(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

カジュアルコーディネイトに欠かせないローファーを品良く履きこなすテクニック術

2017/03/29

ローファーは、いつの時代も人気のアイテム。ベニー、タッセル、ビットなど、その種類も豊富です。ちょっぴりメンズライクのシューズですが、1足あれば、かなり”使える”アイテム。大人のキレイめカジュアルコーデには、欠かせません。素材もスエード、キップスキン、エナメルなど、さまざま。キチンと手入れをすれば、若干高価でも一生物です。余裕があれば、本革のものを手に入れたいローファー。パンツでもスカートでも、合わせやすいのも嬉しいアイテムです。より品良く履きこなすテクニックを、お洒落上級者さんに学びましょう。

カジュアルに上品にローファーを履きこなすならモノトーンで

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

全身、淡いグレーのカラーコーデが美しいスタイリング。足元をヒールのパンプスにしないで、ローファーにしているのが”要”です。アイテムのひとつひとつは、とてもシンプル。コーディネイトの仕方で、上品にもイマイチにも・・・。ハットと足元のローファーで引き締めて。バッグを同じように黒にしてしまうと、重くなってしまいます。フワフワのバッグがGOOD。

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

こちらは、全身黒のワントーンコーディネイトですが、アウターで縦長効果がアップ。バッグと足元のローファーの素材感のみ、ちょっぴりハード。それ以外は、ソフトな素材感です。布製のバッグだとちょっとルーズな印象。引き締める部分は、引き締めて。金具なども重要なアクセントになります。

ヒールを避けて、あえてローファーを選択する

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

カジュアルなコーディネイトですが、エレガントな印象を受けます。このコーディネイトには、もちろん、ハイヒールも似合います。そこをあえて、ペタンコ靴のローファーをチョイス。タイトなスカートにザックリとしたケーブルニットのトップ。その対比もポイント。基本的にはモノトーンコーデですが、金具やタッセル、ストールなどがアクセントになっています。

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

デニムのワイドパンツとトップスのシャツ。全てが黒のコーディネイトですが、バッグの赤とストールが差し色になっています。足元はローファーをチョイス。スニーカーでもキマルコーディネイトですが、それだとカジュアル過ぎ。バレーシューズだと弱い。そんな時、ローファーがピッタリです。

光沢のあるローファーとスカートのコーデ

namiさん(@nm.ks)が投稿した写真 -

Gジャンとパーカー、アコーディオンプリーツスカートの組み合わせが可愛らしいスタイリングです。ボトムはタイツをはいて黒でまとめてスッキリコーデ。ハットも黒でまとめています。光沢のあるローファーをチョイスしているので、ポイントになっています。モコモコバッグで季節がアップ。

ハードなライダースジャケットにスカート、ピンクのニットがポイントのコーデ。ハードなものとピンクの組み合わせって、チャーミングです。イレギュラーヘムのスカートも女子力高い高難度のアイテム。足元をブーツにしてしまうとツーマッチ。ヒールのないローファーがちょうど良い。

シンプルにローファーを主役にしたコーデ

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

ニットのトップとデニムのコーディネイトが、とてもシンプル。足元のバーガンディのビットローファーに目がいきます。バッグも黒ではなく、あえてカラーのものをチョイス。それでも、ブルーデニムとトーンがあっているので違和感なし。

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

ファーティペットとビットローファーがアクセサリーのようなコーディネイト。シンプルなリブニットのトップとブラックデニムには、スニーカーを合わせそうですが、あえてローファー。個性的なカラーの足元は、主役にすれば履きこなせます。定番カラーだけじゃ、つまらない。

ファー付きビットローファーを履きこなす

tomomiさん(@tomomiyu0920)が投稿した写真 -

かなり個性的なファー付きのビットローファーです。こんなアイテムをコーディネイトするなら、シンプルに徹するのがオススメ。カジュアルコーデでも、”過ぎない”ことが重要です。子どもっぽくならないように、高品質のものをポイントに。

tomomiさん(@tomomiyu0920)が投稿した写真 -

上の個性的なビットローファーをシンプルにコーディネイトしたもの。リブニットをセットアップさせ、ワンピースのように着こなしています。色数を極力少なくして、足元がポイントのコーディネイト。個性的なアイテムは、それを中心にコーデを考えると上手くいきます。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW