(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

ダサいなんて言わせない! ボーダーを着こなしておしゃれ上級者に

2017/01/26

おなじみの柄でありながら、一歩間違うとダサくなってしまう、ボーダー。ボーダーはモテない、なんて言われてしまうことも……。でももうボーダーをダサいとは言わせない! 定番だからこそ、一味違う、おしゃれにボーダーを着こなして、ファッション上級者を目指しましょう! 着こなし次第でいつものボーダーが見違えるかも?

ボーダーをさわやかキレイに着こなせ!

ものによって、あるいは着方によって、なぜか野暮ったくなってしまう、ボーダー。そんなボーダーをさわやかに、キレイに着こなしてみましょう。ポイントはボーダーの太さ。ボーダーの細いものを選ぶと、太いものよりキレイめに見えます。

ふんわりピンクのスカートと相性がいい、細めのボーダーのトップスを使ったコーデ。全体的にさわやかな着こなしをしたいときも、ボーダーは細めがよいでしょう。より軽やかに見える細めのボーダー。ほかのアイテムも軽やかなものチョイス。

太めのボーダーなら印象UP!

もちろん太めのボーダーだっておしゃれになります。太めのボーダーは、細めよりも印象が格段に強くなり、コーディネートのアクセントにもってこいです。ただし、その分重くなってしまいがちなので、ほかのアイテムはシンプルにするとグッド。

まさにシンプル、といったボーダーコーデがこちら。特段アクセサリーもなく、カラーもシンプルですが、太めのボーダーのおかげで強い印象を与えることに成功しています。シンプルなものをシンプルに着こなす。おしゃれ上級者のポイントです。

シンプルなモノトーンコーデにもぴったりなボーダー

なので、シンプルなモノトーンコーデにも愛称ばっちりなのが、ボーダー。黒と白だけできたシンプルなコーディネート、モノトーンコーデ。ただ白いアイテムと黒いアイテムだけを合わせるより、ボーダーという柄物を挟むとよりおしゃれに。

上はボーダー、ボトムスのカラーはホワイトにすると、とても軽やかなモノトーンコーデに。トップスは白と黒のボーダーなので、真っ黒なトップスよりも、軽さがあるのがポイント。それでいてしっかりモノトーンコーデになっているのもいいですよね。

ボーダーは白黒だけじゃない!

なにかと白と黒のボーダーアイテムが目につきますが、なにもボーダーは白黒だけではありません。色のあるボーダーを選べば、それだけコーディネートにも幅が出ますよ。こちらの紫に細いボーダーの入ったトップスのように、さりげなく取り入れることも。

白と黒、ではなく、グレーと黒、のボーダー。白と黒よりも落ち着いた印象を与えてくれます。全体的に、シックなコーディネートがしたいときによさそうです。ボーダーが入ることで、落ち着きすぎない、ちょっとした遊びを加えてくれます。

こちらのブラウン系のボーダーも、シックな落ち着いた色合いで素敵ですね。ちょっとレトロなコーディネートにぴったりです。ブラウンのシューズとも合っていて、トータルで見てもぴったり。いろいろ色でも遊べるボーダーアイテムでした。

ボーダーの取り入れ方は∞

トップスにボーダーを取り入れたアイテムを重点的に見てきましたが、ボーダーはアイテムを選びません。つまり、ボーダーの活用法は数多とあるのです。ゆえに、時々ダサくなってしまうことも……。でもコツさえつかめば、どんなボーダーもおしゃれになるのです。

ご自身のInstagramにファッション&コーデの写真を投稿する際は、ぜひハッシュタグ【#mineby3mootd】を付けて投稿してみてください!MINEでピックアップさせて頂くことがございます♡みなさまの投稿お待ちしております。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW