(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

アウター選びの迷子にならないために。オシャレインスタグラマーに学ぶコーデブック

2017/04/16

コーデが完成しても、アウター選びに失敗したらもったいないですよね。テイストを壊さないことも大事ですが、わざと違うものを合わせて“はずす”こともアウター選びのポイントです。いつも同じアウターを着るのではなく、シーンやコーデに合わせてチョイスしてくださいね。今回は、ハイセンスなコーデを厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

カジュアル感つよめのアウター、パーカー

マウンテンパーカーは薄手のアウターで、重ね着しやすいアイテムです。カーキでもMA-1ほどミリタリー感が強くなく、大人の女性でも着こなしやすい。また、ヒールを合わせることで女性らしく上品な印象をプラスします。フリンジバッグがオシャレですね。

カジュアル要素がつよいアウターのパーカーでも、キレイなブルーと合わせることでエレガントな雰囲気を加味します。色のトーンを合わせ、トータルバランスの整えられたコーデです。ベージュのキャスケットがアクセントに。Tシャツのキャラクターデザインがキュートですね。

アウターは季節によって変える

陽ざしが暖かい季節になったら、アウターは厚手のものからライトなものにシフトチェンジ。Vネックと髪をまとめることで、顔周りをスッキリ見せます。またロング丈のアウターを肩掛けすることで、縦ラインを強調し体型カバーにもなりますよ。

アウターのトレンチコートはパーカーとレイヤードし、カジュアルダウン。ボーダーカットソーに、鮮やかなカラーを合わせキュートな印象に仕上げています。ウエストはサッシュベルトでメリハリを。頑張りすぎず、でも適度な特別感もあり、デートコーデにオススメです。

デニムのアウターでカジュアルに

王道のアウター、デニムジャケット。多様なアイテムと合わせやすく、いろんなコーデに着回し可能です。『GU(ジーユー)』の花柄プリーツスカートは春にふさわしいベージュカラー。デニムジャケットとも相性が良く、ちょうどいいガーリースタイルに。

デニム生地のチェスターコートは、ダメージ加工で個性的なアウター。ロングスカートでボリュームのあるものでも、ベルトでウエストマークをつけることにより、バランスを良くしてくれます。ホワイトのショルダーバッグがアクセントとなり、差し色に。

大人女子にオススメのアウター、ツイードジャケット

アウターの中でもエレガントの印象が強い、ツイードジャケット。シンプルなカジュアルコーデに合わせて、オシャレ度がクラスアップ。ベレー帽とラウンド眼鏡、ハイウエストのワイドデニムがどこかレトロな雰囲気もあり、ハイセンスなコーデですね。

フォーマルな場にぴったりなアウター。ベージュのツイードジャケットなら、ボトムスのカラーを問わず合わせやすいですね。ノーカラーなので、首元をスッキリ見せ小顔効果も。各シーンで活躍できるアイテムなので、一着もっていると便利ですよ。

定番のアウター、MA-1の着こなし

定番となったアウター、MA-1。ボーイッシュやカジュアルなものと合わせることが多いですが、あえてレディライクなコーデに合わせるのがオシャレですね。こちらのMA-1はリバーシブルになっていて、2WAYの着こなしが可能です。

クールなMA-1とフェミニンなぺプラムトップスを合わせた、甘辛ミックスコーデ。アウターとインナーで違うテイストをスタイリングすると、よりオシャレに仕上がります。また、ペプラムは脚を長く見せてくれるのでスキニータイプのパンツと相性バッチリです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡
みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW