LIFE STYLE

2016年バレンタイン特集【フランスの老舗チョコレートブランド】

2016/01/20

MINE編集部のオススメ、2016年のバレンタイン特集。会社の人に配る義理チョコ、大好きな彼に渡す本命チョコ、今年はどこの物がいいんだろう…そんなお悩みをお持ちの方、是非ご参考に。第一弾はフランスの高級老舗チョコレートブランドをお届け!

2016年バレンタイン特集 【フランスの高級老舗チョコレート】

JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)

(c) http://www.jph-japon.co.jp/

フランスでパティシエとしてのキャリアを磨いたジャン=ポール・エヴァン氏が手掛けるチョコレート。一粒一粒が繊細で、ブティックのショーケースにならぶチョコレートはまるで宝石のよう。

今年のジャン=ポール・エヴァンのバレンタインテーマは【LES PIEDS SUR TERRE, LA TÊTE DANS LES ÉTOILES (足はしっかり地に着けて、頭は星々の高みに)】 。

「ショコラティエとしてカカオに真摯に向き合い、ストリートアートというひとつの表現をヒントに創造された今季のクリエイションをお愉しみください。」
(引用:http://www.jph-japon.co.jp/)

今年は内装も素敵なジャン=ポール・エヴァンの店舗に足を運んでみてはいかが。
JEAN-PAUL HÉVIN のバレンタイン2016

La Maison Du Chocolat (ラ・メゾン・デュ・ショコラ)

(c) http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/

チョコレートの創作への強いこだわりと情熱から生まれたお店。

今年のバレンタインのテーマは「キャラメル」。アクサン・ボワゼ、フュジョン・キャラメル、レヴェラション・フリュイテ、クール・クラカンの4種類のキャラメルチョコレートは誰もが喜んでくれるはず!

「ニコラのクリエーションは、五感を養うように設計された出会いのようなもの。カラフルな4つのレシピには、さまざまな喜びや味わい、そして希望が詰まっています。
心に秘めた感情・・・それはためらわずに経験すべきギフトなのです。素敵なバレンタインデーを!」
(引用:http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/)

この時期は期間限定のマロングラッセも絶品です!バレンタインチョコと合わせていかが。
La Maison Du Chocolatのバレンタイン2016

Henri Le Roux(アンリ・ルルー)

(c) http://www.henri-leroux.com

ショコラティエであり、世界で唯一のキャラメリエのアンリ・ルル―。彼が創り出すチョコレートはフルーツやハーブ、ナッツを使っていて何度口にしてもサプライズがいっぱい。

アンリ・ルルーのバレンタインは、この大きなリボンがモチーフ!
今年のテーマは『イタリア旅行』"VOYAGE EN ITALIE" 。

このチョコレートボックスをもらってワクワクドキドキしない人はいないはず。大切な人に日々の感謝の気持ちを込めて贈ってみるのはいかが。
Henri Le Rouxのバレンタイン2016

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

(c) https://www.pierreherme.co.jp

ピエール・エルメは裏切らない!スイーツファンなら誰もが知っているフランスの老舗パティスリー。

今年の「ピエール・エルメ・パリ」のバレンタインは、芸術家の二コラ・ビュフとコラボレーション。「太陽と月の王国のものがたり」と題したストーリーに合わせたボンボンショコラが登場。

二コラ・ビュフが描く芸術の世界と、ピエール・エルメのチョコレートを楽しんでみてはいかが。
PIERRE HERMÉ PARISのバレンタイン2016

Frédéric Cassel(フレデリック・カッセル)

(c) http://www.frederic-cassel.jp/

フレデリック・カッセルが「食べた人が思わず笑顔をこぼしてしまうお菓子を作りたい」という想いが詰まったショコラ。

今年のバレンタインコレクションは、パリに架かる愛の橋、“Ponts des Arts”(ポンデザール)で行われる恋人たちのロマンチックな誓い“Cadenas d'amour”(カデナ・ダム―ル)をモチーフにした、愛があふれるショコラアソート!

「ショコラには苦味や甘み、そして官能的な香りがあります。甘酸っぱいものもあれば苦味の強く感じるもの、時には涙のように塩気を感じるショコラもあります。ショコラはまるで愛を表現しているかのようです。今年はショコラに愛の証を刻みませんか?」
(引用:http://www.frederic-cassel.jp/)

今年は「愛の南京錠」を大切なあの人にプレゼントしてみては?
Frédéric Casselのバレンタイン2016

Decadence du Chocolat(デカダンス・ドュ・ショコラ)

(c) http://decadence.jp

フランス人パティシエ、ステファン・ヴューが手掛ける「Decadance du Chocolat」。フランスの伝統を保ちつつ、日本人の口に合うように調整をしたチョコレートが特徴です。

バレンタインコレクションはキスマークの可愛いチョコレート(1個)やデュオショコラ(2個)など会社の同僚にも気兼ねなくプレゼントできる物から、ボンボンショコラのアソートまで幅広いラインアップとなっています。
Decadance du Chocolatのバレンタイン2016

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW