(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

フレアスカートは女子力アップのマストアイテム!ガーリーから甘辛までコーディネイト術

2017/02/16

ふんわりしたフレアスカートは、女子の特権。年齢は関係ありません。履きたいときに履けば良いのです。きっと、誰もが持っているフレアスカート、タンスの肥やしになっていませんか?何年か前はヘビーローテーションだったのに、今は…なんて勿体ない。似合わなくなったのはなぜ?特別なことじゃなくてちょっとした工夫で蘇るはず。オシャレ上級者さんたちは、どんなコーディネイトをしているのでしょう。

たっぷりとしたフレアスカートのコーデはガーリーでもOK

Chieさん(@chieaya1916)が投稿した写真 -

ベロアのたっぷりとしたフレアスカート。トップスは、パフスリーブセーター。どちらもボリューム感のあるアイテムです。それが、とても可愛らしい雰囲気を醸し出しています。色味も優しいです。タイツとショートブーツ、バッグの黒で引き締めてみてください。

nanaさん(@nanapanda517)が投稿した写真 -

イレギュラーなヘムラインが可愛いフレアスカート。白とブラウン系のシンプルなコーディネイトですが、全体に漂う雰囲気は実にキュート。ニットの縄編みバッグやセーターの柔らかな質感など。全てが、ふんわりとしていて優しげです。足元は、ショートブーツでスカートとのバランスを重視。

明るい色目のフレアスカートはキュートに着こなして

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

チャコールグレーとマスタードのカラーコーディネイトが可愛い。バッグのカラーもそれに合わせてコーデ。ヒョウ柄だけど、色味が合っているので違和感ありません。ロングブーツよりショートブーツの方がバランスが良くなります。トップスは、黒よりもグレーの方がソフトにまとまります。

黒とネイビーのカラーコーディネイトがスッキリとした印象です。甘いイメージが苦手なら、カラーコーデで克服してみてください。フレアスカートは、ちょっぴり光沢のある素材。ファーのバッグと合わせて、気分の上がる物をコーデに入れるのもアリです。

黒いフレアスカートは赤を差し色にコーディネイト

モノトーンのコーディネイトに、赤いバレエシューズがアクセント。タイトなパンツも似合うコーディネイトですが、フレアスカートのふんわり感は捨てがたい魅力です。パンツにするなら、足元の色味を変えた方が良いかもしれません。やはり”赤い靴”は、気分の上がるアイテムです。

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

白と黒のシンプルコーデに、赤いバッグがポイントの可愛いコーディネイトです。タイトスカートやパンツより、フレアスカートのふんわり感が加わった方が、バランスが良くなります。全体的にモノトーンですが、素材感は柔らかくて優しげです。

フレアスカートとライダースジャケットの甘辛コーデ

meiさん(@mei.5.7.des)が投稿した写真 -

ハイウエストのスエード素材のフレアスカート。アウターはハードなライダースジャケットを合わせて、甘辛コーデ。フレアスカートもさまざまで、たっぷりとしたボリュームのものからタイトスカートに近いシルエットのものまであります。裾で揺れる感じが、フレアスカートの醍醐味です。

ラップフレアスカートは長めの丈ですが、ボリュームは少ないタイプ。スカートのフューシャピンク以外は、オールブラック。ライダースジャケットとの組み合わせは、甘辛ミックスのお手本のようなコーディネイト。スカートの面積が広いので、他の色味は抑えた方がまとまります。

カジュアルコーデにもフレアスカートを取り入れて

meiさん(@mei.5.7.des)が投稿した写真 -

上下共にニットのセットアップ。緩やかなフレアスカートが、カジュアルなコーディネイトにマッチしています。ニット帽や足元のスニーカー、肩にかけたボーダーニットが、カジュアル感を高めています。モノクロの渋めのカラーコーディネイトですが、素材感でキュートな印象になります。

たかこさん(@0111r)が投稿した写真 -

淡いグレーとフューシャピンクのカラーコーディネイト。カジュアルなパーカーとフレアスカートのコーデにスニーカーを合わせるのは、オシャレ上級者さんならでは。バレエシューズをチョイスすることでもイメージが変ります。このコーデには、スニーカーの方が合いますね。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW