(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

実は使えるアイテム!子どもっぽくないオーバーオールコーデを実践しよう!

2017/03/24

オーバーオールやサロペットと呼ばれるアイテム。アナタのワードローブの中にありますか?一昔前、オーバーオールが爆発的に流行った時代がありました。今では、あまり見かけなくなったオーバーオール。でも、オシャレな人たちは着こなしています。上下が繋がったオールインワン。実は、オーバーオールコーデは便利で楽ちん。素材もブルーデニムだけでなく、カラーコットンなど、さまざま。王道のオーバーオールコーデはカジュアル路線。極めれば、コーデの幅が広がりますよ。

モコモコアウターとのオーバーオールコーデ

オーバーオールコーデも黒との組み合わせだと子どもっぽくなりません。足元は、カジュアルコーデには欠かせないスニーカー。アウターをカーディガンなどにすると、ちょっと普通過ぎるコーディネイト。ポイントになる”モコモコアウター”とのコーデなら、カジュアル過ぎないスタイリングになります。

Tシャツと『converse(コンバース)』の組み合わせは、王道のオーバーオールコーデ。オシャレ度をアップさせている決め手は、ハットとモコモコアウター。スポーティー過ぎない、カジュアル過ぎないコーデは、重要です。手に持っているクラッチバッグもいい仕事しています。

シンプルにカジュアルにキメる!オーバーオールコーデ

デニムとボーダーシャツのコーデは、カジュアルコーデの見本のようなもの。オーバーオールコーデにも応用しましょう。難しいことなんて、ありません。面積が広い分、カジュアル度数はアップしますが、可愛らしい大人コーデが容易に完成します。

白いTシャツとデニムのコーディネイトが基本のスタイリング。足元も王道の『converse(コンバース)』をチョイス。ステキに見えるポイントは、ザックリしたケーブルニットや『CHANEL(シャネル)』のバッグ。オーバーオールコーデだからと、バッグをドレスダウンする必要はありません。アップさせると全体の印象もアップします。

ヒトヒネリした上級オーバーオールコーデ

基本は、Tシャツと組み合わせたオーバーオールコーデ。それ以外のアイテムが個性的。チョイスの仕方が、とてもステキでオシャレです。奇抜に思えるアイテムも、ベージュ、グレージュを基調としているから違和感がない。ザックリした手編みのカーディガンやフワフワファーのバッグが、可愛らしい大人コーデ。

ちょっぴりロックテイストなオーバーオールコーデ。ライダースジャケットやバッグのフリンジなど、ハードで個性的なアイテムばかり。アウターにカーディガンをプラスするだけで、スタイリングの雰囲気が和らぎます。インナーに着ているTシャツもロック!

親子でオーバーオールコーデを楽しむ

ちょっぴり春を感じる暖かい日に試したいオーバーオールコーデ。Tシャツにコットン素材のオーバーオールを合わせ、アウターはハードなライダースジャケットをチョイス。足元のパンプスやファーポーチが、優しさをプラスしたママコーデ。色合いもソフトなものを。

Makiさん(@maki_h.a)がシェアした投稿 -

親子そろってのオーバーオールコーデ。こんなに小さなサイズもあるなんて!可愛すぎるコーディネイトです。なんとなく、アウターの雰囲気もお揃いで。色味を合わせているのも、リンクコーデの基本。オーバーオールのやんちゃな雰囲気は、時には大人も取り入れたいテイスト。

既成概念に囚われない!オーバーオールコーデ

ブルーデニムではない、ソフトなカラーのオーバーオール。それに合わせて、全体のトーンをコーディネイト。ファーのサンダルやフリンジ付きのカーディガン、バッグなど。アイテムが個性的なオーバーオールコーデ。ここまで遊べると、ステキです。

アウターにチョイスしているのは、花柄のワンピース。猫耳のベレー帽やファーのバッグなど、どれを取っても個性的なアイテム。それでも、オシャレなオーバーオールコーデが成立しているのは、カラーコーディネイトが秀逸だから。黒×ブルーの基本的なコーデに、差し色の赤が効いています。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW