(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

「地味だね。」って言わせない!おしゃれ上級者に学ぶこだわりの無地コーデ

2017/02/22

無地のアイテムって、合わせやすくて便利ですよね。気が付いたらクローゼットの中は無地だらけ、って方も多いのでは? でも全身無地でコーデすると、地味になりがち。ここでは、地味にならないワンランク上の無地コーデの作り方をご紹介したいと思います。おしゃれ上級者さんたちに学ぶ最強無地コーデ、さっそく明日から真似してみてくださいね!

すっきりまとめるモノトーン無地コーデ

出典元:Instagram

大人のモノトーンコーデも無地で作るとすっきりとまとまってキレイ! アウターやニットは『The Secret Bean』のもの。デニムは『ユニクロ』のユニクロウルトラストレッチハイライズアンクルジーンズ。流行りのバケツバッグにファーチャームで今年らしさをプラス。

nakkooさん(@nakkoo555)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

グレーと黒の無地モノトーンコーデ。地味になりがちな無地コーデが華やかでおしゃれに見えるのは、一つ一つのアイテムにこだわりがあるから。手首に巻いたふわふわや、『ZAKKA BOX』のトートバックとチャームがコーデをワンランクアップさせてくれています。

無地だから、きれい色スカートを楽しもう!

hanaさん(@hana_iroha)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

地味になりがちな無地×無地コーデには、こんなきれい色のスカートを取り入れてみませんか? 無地×無地だからできる、色遊び。たまには思い切って一目惚れスカートなどを合わせてみては? きれい色は一つにして、他のアイテムは落ち着いた色で合わせてみて!

出典元:Instagram

デニム×無地コーデには、思い切ってイエローのスカートを合わせてみましょう! 何にでも合わせられる色ではないので、出番は少ないかもしれませんが、気持ちまで明るくなりますね。スカートはプチプラで充分! インナーやシューズは黒でおさえるのが◎

「無地だけど技あり」のアイテムで華やかさを演出!

Miyoさん(@miyopu)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

無地のアイテムを選ぶ時は、コーデの中で一つだけ、形に技ありのものを選びましょう。こちらは『DONOBAN(ドノバン)』のフレア袖が可愛いブラウスを着用しています。シンプルな無地コーデの時はこのように、形で勝負!するのがおすすめです。

hanaさん(@hana_iroha)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらはスカートに技ありの甘辛コーデです。柄を使わない時は、こんな風にシルエットにこだわって。『BEAMS(ビームス)』のベージュのタックスカートに白いとろみスカートを合わせたコーデは、無地なのに人目を惹くコーデ。男性ウケも良さそう!?

無地アイテムは素材で周りに差をつけよう!

出典元:Instagram

無地×無地コーデの時は、素材にこだわるとこなれ感がアップします! こちらは革のライダースジャケット×カシミヤニット×ベロア素材のワイドパンツと、それぞれのアイテムの素材にはしっかりとこだわったコーデです。バケツバッグ&ファーチャームで今年らしさも◎

@__mihi__が投稿した写真 -

出典元:Instagram

『Cookie Chocolate(クッキーチョコレート)』のニットとスカートに『DONOBAN』のブーツを合わせた無地コーデ。ニットはアンゴラ素材、くすみブルーがきれいなタイトスカートはベロア素材のもの。柄が無いぶん、素材にこだわるとおしゃれです!

鉄板の無地×デニムコーデで周りに差をつけよう!

出典元:Instagram

無地コーデにデニムは相性GOOD! おしゃれ上級者はデニムシャツにロングタイトスカートを合わせ、パールのアクセサリーで上品さとおしゃれさを演出します。スカート、バッグ、ブーティを黒で統一することでデニムシャツを着ていてもカジュアルになりすぎません!

出典元:Instagram

重く見えがちなデニムワイドパンツは、無地のトップスと合わせること◎ ファー素材のベストが視線を上に集めるので、背が高く見える効果も! 無地×無地コーデなのに地味じゃないのは、ファーベストが華やかさを演出しているおかげ。ぜひコーデに取り入れてみましょう!

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW