LIFE STYLE

松本恵奈×藤原ヒロシ対談 第1章

2019/03/20

「CLANE」のクリエイティブディレクターを務める松本恵奈と、ファッション・デザイナー、ミュージシャン、大学教授など、多彩な顔を持つ藤原ヒロシが、仕事やプライベートについて世代を超えて対談。 その模様を2回に渡りお届けします。
Ena Matsumoto, the creative director of “CLANE,” and Hiroshi Fujiwara, the famous fashion designer, musician and professor talk about their jobs and private life.

【English is below】

二人の出会いは?

松本恵奈(以下恵奈)・・・あれ、誰から何て紹介されたか覚えてますか?
藤原ヒロシ(以下HF)・・・単に恵奈ちゃんです。って紹介されてアパレルブランドやってるって話と、恵奈ちゃんは伊勢の人だって話も聞いて。会った事もなかったけどあぁ伊勢の人だって知っていました。
恵奈・・・そうですね。伊勢つながりなんですよ(笑)

ヒロシさんの中で人を覚える時、名前と土地はセットなんですか?

HF・・・いや、あんまり居ないので。伊勢の人って。
恵奈・・・確かに(笑)
恵奈・・・私とヒロシさんの出会いは、私が前職を辞めてからお会いしたんでしたよね?
HF・・・うん。前職を辞めたというのを聞いて、今後どうするんですか?って話になり、その流れで連絡先交換しましょって話からつながりました。
恵奈・・・交換しましょっていうよりは何か一緒にしましょうよって話をしてました。そんな流れでLINEを交換したのが初めてだったかな。
HF・・・フフフ(笑)

お互いの印象ってどうでしたか?

恵奈・・・あんまり聞きたくないな……。
HF・・・いやぁ話しやすい感じでしたよ。それから「ご飯でも食べましょうか」って話になり付き合いがはじまった感じかな。
恵奈・・・そうですね。私はその前からヒロシさんに興味津々でしたけど(笑)

恵奈さんが新しくブランド立ち上げる時にアドバイスはしたんですか?
恵奈・・・実は前から話の流れで色々相談はしたんですけど、ズバリな事を言われ過ぎていました。
HF・・・何か言ったっけ?
恵奈・・・言ってましたよ! 私自身その場では見せないけど、いつも確信を突かれるからギクッとしていました。普段、お茶行っても「最近どうなんですか〜?」とか、普通の話しかしないけど、たまに相談した時とかは、確信的なアドバイスをくれるんです。とにかくバシッと言ってくれるんで、そういう時は一人になった時に考えさせられる事が多々あるんですよね。実は。
HF・・・へー、そうなんですね。
恵奈・・・そう。いつもその課題を持って帰って、自分一人で考えて、別の誰かに話してみる。そんな中で自分の中で発見ができたりしますね。

では、次にヒロシさんに会う時には課題をクリアにしてから会うんですか?
恵奈・・・クリアにしてからしか会わないかも。笑。 言われて確かにって思う事が殆どですが、たまに意見が違ったりする事もあります。 だけどそういう時でも一つの意見として自分の中には必ず残るのでそれにもの凄く感謝しています!なのでヒロシさんから言われた言葉は常に自分の心の中には残っていますね。あと、ヒロシさんに言われて課題だと思った事は、自分の中で解決してからまたヒロシさんと会うようにしています。
HF・・・え〜そんな無理難題言ってたっけ(笑)こうしてほしいって事も言ってないし
恵奈・・・そう、無理難題やこうしてほしいって事は言わないけど。私の周りでここまでバシッと意見を言ってくれる人はあまり居なかったから、ギクッとしちゃいます。
HF・・・まわりはイイネって言う人が多い?
恵奈・・・そうです多いですね。

恵奈さんがCLANEを始めると聞いた時どんな感じでしたか?

HF・・・恵奈ちゃんがまだ前の会社にいた時に一度だけコレクションを見た事があって、その時に彼女のブランドが一番売れているというのは聞いていて、コレクションを見てても、やはり彼女のブランドだけ違う感じなんだなぁと感じていました。松本恵奈が新しく会社を始める事にちょっと興味をもったかな。

(笑)話を戻しますが、CLANEの洋服は見ていかがですか?

HF・・・シンプルな洋服を着ているイメージだよね、松本恵奈って。そんな彼女が始めたブランドだからそれが表現されてマッチしているよね。 過去を知らないから、販売員をされていたり当時のビジュアルも知らないし、 僕は今しか知らないから、今の彼女にはピッタリな洋服・自分の好きな事をやっているんだなぁって感じがする。逆に前のブランドの時はどうだったの?
恵奈・・・少しパターン化していて、業務的な感じになってきてしまっていたのかもしれません。そういう意味では今のブランドと全然違うかな。それ以外も素材や生地とかも全然違うし、同じところは逆に何もないと思います。 私自身は年も重ねて、好きな物や着る物、服のバランスも変わってしまったの ですが、以前やっていたブランドは年齢設定も若く、少しファストファッショ ンに近いブランドだったので、少しづつ私とブランドの間に距離ができていってしまいました。
HF・・・必然的にそこから出ないといけなかった訳ね?
恵奈・・・そうですね。

HF・・・そのブランド自体を成長させる事は嫌だったの?
恵奈・・・全てをガラッと変えられるのだったら良かったのかもしれませんが、お客様やスタッフはそんなの関係なく今のブランドが好きだから来てくれてる訳で、私が大人になったからといってブランドを変えてしまうのはとても嫌だったし、ブランドを始める前からこれは決めていたことなんです。わたしも長い間販売員をしていて、プロデューサーが大人になって変わっていくブランドを沢山見てきましたが、やはりお客様やファンの方は悲しみます。 それだったら辞めてからやりたい事をやればいいと思う。

自分たちを扱うメディアについてどう思いますか?

HF・・・素でいかないとだめだよ。
恵奈・・・私はまだそこまで素にはにはなりきれないです……。
HF・・・そこはちょっと若いというか、僕らからすると次世代感がするかなぁ。
恵奈・・・確かにそうかもしれないです。ヒロシさんはどうですか?
HF・・・僕はわりとまんまですね。メディアっぽいものはあとからついてくればいいかなって。
恵奈・・・わたしも早くそっちのステージに行きたいんですよ本当に(笑)
HF・・・最近友達と話していたんですけど、恵奈ちゃんもそうなんだけど周りの友達も言い出したら形にする人が多くて、でもそうじゃない人も世の中には多い。「今度やろうと思う」と言っても全然やらないし、「もうやめるんだ」って言っていつまで経ってもやめない人も多いし、発言してからやるやらない考える人だったり。 恵奈ちゃんは言ったらその通りしっかり早い段階で動いて形にする、そういうの凄いよね。
恵奈・・・いやいや、ヒロシさんこそ、めちゃめちゃ早い!
HF・・・結果、自分の周りを見るとそういう人が多い気がする。

Q: How did you two meet?

Ena Matsumoto: “How did I get introduced again?”
Hiroshi Fujiwara: “You were introduced to me as Ena-chan, and I heard that you were producing an apparel brand. I also heard that you were from Ise, Mie Prefecture and so I felt close to you even before meeting you.”
Ena: “Yes…we have an Ise connection!”

Q: When you meet people, do you always connect their names with

HF: “No, not really but it’s very rare to meet people from Ise so…”
Ena: “That’s true.”
Ena: “Actually, I think we first met when I quit my last job?”
HF:” Yes. Hearing that she quit, I asked her what she was going to do from then on, and that’s how we got to exchanging our contacts.”
Ena: “It was more like ‘Lets’s do something together’ and that’s how we ended up exchanging our LINE.”
HF: “Hehehe.”

Q: (To HF) What was her first impression like?

Ena: “I don’t really want to hear this…”
HF: “She was really easy to talk to. From there, we decided to grab a meal together and that’s how we started to get to know each other.”
Ena: “I was purely interested in getting to know him.”

Q: (To Ena) Did you get advice from HF when starting up your bra

Ena: “Yes, I asked him for advice and he always gets the point right.”
HF: “Did I say something?”
Ena: “Yes, you did. I try not to show it when you tell me, but everything you say is so up to the point that it scares me.”

Ena: “I don’t usually talk about serious things with Hiroshi-san. When we go out for coffee, we usually talk about casual things like how we are doing recently. But when I do go to him for advice, he always gives me his straight forward feelings. And after we separate, his words and advice keep me thinking for a while to tell you the truth.”
HF: “Oh, I see.”
Ena: “Yes, so when I go home and talk about what you said to me, I am able to discover new things and ways of thinking.”

Q: (to Ena) o do you try to take his advice and fix things up be

Ena: “Uhmmm, not really. When he advices me on things, most of the times I am convinced but sometimes we have different opinions. But I am always thankful to him for giving me his straight forward opinions because they help me a lot. So his words I always try to keep in mind. The things I feel the need to be fixed like the things he points out, I try to fix before seeing Hiroshi-san again.”

HF: “I don’t really remember saying anything that hard on you! I’ve never said you should be doing this or that…”
Ena: “That’s right. You don’t force me to do anything, but I’ve never had someone give me such straight opinions to me before so it’s something very new.”
HF: “Do people around you tell you that everything is good?”
Ena: “Yes, a lot of them.”

Q: How did you feel when you heard about Ena starting up “CLANE”

HF: “I had a chance to see her collection when she was still working for her other company, and I had heard that her brand was the most popular among the brands. As I was watching the show, I felt like her designs were really standing out. So when I heard that she was launching a new brand, I got a little interested.”

Q: How do you feel about the lineup for “CLANE”?

HF: “I have an image of Ena wearing very simple clothes, and so that style of fashion is enhanced on the brand. I don’t know what her style was in the past, but looking from what I know and have seen, I feel like she is expressing what she likes on the brand. What were you like when you were with a different brand in the past?”

Ena: “It was a little patternized and fixed. That’s one of the biggest differences between now and before. And the kinds of materials we used are different compared to what I use now. I grew older, and my clothing tastes changed. The brand that I used to work with is a very young brand, closer to fast fashion. So those things created a gap between me and the brand itself.
HF: “So basically you had to move yourself out of the brand?”
Ena: “Yes.”

HF: “Did you ever think of changing the brand itself?”

Ena: “Well, it might have worked if we could change the brand image dramatically. But the people who support the brand like the way the brand is right now and I didn’t want the brand to change because I changed. I have been standing in the storefronts for a long time, and I’ve seen lots of brands changing their tastes because their producers grew up, but the people who like the brand are left feeling sad. So I was left with no other decision than to leave the brand."

Q: What do you think of the media?

HF: “You need to be yourself.”
Ena: “I’m not prepared enough to bring out my real-self in front yet…”
HF: “In that sense I feel like you’re still young, and I feel that gap between generations.”
Ena: “That may be true. What about you, Hiroshi-san?”
HF: “Me, I am just being myself. I feel like the media will follow along.”
Ena: “I want to join you in that phase already, you know?”

HF: “I was chatting with a couple of friends recently, and a lot of them including you, Ena, are fast at making something happen after coming up with their visions. But in our society, not everyone can do that. Some of them think “I want to do something” but never start, and some say “I’m going to quit doing this” but never quit, and some just have ideas but the actions come later. I feel like you’re very amazing in the sense that you are a fast worker, doing everything you’ve decided to do."

Ena: “No no, that’s you!”
HF: “I feel like I’m surrounded by people like that.”

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW