(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

『LEVIS(リーバイス)』の定番デニムは小技を使えばもっと着こなせる!注目のコーデテクを徹底解説

2017/05/16

定番デニムブランド『LEVIS』。普段からコーデに活用されている方も多いと思いますが、デニムコーデはどうしてもマンネリになりがちですよね?そこで今回は、『LEVIS』のデニムを使ったインスタグラマーさんたちのワンランク上のコーデテクをご紹介します。ぜひ参考にして、新しいデニムコーデに活用してくださいね。

『LEVIS(リーバイス)』のデニムジャケットはスカートとコーデがGOOD

『LEVIS』のデニムジャケットは、重すぎず軽すぎず丁度良い質感なので、スカートとコーデするのがおすすめ。このコーデでは『IENA(イエナ)』の花柄スカートのインパクトをUPさせるため、あえてインナーは同色のシャツでコーデしています。春らしいスカートはデニムの質感で着こなしましょう。

@_naaa_j1124がシェアした投稿 -

この『LEVIS』のデニムジャケットはヴィンテージなので、適度なとろみが出ていて、シルエットがどこかフェミニン。一緒にコーデしたスカートとバッグもモードな印象で、どこかヨーロピアンな仕上がりに。普段はあまりコーデしないテイストのスカートもデニムでしっかり着こなせます。

『LEVIS』のダメージデニムはホワイトのトップスで着こなす

yurieさん(@yyuriel)がシェアした投稿 -

『LEVIS』のダメージデニムは清潔感のあるホワイトのトップスとコーデするのが正解。このコーデでは、ワイドスリーブなホワイトニットとダメージデニムをコーデし、カジュアルで抜け感のあるコーデに仕上げています。そしてこのLEVIS 501 SKINNYはこの春の新作なので、今のうちにチェックしておきましょう。

『LEVIS』のダメージデニムと『ACNE STUDIOS(アクネ・ストゥディオズ)』の白ニットで、ほんのりマニッシュで抜け感のあるコーデに仕上げています。先ほどのコーデと同じく、足元は奇をてらわず『Converse(コンヴァース)』でスポーティに着こなすのもポイントですね。

フェミニンな足元は『LEVIS』をロールアップして作る

『LEVIS』のデニムパンツをフェミニンに着こなしたいなら、ロールアップして足首をすっきり見せるのがポイント。このコーデでは『GAP(ギャップ)』や『GU(ジーユー)』などプチプラなアイテムを上手くミックスし、カジュアルなのにフェミニンなコーデに仕上げています。

このコーデでは、落ち感のある『RAZIEL(ラジエル)』のアウターをアンニュイに着こなしつつ、『LEVIS』のデニムをロールアップして、しっかりフェミニンな印象を作っています。ここでもダメージデニム×ホワイトの相性の良さがしっかり活かされていますね。

インパクト大のトップスも『LEVIS』のデニムがあればOK

定番感のある『LEVIS』のデニムパンツなら、インパクト強めのトップスにもチャレンジOK。だからこんな風に、ちょっぴりセクシーなオフショルダーも、しっかり上品見えコーデに着こなせます。もし着なくなってしまったトップスがあれば『LEVIS』のデニムパンツで復活コーデできるかも?

yurieさん(@yyuriel)がシェアした投稿 -

肩にフレアが付いた斬新なシルエットのトップスも、こんな風に『LEVIS』のハードめなダメージデニムとコーデすれば、大人カッコいいコーデが完成します。もし個性的なシルエットのトップスにチャレンジしたいなら、『LEVIS』のデニムはマストアイテムですね。

『LEVIS』にトレンド感をプラスするならサッシュベルト

@yu__unnがシェアした投稿 -

『LEVIS』のデニムコーデにトレンド感をプラスするなら、今シーズンのおすすめは断然サッシュベルト。このコーデで使われているようなショートデニムパンツは、ともするとセクシーに見えすぎてしまう場合がありますが、こんな風にサッシュベルトをプラスすれば上品見えするコーデに仕上がります。

『UNIQLO(ユニクロ)』のホワイトのニットからサッシュベルトをチラ見せ。そして『LEVIS』のデニムパンツはロールアップしてフェミニンに見せるなど、これまでご紹介したコーデテクを凝縮したかのようなコーデとなっています。ぜひ今回ご紹介したコーデテクを活用して、『LEVIS』をもっと着こなしましょう。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW