(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

カラーバリエーション豊富なベージュを春コーデに役立てるオシャレテク

2017/05/14

ベージュのアイテム、あなたはどのくらい持っていますか?ロングカーディガンや上質のVネックセーターなど、アイテムによっては、とても女性らしく、大人っぽい色合いです。年齢を重ねてこそ似合う色、それがベージュという色。淡いピンクがかったものから、濃いブラウン系のものまで、バリエーションも豊富です。あなたにも似合う“ベージュ”が、きっとあるはずです。

シンプルなベージュのトップスのコーディネイト

出典元:Instagram

白×ベージュのコーディネイトが春らしいコーディネートです。袖口が特徴的なトップスのニットは、『titivate(ティティベイト)』のもの。足元は『ZARA(ザラ)』のバブーシュをカラーコーディネート。ボトムはデニムでも似合いますが、白の方が爽やかにキマリます。

出典元:Instagram

少しピンクがかったベージュのトップスは『UNIQLO(ユニクロ)』のカシミヤクルーネックセーター。ボトムのボーイフレンドデニムも同様です。シンプルにセーターとデニムのコーディネイトですが、足元のパンプスでグレードアップ。シンプルコーデの時は、バランスをいつもより重視してください。

大人カジュアルにベージュを取り入れる

ベージュのモヘアブレンドのロングカーディガンの下は、オールホワイトのワントーンコーディネイト。ボトムの白いジョガーパンツとトップス同様、オール『UNIQLO』のプチプラコーデです。それでも、キチンとオシャレに見えるのは、サイズ感を重視しているからですね。

出典元:Instagram

ピンクがかったベージュのワンピースをスリムデニムとコーディネート。ベージュ×ブルーの組み合わせが可愛いスタイリングです。足元は、スモーキーピンクのパンプスを素足に履いて。ベージュ・ピンク・ブルーのカラーコーデが春らしい着こなしです。

ベージュの濃淡で着こなす春のスタイリング

出典元:Instagram

アイボリー・ベージュ・ブラウンの同系色のグラデーションが美しいコーディネート。余計な色味は使わず、統一感を持たせています。バッグのシルバー、パンプスがアクセント。アウターのフェイクレザーのジャケットが、春コーデに仕上げています。

出典元:Instagram

パンツとパンプスは、上の画像と同じもの。トップスを『Moncha(モンチャ)』のVネックニットに変更しています。ベージュのワントーンコーディネートですが、ぼやけないのは“ハード×ソフト”の素材感を上手く使い分けているから。バッグのハンドルに巻いたスカーフもアクセント。

ベージュのきれいめコーディネイト術

出典元:Instagram

ピンクベージュがキレイなプリーツのワンピースが、春らしいコーディネートです。全体的にフォーマルなイメージにスタイリングしていますが、カジュアルにも着こなせるアイテム。色味がキレイなので、それに合わせたカラーコーディネートを心がけて。

出典元:Instagram

シンプルなベージュのワンピースは『urs(ユアーズ)』のもの。ボトムのデニムが裾からのぞくのが、アクセント。ベージュに濃い目のブラウンのバッグとペタンコシューズを合わせてスタイリング。カジュアルですが、とても上品な大人のきれいめコーデ。

デザイン性の高いトップスのベージュコーデ

出典元:Instagram

淡いピンクベージュのトップスは『DONOBAN(ドノバン)』のストレッチブラウス。袖が特徴的なデザイン性が高いアイテム。一見、コーデが難しそうですが、シンプルにデニムと合わせると着こなせるはず。色数も押さえ気味にして、スッキリとスタイリング。

出典元:Instagram

たっぷりとしたボリューム感のあるカシュクールのトップスは『BASEMENT(ベースメント)』のもの。光沢のあるベージュなので、ボトムは色落ちしたデニムをコーデ。バッグもパンプスもトップスを際立たせる色味をチョイス。引き算のスタイリングが秀逸です。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW