(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

アレンジ∞無限大!『ダンガリーシャツ』を使ったコーディネート10選

2017/03/19

デニム素材の『ダンガリーシャツ』は大人キレイ目コーデや、プチプラカジュアルコーデなど、どちらにも男女問わず応用が効くので、自宅のワードローブにはマストアイテム! 3日に1日はコーディネートに登場してもらえる、万能選手なのです。『ダンガリーシャツ』で組み合わせ自由自在なアレンジ! 素敵なコーディネート10選をご紹介します。

チラ見せで小技を効かす『ダンガリーシャツ』コーデ

ホワイト&ブラックできちんとまとめたものの、何かが足らず差し色が欲しい時。ボーダーカットソーの下から『ダンガリーシャツ』をチラ見せしてみましょう。袖口から少しだけダンガリーブルーを出すことによって、全体のバランスが良くなります。

自然な色合いのゆったりめニット。そのインナーに『ダンガリーシャツ』をインしてみます。デニムonデニムに苦戦する方も、インナーとしての『ダンガリーシャツ』なら抵抗なく着られそう。袖口のシャツは折り曲げて、ニットと馴染ませると◯。

レイヤードを楽しむ!『ダンガリーシャツ』コーデ

『ダンガリーシャツ』でレイヤードを楽しんでみましょう。着こなしの難しいダウンベストはレイヤードルックで大活躍します。『ダンガリーシャツ』にワッフル素材のベージュのニットを重ねて、ラルフローレンのダウンベストをオンしてみました。

こちらのレイヤードスタイルは『ダンガリーシャツ』を羽織モノとして重ねています。スウェットパンツやスニーカーなど、一見スポーティールックのように見えますが、ブラックのレザー素材wジャケットとBagに使用するなど、辛スポMIXなコーデとなっています。

こんなアレンジがあった『ダンガリーシャツ』コーデ

こちらは『ダンガリーシャツ』を腰に巻いたアレンジコーデ。いつものコーデにプラス@で、簡単にこなれ感を演出できます。ブラックのコンバースにボーダーカットソーでマリンテイストを意識しつつ、ママ友とのランチコーデにも使えそう。

こちらのアレンジは『ダンガリーシャツ』をアウターとして着こなしています。いつもより少しだけ肌寒い日には、カットソーの上に『ダンガリーシャツ』をレイヤードしてみましょう。この小技を応用すれば、クローゼットで眠っているあのシャツも久しぶりに活躍させてあげられそうです。

ロングスカートとも相性が良い『ダンガリーシャツ』コーデ

ロングスカートに合わせるTOPSに困ったことはありませんか。セーターではもう重たいし、カットソーでは丈感が合わない…など。『ダンガリーシャツ』などウエストinできる上に、どの素材とも相性が良いというメリットがあります。

『ダンガリーシャツ』はどの色とも、どの素材とも合わせやすく、こちらのように淡いピンクのロングスカートに合わせるとコントラストがとてもきれい。たとえ雨の日でも、なんだかウキウキした気持ちになれそう。

羽織れる『ダンガリーシャツ』で縦のラインを生む

Kotoさん(@kotoamano)がシェアした投稿 -

膝下まである長めの『ダンガリーシャツ』を羽織ものとして活用しています。普段のスタイルにサッと羽織るだけで、ストリートカジュアルに。ボトムスは、できるだけ細身のものを選ぶとイマドキ感が増しますよ。

@peony12108がシェアした投稿 -

時にはシンプルに着こなせる、『ダンガリーシャツ』のワンピースがおすすめです。あまりカジュアルにコーディネートすると部屋着に見えてしまうので、アクセに高級感を持たせたり、帽子をかぶって目線を上にあげさせるなど、小技を効かせましょう。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW