「Tシャツ重ね着」のおしゃれ見えする簡単レイヤードテク
FASHION

Tシャツ重ね着【4つのテクでおしゃれ見え!】レディース簡単レイヤードコーデ

2019/04/15

おしゃれな人は、とにかく「Tシャツ重ね着」をしてるってウワサ。レイヤードコーデにチャレンジしてみたいけれど、どのように重ねればいいか分からない……という声もちらほら。でもおしゃれに見えるポイントを押さえておけば、とっても簡単なんです!
そこで、「Tシャツ重ね着」をおしゃれに決めるコツを、インナーの選び方から重ねるアイテム別コーデまで徹底解説。ぜひチェックしてみて。

Tシャツの重ね着ってどうするの?

「Tシャツ重ね着」コーデのバリエーションはとっても豊富。例えば、”セーターやプルオーバーを重ねて首元や裾からチラ見せする”とか、”キャミソールなどを重ねる”など、さまざまな方法で重ね着を楽しめます。また、”Tシャツをメインにして、下に別アイテムを重ねる”という着こなし術もアリ。こうしなければならない、という決まりは無いからこそ、自由な発想で自分らしくコーディネートしてみて!

重ね着にオススメなTシャツは?

重ね着の方法に合わせて、上手にベストな形のTシャツを選ぶのが、おしゃれ見えへの近道。どんなTシャツが本当に使えるのか、実際のコーデを見ながらレクチャー!

白Tシャツがオススメ!使える3タイプ

▼【1】インナーとしてチラ見せするなら「ゆったりサイズ」

「ゆったりサイズ」のTシャツでインナーとしてチラ見せするコーデ画像

ニットやスウェットなどから、Tシャツをチラ見せするなら「ゆったりサイズ」を選ぶのが今どき。オーバーサイズのトップスを重ねても、しっかり裾から見えるくらいの丈感をセレクトしてみて。中途半端なサイズ感はNG!

▼【2】上に重ねるなら「コンパクトサイズ」

「コンパクトサイズ」のTシャツにキャミソールを重ねたコーデ画像

上にキャミソールなど繊細なアイテムを重ねるなら、「コンパクトサイズ」を選んですっきりコーデするのがオススメ。とはいっても、ピッタリと体のラインを拾いすぎてしまうとちょっと古臭くなってしまうので程よいゆとりを意識して。

▼【3】さり気なく体型カバーするなら「後ろ長め」

レイヤードに適した「後ろ長め」Tシャツの画像

Tシャツの重ね着で体型カバーを狙うなら、効率よく腰まわりをカバーできる「後ろ長め」タイプをセレクト。これなら、ヒップは完全カバーできる上に、イレヘムによって奥行きが生まれおしゃれさも倍増!

レイヤードテク(1)【裾からTシャツを少し出す】

重ね着コーデに使うTシャツをマスターしたら、さっそく実際にレイヤードしてみましょう。まずは、”裾からTシャツを少し出す” テクニック。トレンドのゆるコーデに奥行きをメイクできるので、お手本コーデを参考にぜひTRY!

ミントパーカー×白Tシャツを重ね着

ミントパーカー×白Tシャツを重ね着したレイヤードコーデ画像

ゆるっとサイズのミント色パーカーに白のゆったりサイズTシャツを重ねたレイヤードコーデ。パーカーとパンツの間に白を挟むことで、カジュアルな中に奥行き感とクリーンなヌケ感をON。首元からもチラ見せしてまとまり感アップ!

黒Tシャツ×白Tシャツを重ね着

黒Tシャツ×白Tシャツを重ね着したレイヤードコーデ画像

黒Tシャツ×黒スキニー、小物までオールブラックなコーデは、普通に着こなすとちょっと重いかも……。でも、白Tシャツをインナーにして裾からチラ見せすれば、ちょうど良い軽さがプラスされてスマートな装いが実現。

ベージュショート丈スウェット×白Tシャツを重ね着

ベージュショート丈スウェット×白Tシャツを重ね着したレイヤードコーデ画像

こちらは、ショート丈スウェットに白Tシャツを重ねてレギンスとの繋ぎ役に。重なる裾がさりげなく腰まわりの気になるラインをカバーしつつ、奥行きたっぷりな着こなしが叶う。ショート丈スウェットで上半身が小さく見えて、スタイルアップ効果も◎。

パープルニット×白Tシャツを重ね着

パープルニット×白Tシャツを重ね着したレイヤードコーデ画像

カラーニットとボトムスの間に白Tシャツをチラ見せさせて、色味を落ち着かせるテクニックも真似したい! 少し白が見えるだけでヌケ感が生まれ、おしゃれなバランスにアップデート。サイドスリットも奥行き感アップの秘訣。

次ページ> レイヤードテク(2)【VネックからTシャツを見せる】
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW