(c)instagram.com | Instagram logo_instagram
FASHION

差し色に【赤】を使うお手本コーデ集

2017/01/14

「赤は好きだけど派手になりそうで使いにくい」と敬遠されている方もいるでしょう。そんな時は、小物使いで取り入れると程よくインパクトがあって、よりオシャレに見せることが出来るんですよ。もちろんメインとしても、華やかでエレガントでクールな印象に見せてくれる魅力いっぱいのカラー!今回は、上手に赤を使ったコーデをご紹介します。ぜひご自分のコーデに活かしてくださいね。

魅力的カラー“赤”を使った厳選コーデ!

【大人ロックスタイル】赤ボトムス×ライダース

『Old Navy(オールドネイビー)』のパキッとした赤が印象的なコーデ。ライダースジャケットとの合わせ方で、大人ロックスタイルになっています。トップスは白地にカラフルなお花のモチーフで、エレガントさもありハード過ぎない印象に。赤と黒の組み合わせはカッコイイ!

AYUMIさん(@suzuchan1206)が投稿した写真 -

『しまむら』のタータンチェック柄スカートで秋冬カジュアル。赤の単色使いもいいですが、このように柄に含まれているもので使っても差し色になりますよ。モコモコキャップと、厚手のニットが女の子らしくて可愛い印象に仕上がっています。秋冬になるとチェック柄を使いたくなります。

赤のロングフレアスカートで目を惹くコーデ。赤は黒と一緒に使うと、コントラストが際立ってクールに決まります。ファークラッチバッグで季節感を出し、またトレンドをしっかりおさえていますね。主張の強いボトムスのときは、ヒールがある靴を選ぶとスタイルアップに。

ピンポイントで赤を投入して女度アップ!

Sayokoさん(@sayoko87)が投稿した写真 -

オフショルダーニットでちょっぴりセクシーなコーデ。トップスがボリューミーなときは、ボトムスをタイトなものにするとバランス良くなります。黒のパンプスの先には、赤のハートマークで大人可愛い印象に。デートに着ていきたくなるコーデになっています。バッグに付けられたファーチャームも素敵。

大胆に赤を使った華やかスタイル!

REIさん(@rei.defwill)が投稿した写真 -

真っ赤なワンピース一枚で着こなすのがオシャレ!タイトめな作りになっており、身体のラインがキレイに見えます。魅惑的な赤とタイトなワンピースで、大人の女性に似合うコーディネートに。おじ靴ビットローファーと、ベレー帽で少しマニッシュ感をプラスしてセクシーさを抑えています。

『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のモヘアニットとオーバーサイズの白シャツを合わせた、レイヤードコーデ。赤一枚でも可愛いですが、白シャツの袖をあえて見せることにより色のバリエーションが増え、バランス良く見えます。無地のニットだから、レオパード柄を合わせても違和感ありません。

難しい赤も小物使いなら簡単!

服はシンプルですが赤の差し色を使うことで、アクセントとなり印象が変わります。赤のハート型バッグでデート感をプラス。アウターのファーポケットで、女性らしく可愛いく仕上がっていますね。赤の使い方が難しいという方は、まず小物使いから取り入れるのがいいですよ。

赤をうまく使っておしゃれ上級者に!

Ako Akoさん(@akokako)が投稿した写真 -

『GU(ジーユー)』の赤チェックロングシャツで、秋カジュアルの完成。白シャツと黒デニムのシンプルなコーディネートですが、赤チェックがいいアクセントになっていてオシャレ度アップに。またニット帽とモコモコクラッチバッグで、上手に季節感を取り入れていますね。

Yuliさん(@yu_lilium)が投稿した写真 -

赤ニットのトップスとクラッシュデニムの組み合わせ。マリンキャップとマフラーの黒のポイント使いで、いいアクセントになっています。暖色系のカラーは、やや膨張して見せてしまうことがあるのですが黒できちんと絞められていますね。こちらにジャケットやコートを重ねて、赤をチラ見せするのも可愛い。

無彩色の黒とグレーがメインの服装ですが、赤チェックのマフラーを首元に持ってくることで印象が変わりますね。マフラーに合わせて、パンプスも色味があるものをチョイス。ライダースジャケットがタイトな分、ビッグシルエットのワイドパンツを合わせ絶妙なバランスに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW