスカートコーデ画像

全体をブラウンとベージュでまとめたコーデ。コーデを組む際に、複数の色を使うよりは少ない色でまとめたほうがコーデに統一感がでて上品な印象になります。

【ミニスカートをやめた理由③】動きずらい

パンツに比べて動きずらいと言う方もいますが、ひざ回りが覆われていない分ミニスカートは実は動きやすいアイテム。育児や仕事で動き回ることの多い日々にも最適なミニスカートのコーデをご紹介します。

キュロットタイプなら快適

ミニ丈キュロットコーデ画像

ミニスカートを動きにくいと思う人の多くは、下着が見えないかを心配する人も多いはず。それならミニスカートに見えるキュロットタイプを使えば、パンツのような安心感でスカートスタイルを楽しめます。ロングブーツが際立ってかっこよく着こなせるのもこの丈ならでは。

伸縮性のある生地を選んでアクティブに

伸縮性のある生地を選んでアクティブなミニスカートコーデ画像

スポーティーなアウターやスニーカーにパンツを合わせるとボーイッシュになりすぎたり、部屋着やジャージのように見えてしまうことも…。しかしミニスカートと合わせれば大人かわいいコーデになります。伸縮性のある生地を選べば動きやすさもゲット。

30代のミニスカートコーデの注意点5つ

20代のころよりは大人っぽく見られたいのが30代。20代のころには出せなかった品のある色っぽさを武器に 、以下の5つのポイントを踏まえて30代ならではの大人かわいいミニスカートコーデを組んでみて。

【1】辛口アイテムで大人かわいいく

ミニスカートに辛口アイテムで大人かわいい30代向けのコーデ画像

ミニスカートにかわいいらしいフリフリアイテムを合わせると、少し幼く見えてしまうかも。このコーデのように辛口バッグと靴でスパイスを効かせると◎。デニールの濃いタイツを合わせるとカジュアルに仕上がります。

【2】ヒールを合わせて上品に

ミニスカートにヒールを合わせて上品な30代向けのコーデ画像

今年の春人気なミントグリーンのミニスカートで爽やかに。ヒールと合わせてきれいめに仕上げれば、デートやオフィスに最適。カーディガンを肩掛けするとこなれ感を出せます。

【3】上下でメリハリをつける

上下でメリハリをつけた30代向けのミニスカートコーデ画像

このコーデのように上はぴったりタイトなトップス、下はふわっと広がるフレアスカートを合わせるとメリハリがうまれスタイルが良く見えます。無地のトップスとスカートなので、スカーフで柄を少し取り入れるのもオシャレ。

【4】小物選びもぬかりなく

30代向けのミニスカートコーデに小物を合わせたコーデ画像

このコーデのようにバッグ・靴・腕時計などすべての小物の色を同じ色で統一するとサマになる。黒が多めのシャツスタイルには、ミニスカートとピンヒールで女性らしさを加えて。

【5】カラートップスは落ち着いた色を合わせる

落ち着いた色味のカラートップスを合わせたミニスカートコーデ画像

落ち着いたカラーのミニスカートには、カラートップスを合わせて華やかに。カラーはビビットカラーよりはトーンの落ち着いたマスタード・ボルドー・ブルーなどがおすすめ。トップスはタックインしてウエストマークをすると脚長効果が期待できます。

40代のミニスカートコーデの注意点5つ

ミニスカートなんてもう履けないと思ってしまい、いつもロング丈で同じようなコーデになっていませんか?40代には40代の方におすすめの、ミニスカートを使ったコーデの組み方のポイントがあります。 そのポイントを抑えればミニスカートもきっと履きやすくなるかも。5つのポイントを抑え、ミニスカートでコーデの幅を広げてみて。

【1】丈は短すぎないものを選ぶ

40代向けの丈の短すぎないミニスカートコーデ画像

丈はひざが半分隠れるか隠れないかの丈を選ぶと◎脚をだすことに抵抗があればタイツを合わせてみて。スニーカーにマウンテンパーカーと、カジュアルなスタイルも大人かわいいコーデに仕上がります。

【2】素材選びにこだわる

40代向けのレースのミニスカートコーデ

上品な大人の女性の魅力を放てるようになった40代にふさわしい上質な素材のミニスカートを選んでみて。このコーデのように、ネイビーのスカートに合わせて寒色系でまとめるのもシックで上品。

【3】アースカラーでまとめる

40代向けのアースカラーでまとめたミニスカートコーデ画像

カーキのミニスカートにベージュのシャツやサンダルを合わせて、全体をアースカラーに
まとめると、派手ではないのに目を惹く大人カジュアルコーデができあがり。トップスをTシャツではなく、シャツにするとより大人っぽく仕上がります。

【4】タイツ・レギンスで露出をセーブする

▼冬は80デニールのタイツがオススメ

40代向けのタイツを合わせたミニスカートコーデ画像

60デニールよりは透け感がなく110デニールよりは濃すぎない、80デニールで程よい透け感を。このコーデのように、モノトーンコーデにあえて黒ではなくブラウン小物を合わせると、黒の面積が減り、やわらかい雰囲気になります。

▼春や秋はレギンスで引き締め&程よく防寒

40代向けのレギンスを合わせたミニスカートコーデ画像

季節の変わり目にはレギンスが大活躍。パンプスで足の甲を出して抜け感を。カジュアルなボーダーTシャツも、白が多めのモノトーンでまとめると地味見え防止。

【5】シャツと合わせてカコイイ女性に

40代向けのシャツを合わせたミニスカートコーデ画像

タイトスカートのシルエットが直線的で程よく緊張感があるので、シャツは少し着崩して着るとバランス◎。ロング丈には出せない健康的な脚をのぞかせて、ヘルシーな印象を手に入れて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW