(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

大人カジュアルの定番【トレンチコート】ZARAなどアイテム着こなし術

2017/02/02

秋から春まで長く使える王道アウターのトレンチコート。オンオフ選ばずに使えて、上品な仕上がるアイテム。大人カジュアルのスタイルを目指すなら、おさえておくべき。「ZARA(ザラ)」などのトレンチコートを参考に、おしゃれインスタグラマーのコーデ術を学びましょう。

「ZARA」のトレンチコートで大人カジュアルに

ボアスウェットパンツのリラックスカジュアルスタイルも、トレンチコートを羽織れば上品にきまります。こちらのコートは「ZARA(ザラ)」のもの。袖をロールアップして手首を見せると野暮ったくならずに、女性っぽさが印象付けられます。

肩掛けトレンチコートでレディな仕上がり

Kumiさん(@htrkmk)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

スマートな印象のトレンチコートをレディっぽく着こなすなら、肩掛けスタイル。こちらのコートは『deuxiemeclasse(ドゥーズィエム クラス)』のもの。インナーは落ち着いた印象のあるグレーワンピースです。大人かわいい印象に仕上がっています。

Kumiさん(@htrkmk)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらも『deuxiemeclasse(ドゥーズィエム クラス)』のロングトレンチコートを着用しています。インナーはニットにニットスカートを合わせた冬らしいコーデ。肩掛けスタイルならかっちりとした型のトレンチコートも女性らしいシルエットで着こなせます。

さし色を使ったトレンチコートコーデ

出典元:Instagram

ボーダーとトレンチコートは定番の組み合わせです。こちらは『PINCEAU(パンソー)』のトレンチコートです。すっきりした色味のコーディネートに、ストールの赤をさし色に使っています。ストールなどの小物はさし色に使いやすいので、コーデの幅を広げるのにおすすめです。

manaさん(@ma_anmi)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらは『Spick and Span Noble(スピック&スパン ノーブル)』のトレンチコートに、冬らしいチェックストールとファーチャームを合わせたさし色コーデです。大人カジュアルにかわいい印象をプラス。ベージュのロングトレンチコートに赤は相性抜群です。

meiさん(@mei.5.7.des)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらはトレンチコートにボーダー柄ニットを肩掛けしたコーディネート。トレンチコートをマリンテイストにするボーダーアイテムを、インナーとしてではなく上にに重ねるというテクニックです。トレンチコートのコーデがマンネリ化してきたら試したいコーデです。

ウエストマークしたトレンチコートで上品かっこよく

Miimaさん(@miima.gc)が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらは『BURBERRY(バーバリー)』のトレンチコート。トレンチコートはウエストベルトを結んで着るのがやはり王道です。ベルトの結び方でアレンジを加えられるので、様々な着こなしが楽しめるのがトレンチコートの良いところです。

フード付きパーカーをインしたカジュアルトレンチコートコーデ

出典元:Instagram

オンタイムにかっちりと着こなしたトレンチコートを、休日にボーイッシュに着るならこんなコーデ。フード付きパーカーをインナーにしてトレンチコートに重ね着します。カジュアルダウンさせたトレンチコートが、ボーダートップスやスニーカーなどのアイテムとよく合っています。

出典元:Instagram

こちらはグレーのパーカーを下に重ねたコーディネートです。トレンチにパーカーをインするスタイルは、真冬の寒さ対策にも使えます。カットオフデニムとトレンチコートの袖ロールアップで、足首手首をみせてボーイッシュな中にも女性らしさをプラスしています。

バックスタイルが特徴的なトレンチコート

@a_k_r723が投稿した写真 -

出典元:Instagram

こちらは『ZARA(ザラ)』のバックプリーツトレンチコートです。トレンチコートはウエストのベルトで後姿にもアレンジを加えられますが、こちらのコートは後ろがプリーツになっているので一段と華やかな印象です。大人女子のワードローブに一着はあるトレンチコートを、さまざまなアレンジでコーデでお楽しみください。

Instagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけて投稿してみてください! MINEの記事に掲載させていただくことがございます。みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW