【ノースリーブワンピース】コーデは季節ごとのスタイリングがコツ!22選
FASHION

【ノースリーブワンピース】コーデは季節ごとのスタイリングがコツ!22選

2020/03/23

夏のイメージが強いノースリーブワンピース。しかし一枚で着る以外にも、カーディガンやジャケットを羽織ったり、インナーを入れて重ね着したりと、応用力が高いのが魅力。今回は、季節別&色別にノースリーブワンピースの着こなしをご提案。ぜひ参考にして、気候に合ったおしゃれを楽しんでみて。

【春夏】のコーデ例

ここでは、春夏にマストな4つのスタイリングをご提案。シンプルなワンカラーコーデから重ね着テクまで、ワンピースの印象に合わせたコーデ方法を知ることで、着こなしの幅がグッと広がります。

ウエストマークでメリハリをつけて

ウエストマークでメリハリをつけたコーデ画像

ハリのある素材を贅沢に使った、ノースリーブワンピース。ボリュームのあるプリーツスカートと深いVネックがポイント。サンダルとハンドバッグを黒で統一して立体的なシルエットを作りつつ、チェーンバッグとゴールドのバングルで全体をパッと華やかに。

ワンショルダーで旬らしく

ワンショルダーで旬らしくしたコーデ画像

2020年の春夏も引き続き注目されている、ワンショルダーのマキシ丈ワンピース。大胆に開いた左肩部分には、黒の見せるインナーを仕込んで過度な露出を回避。アシンメトリーのフラットサンダルなら、ほどよく個性的な足元を演出して自然となじんでくれます。

スリットを活かしたレイヤードスタイル

スリットを活かしたレイヤードスタイルのコーデ画像

深いスリットが特徴の、リネン素材の涼しげなワンピース。白のワイドパンツをのぞかせて、旬らしいレイヤードスタイルに。ベージュのハンドバッグを添えて、さりげないグラデーションを楽しんで。

ティアードワンピースは一枚で主役級

ティアードワンピースは一枚で主役級のコーデ画像

ティアードデザインになった、やわらかなブラウンのノースリーブワンピース。マキシ丈と深いVネックで、ほどよい露出を演出。かごバッグを添えれば、リゾートにも最適なヘルシースタイルが完成。

深みのあるレッドパープルで差をつけて

深みのあるレッドパープルで差をつけたコーデ画像

シンプルなマキシ丈のノースリーブワンピースも、こんなレッドパープルを選ぶとグッと個性的に。上品さがありつつ、どこかエキゾチックな雰囲気も漂わせてくれます。黒のミニショルダーバッグでコーデを引き締めることもお忘れなく。

シャツ素材のワンピースでラフに

シャツ素材のワンピースでラフにしたコーデ画像

ハリのあるシャツ素材がきちんと感を漂わせてくれる、ネイビーの膝丈ワンピース。前開きデザインなので、ちょっとした羽織りとしても◎。カラフルなミニショルダーバッグを合わせるだけで、ベーシックなシャツワンピースに個性がプラスされます。

【秋冬】のコーデ例

秋冬は、アウターとの重ね着を楽しんでも、小物でアレンジしても。秋冬ならではの着こなしのヒントがいっぱいなので、ぜひ参考にしてみてくだ

白シャツ合わせでさりげなくマニッシュに

白シャツ合わせでさりげなくマニッシュにしたコーデ画像

ハイネックニットワンピースに白シャツを合わせた、やわらかなカフェオレコーデ。裾からさりげなくリブニットパンツをのぞかせて、季節感&トレンド感をON。ワンピース以外を白で統一すれば、どこかマニッシュで端正な装いに。

カシミヤストールを添えてリッチに

カシミヤストールを添えてリッチにしたコーデ画像

サイドに深いスリットが入った、ニット素材のノースリーブワンピース。同トーンのボリューミーなスヌードを添えれば、初秋にもぴったりのほっこりスタイルに。ライトブルーのデニムとまとめ髪で、こなれ感もGET。

ニットONニットでクールに

ニットONニットでクールにしたコーデ画像

リブニットワンピースと長袖Tシャツを重ね着した、クールなモノトーンコーデ。かっちりとしたハンドバッグとビットローファーできちんと感を漂わせつつ、ワンピースと同色のニットを肩かけし、シルエットに立体感をもたせて。

【ベージュ】で優しくフェミニンに

肌なじみのよいベージュのノースリーブワンピースは、優しげな印象でありながら、ヘルシーな雰囲気も叶えてくれる優秀アイテム。着回し力が抜群なので、ぜひ一枚は持っておきたい。

紐ベルトでシンプルなワンピースに個性をプラス

紐ベルトでシンプルなワンピースに個性をプラスしたコーデ画像

日焼けした肌によく映えるベージュのノースリーブワンピース。カゴバッグを合わせた春夏らしいワントーンコーデは、黒の紐ベルトとバッグの持ち手で引き締めて。

肌なじみのよいピンクベージュでほんのり甘く

肌なじみのよいピンクベージュでほんのり甘くしたコーデ画像

ピンクベージュのノースリーブワンピースなら、肌なじみがよい上に、より女性らしく仕上がります。ストンとしたIラインなので、瞬時にきれいなシルエットに。かごバッグとトングサンダルで、夏のヘルシーな装いが完成。

【黒】ならどんな雰囲気も自由自在

クールな印象の黒も、ノースリーブワンピースなら重くなく、なりたい雰囲気を叶えてくれます。ベージュに引き続き、こちらも一枚は持っておきたいカラーです。

麦わら帽子を添えて涼しげに

麦わら帽子を添えて涼しげにしたコーデ画像

デコルテを美しく魅せるキーネックがポイントの、シンプルな黒ワンピース。膝丈なので、そのまま一枚で着てシンプルを追求しても、こんな風にリネンパンツを合わせて夏気分を盛り上げても◎。パナマハットと丸メガネで大人の遊び心をプラス。

黒のティアードワンピースはシックに決まる

黒のティアードワンピースでシックに決めたコーデ画像

ベーシックなティアードワンピースにノースリーブのリブTシャツを重ね着した、ナチュラルなモノトーンスタイル。サングラスとクリアバッグを添えれば、気取りすぎないリゾートスタイルが完成。

レースブラウスを重ねて大人可愛く

レースブラウスを重ねて大人可愛くしたコーデ画像

ふわっと広がるAラインのノースリーブワンピースに、繊細な総レースのトップスを重ね、ラグジュアリーに仕上げた装い。小物をワンピースと同色にすることで、レースの愛らしさが引き立っています。ひとつにまとめたおさげヘアと麦わら帽子で、清涼感をプラス。

【白/アイボリー】でクリーンに仕上げて

清潔感たっぷりで、着こなしをクリーンに仕上げてくれる白・アイボリーのノースリーブワンピース。着ぶくれしがちな白でも、小物使いやウエストマークなど、少しの工夫でおしゃれ度がアップします♪

膝下ワンピースでほどよく露出して

膝下ワンピースでほどよく露出したコーデ画像

さりげなくストライプ柄になった、美しいAラインのティアードワンピース。真っ白なフラットサンダルとショルダーバッグでグラデーションを意識しつつ、より清潔感を加えて。

ラップワンピースでマンネリ防止

ラップワンピースでマンネリ防止したコーデ画像

夏の日差しに負けない、真っ白なノースリーブのラップワンピース。両サイドのスリットを活かして、大人の色気を漂わせて。大ぶりのリングピアスとゴールドのショルダーバッグで、およばれにも最適なムード満点のコーデが完成。

【ブラウン】で安心感を与える

やわらかな雰囲気を演出してくれるブラウンのノースリーブワンピースは、肌色を問わず着ることができます。暖かみを感じさせるカラーなので、重ね着をしたり、上にアウターを羽織ったりすれば、秋の装いにもぴったりです。

バックリボンで後ろ姿を魅力的に

バックリボンで後ろ姿を魅力的にしたコーデ画像

ニット素材とシャツ素材を用いた、切り替えノースリーブワンピース。異素材合わせは一見難しそうに見えますが、同トーンのグラデーションなら挑戦しやすく、大人っぽくきまります。フリンジ付きのかごバッグとクリアサンダルを添え、季節感たっぷりに仕上げて。

異素材合わせのデザインで個性あふれる装い

異素材合わせのデザインで個性あふれる装いにしたコーデ画像

ニット素材とシャツ素材を用いた、切り替えノースリーブワンピース。異素材合わせは一見難しそうに見えますが、同トーンのグラデーションなら挑戦しやすく、大人っぽくきまります。フリンジ付きのかごバッグとクリアサンダルを添え、季節感たっぷりに仕上げて。

【花柄】でとことんフェミニンに

大人可愛く、レディに仕上げてくれる花柄のワンピース。花の大きさによって印象もがらりと変わるので、お好みのデザインを見つけてみてはいかが?

背中開きワンピースで上品に肌見せ

背中開きワンピースで上品に肌見せしたコーデ画像

可愛くなりがちな花柄ワンピースは、黒を選べば大人っぽい雰囲気に。スリットから繊細なレースアップサンダルをのぞかせると、ひと手間かかった上品な印象を与えてくれます。

ネイビー×小花柄でレトロチックに

ネイビー×小花柄でレトロチックにしたコーデ画像

ネイビーの花柄ワンピースは、可愛らしさと知的な印象をあわせもつ優秀アイテム。テロンとした素材をチープに見せないように、バンブーバングルのスクエアバッグとレザーブレスレットでほんのり高級感をON。

その他カラー

最後に、ベーシックカラー以外のノースリーブワンピースのお手本コーデをご紹介。「他と差をつけたい」「もっと個性を見せたい」と感じる人は、ぜひ参考にしてみて。

パープル

▼Aラインデザインで優雅に魅せる

Aラインデザインで優雅に魅せたコーデ画像

しっとりとしたスミレ色が、落ち着きのある大人の女性を演出してくれるティアードワンピース。ウエスト部分でキュッと締められたデザインなので、ベルトをしなくても簡単に美シルエットが叶います。小物は白で統一し、コントラストをつけて。

イエロー

▼ビタミンカラーで活発な印象に

ビタミンカラーで活発な印象にしたコーデ画像

夏の日差しに映えそうなイエローのロングワンピースは、一枚でインパクト抜群。ビタミンカラーのアイテムは、明るく活発な印象を与えてくれます。小物は黒でそろえて、全体を引き締めるのが大人のおしゃれポイント。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW