(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

キュートに楽しむ?クールにキメる?赤を味方につけて、なりたい自分になる方法

2017/05/12

パワフルな“赤”は、大人の女性の美しさを引き出してくれる色として、古くから人気があります。今年の春は、そんな“赤”をつかったアイテムが豊富に揃いました。そこで今回は、春コーデにこなれ感をプラスするガウンや、華やかなスカート、ワンポイントに使いやすいパンプスなど、いろいろなアイテムをつかった素敵なコーデをピックアップしてみました。赤のパワーを味方につけて、自分らしい春コーデを楽しんでみてください。

今旬こなれカジュアルコーデにも、キュートな赤をちょい足し

『Cookie Chocolate(クッキーチョコレート)』のボタニカル柄ブラウスに、ダメージデニムを合わせた大人可愛いカジュアルコーデ。『ZARA(ザラ)』の赤パンプスとブラウスのフリルの赤をリンクさせて、コーデにキュートなアクセントと統一感をプラスしているのがポイントです。

こちらのコーデでは、『GAP(ギャップ)』の白トップスとデニムを合わせたシンプルなカジュアルコーデに、『AZUL by mousy(アズールバイマウジー)』の赤ガウンをプラスして、トレンド感をアップさせています。派手になりすぎない透明感のある赤を選んでいるのがポイントです。

カラーにメリハリをつけて、クールな赤コーデをつくる

キリっとした赤のトップスに、スポーティなアイテムを合わせたカジュアルコーデ。お団子ヘアもアクティブなコーデに似合っていますね!赤と黒という力強いカラーを合わせることで、何気ないコーデがクールにまとまっています。バッグをキレイめシルエットのものにして、コーデにメリハリをつけるのもおしゃれに見せるコツです。

『GU(ジーユー)』の赤Tシャツにワイドデニムを合わせたマニッシュなカジュアルコーデ。『CONVERSE(コンバース)』のスニーカーをピンクにして、赤Tシャツとバランスを取っているのがおしゃれです。『fifth(フィフス)』のロングコーディガンも、カジュアルコーデを大人っぽくまとめるのに一役買っています。

キレイめ赤トップスでスタイリッシュなキレイめコーデに

@sa_youuがシェアした投稿 -

『glaz respirer(グラズ レスピレ)』の黒パンツに、『ESTNATION(エストネーション)』の赤トップスを合わせた、大人のキレイめコーデ。トップスをコンパクトにまとめて、しっかりスタイルアップしているのがポイントです。シルエットのキレイなアイテムばかりなので、コーデがリッチに見えますね。

『ZARA(ザラ)』の赤トップスに、『UNIQLO(ユニクロ)』の黒パンツを合わせた高見えコーデ。黒のベルトでウエストマークしてシルエットにメリハリをつけることで、プチプラアイテムとは思えないリッチなコーデを実現しています。足元のキリっとしたハイヒールもコーデをキレイに見せるポイントです。

パワフルな赤ワンピースコーデは小物使いがポイント

透明感のある赤のロングワンピースは、フェミニンさとパワフルさが魅力のアイテムです。こちらのコーデのように、ナチュラルなかごバッグを合わせると、赤の持つピュアな印象がアップしますね!シルバーのパンプスをアクセントにして、春らしい華やかさにエッジを効かせているのも素敵です。

1枚で様になる赤いレトロ柄ワンピースに、ネイビーの編上げパンプスを合わせたレディーライクなコーデ。ジャケットを黒にして、コーデに辛口要素をプラスしているのがポイントです。うるさくなりがちな総柄のワンピースですが、ダークカラーの小物で引き締めたおかげでスタイリッシュな印象にまとまっていますね!

アクセントに“赤”を加えて、格上大人カジュアルに

シルエットの美しいネイティブ柄ブラウスと『UNIQLO(ユニクロ)』のタイトなデニムを合わせたクールカジュアルコーデ。鮮やかな赤が目を引く大きめバケツバッグが、コーデのアクセントになっています。赤がワンポイント加わるだけで、キレイめコーデが華やかに格上げされますね!

こちらは、清楚な春カラー“水色”のスカートをメインにしたフレンチガーリーなコーデです。アクセサリーやバッグ、パンプスなどに“赤”をプラスすることで、清楚なだけじゃない遊び心のあるコーデに仕上がっています。トップスをコンパクトにまとめたり、帽子で視線を上げたりと、スタイルアップの工夫も真似したいポイントです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW