FASHION

ワンピースルックだけじゃもったいない!シャツワンピをとことん着回すコーデ術

2017/01/19

カジュアルだったりナチュラルなコーデを楽しみたい時にシャツワンピって重宝しますよね。気になる体型もカバーしてくれますし、ボタンやポケットなどのディテールもちょっと可愛いです。でも、そんなシャツワンピをワンピースとしてしか使わないのはもったいないですよ。今回はシャツワンピを使った着回しコーデ術をご紹介させていただきます。

ベルトンオンコーデでシャツワンピを女性らしく楽しむ

シャツワンピを着た時に、ちょっと寸胴に見えてしまってどうやってコーデしたらいいのか悩む方もいらっしゃると思います。こんな方にオススメのコーデ術がベルトオンした着こなしです。シャツワンピに細いベルトを一本プラスするだけでスタイルがぐっとよくなるので、ぜひ試してみてください。

こちらはネイビーのシャツワンピにベージュのベルトをオンした大人っぽいコーデ。きちんと感が出せるのがベルトオンの魅力ですが、ちょっとした抜け感を出すために袖まくりをしているのがポイント。こうすることで今っぽい女性らしさが高まりますよ。

シャツワンピースは羽織モノとしてコーデしてみて

リッチなシャツワンピは羽織るだけでコーデを大人っぽく盛り上げてくれます。シンプルなTシャツ×パンツのコーデでもリッチな印象になりますよね。シャツワンピはこうして羽織りものとして使うことでコーデの幅を広げることができるので、一度お手持ちのシャツワンピを見直してみてください。

ヒップの下までしっかりカバーしてくれるシャツワンピはタイトなデニムと合わせてもスタイル良く決まります。また、フロントをオープンにすることでIラインが出せて、ボーダーなどの横幅が気になるアイテムも気軽にコーデに取り入れていくことができますよ。

チェックシャツワンピでカジュアルゆるコーデに

チェックシャツワンピはナチュラルな風合いがあって、コーデがぐっとこなれた印象になります。ファーやローファーなどといったきちんと感のあるアイテムと組み合わせることで、大人なゆる感が楽しめますので、コーデがもっと楽しくなること間違いなしですよ。

大人なシャツワンピコーデが楽しみたいならギンガムチェックのシャツワンピがオススメですよ。羽織ものとして使う時にはデニムと合わせてカジュアルに、ワンピとして使う時にはベルトオンで上品に。使い方によって色んな表情が楽しめるので、1枚は持っておきたいアイテムですね。

短め丈のシャツワンピはタイツやレギンスでほっそりコーデに

ロング丈のシャツワンピはベルトオンしたりできますが、短め丈のものはベルトオンすると更に短くなってしまいます。そんな時はパンツなどでごまかすよりもタイツやレギンスを履いてしっかりワンピースで楽しんでみましょう。気になる場合は下にショートパンツを履いてもOKですよ。

こちらはスウェットのレギパンとチェックシャツワンピを組み合わせたスポーティーミックスなコーデです。ワンピースが可愛くなりすぎず、キャップでカジュアルにまとめれていますね。シャツワンピはこうしてセレカジっぽく仕上げることで、甘くなりすぎないオシャレが楽しめますよ。

シャツワンピのレイヤードコーデでオシャレに決めよう

シャツとワンピースの要素を同時に楽しめるシャツワンピ。こちらはシャツの要素を高めにしたデニムレイヤードのシャツワンピコーデです。ワンピースにタイトデニムを合わせるよりも、シャツ要素があるシャツワンピにレイヤードすることで、カジュアルなワンピースコーデが楽しめますよ。

オーバーサイズのシャツワンピはざっくりと着てインナーにショートパンツなどをレイヤードすれば、メリハリの効いた着こなしが叶います。インナーはオールインワンなどのコンパクトなアイテムにしてもいいですし、お気に入りのコーデをシャツワンピの中に取り入れてみましょう。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW