大人のおしゃれなミニスカートコーデ21選
FASHION

大人のための【ミニスカート講座】ミニスカコーデの利点とコツ21選

2019/04/12

毎日ロング丈のボトムで変わり映えのないシルエットになっていませんか?ミニスカートで「いつものコーデ」からたまには脱皮してみて。MINE世代だからこそ魅力的に着こなせるミニスカートの利点と、ミニスカートをつかってコーデを組む時のコツをご紹介。タンスの肥やしになっていたミニスカートで、いつもと違った魅力的なあなたを演出して。彼や旦那さまもいつもと違うあなたにドキッとするかも。

【ミニスカートコーデの利点①】ラフすぎず大人かわいく

黒やグレーのスウェットトップスを黒のパンツに合わせると、シンプルがゆえに部屋着っぽく見えてしまうこともありますよね……。しかしミニスカートはどんなカジュアルなアイテムと合わせても、部屋着感はセーブしてラフすぎず、大人かわいくきまります。ミニスカートを使った大人かわいいコーデを、コーデのポイントとあわせてチェックしてみて。

ちょっとそこまでスタイルが部屋着っぽくならない

カジュアルなボーダーTシャツも、ミニスカートと合わせれば部屋着っぽさを払拭してくれる。普段パンツを合わせているところを、デニムのミニスカートへシフトすることでフェミニンな印象に。これなら知り合いにバッタリ会っても恥ずかしくない。

季節の代わり目のカジュアルコーデに最適!

すごく暑いわけでもすごく寒いわけでもない季節の変わり目には、脚を出すミニスカートにニットのような厚手の生地のトップスを合わせると◎。このコーデのようにニットがボリューミーな場合は、裾が広がりすぎていないスカートを合わせてバランスをとって。

メンズっぽさを軽減してくれる

黒のテーラードジャケットにミニスカートを合わせれば、ジャケットのメンズっぽさを軽減。クールなジャケットがミニスカートを大人かわいく格上げしてくれるので、相乗効果でより魅力的なコーデに仕上がります。

【ミニスカートコーデの利点②】冬の着膨れ防止

冬は厚手のコートに厚手のニット、首にはマフラーを巻いて……。と、ボディラインが覆われるうえに、シルエットが大きくなりがち。そんな冬服にミニスカートを取り入れれば、脚のラインが出てスッキリと見え着膨れ防止に。ミニスカートを使った野暮ったく見えない冬服コーデを2つピックアップ。

ゆったりアウターを着てもスッキリ見え

丸みを帯びたコクーンコートは女性らしいシルエット。しかし、ゆったりとしたボトムを合わせてしまうと少し太って見えてしまうかも。ミニスカートとタイツを合わせれば脚のラインが出てスッキリとしたシルエットになるので、上着のシルエットを際立たせてくれる。

厚手ニットも野暮ったく見えない

もちっとした質感のニットは女性らしいかわいさを演出してくれる冬の定番アイテム。ミニスカートを合わせてさらに大人かわいく。足元を黒でまとめて引き締め&脚長効果を狙って。

【ミニスカートコーデの利点③】特別感をだせる

ミモレ丈やロング丈のボトムを履くことが多くなり、脚を出す機会が減っていくMINE世代。脚のラインを出すだけでいつもと違う雰囲気に。タイツを合わせれば露出をセーブしつつほんのり色っぽさもプラスできるので、いつもと違う特別感を演出してみて。

きれいめ靴と合わせてお出かけコーデ

モノトーンコーデは暗く重く見えてしまいがち。そんな時はミニスカートで脚を潔く出してみて。デニール数が低めのタイツを合わせて素肌を透けさせると重く見えません。きれいめの靴を合わせて上品さを加えて大人っぽく。

旦那や彼をドキッとさせちゃう!

いつものお買い物にもミニスカートを合わせて出かけてみて。いつもより女性らしい姿に、妻や彼女としてではなく「一人の女性」としてもう一度意識してもらうきっかけになるかも。クールなアイテムやタイツと合わせて、学生っぽく見えてしまわないようにだけ注意して。

〈合わせるアイテム別〉ミニスカートコーデのコツ

ミニスカートと合わせる「アウター」

▼少し大きめの羽織りと腕まくりで大人の余裕感を

ミニスカートにどんなアイテムを合わせれば学生っぽく見えず大人っぽくキマるのか、アウター・トップス・シューズ・小物の4つに分けてご紹介。お手本コーデを参考にミニスカートを使ったきれいめ大人カジュアルにトライしてみて。

▼ボリューミーなアウターも、ミニスカートでスッキリと

見た目もかわいくて暖かいもこもこのアウターは冬に大活躍のアイテム。上はアウターでボリューミーに、下はミニスカートとタイツでタイトなシルエットになるのでメリハリがでます。

▼ロングコートで下半身をカバー

ミニスカートを履きたくても腰回りや脚のラインに自信がない……。という人はロングアウターに頼ってみて。ふんわりとカバーしつつ、ロングコートを風になびかせて颯爽と歩けば、視線を奪う魅力的なスタイリングに。

▼コクーンコートもスッキリ着こなして

コクーンコートはその名のとおり繭玉のように丸みを帯びた女性らしいシルエットのコート。ミニスカートを合せてかわいさをさらにプラス。色をモノトーンでまとめれば大人っぽくキマります。

ミニスカートと合わせる「トップス」

▼ブラウスを合わせてきれいめカジュアル

ミニスカートにTシャツを合わせるのが飽きてきたらブラウスをチョイスしてみて。きれいめなブラウスでミニスカートをクラスアップ。

▼タートルネックトップスで大人っぽく

ピッタリめのタートルネックトップスは温かいうえにボディラインが出るので、露出はしていなのに上品な色気を出せる優秀アイテム。そんな上品な色気の出るアイテムでミニスカートを大人っぽく履きこなして。

▼ボーダーTシャツで程よくカジュアルに

「そこまで張り切ってないけどあの人ってオシャレだよね」と言われる人ってきれいめカジュアルが得意な人かも。カジュアルなボ―ダーTシャツも黒のミニスカートで引き締めるときれいめに仕上がります。ボーダーは細めのタイプをチョイスすると◎。

ミニスカートと合わせる「シューズ」

▼バブーシュで上品に仕上げて

スニーカーを合わせてカジュアルに仕上げるのも可愛いけれど、バブーシュで上品に仕上げるのもかっこいい。このコーデのようにリッチな質感のシューズでコーデを格上げさせてみて。

▼厚底シューズでNOT無難

無難なコーデから脱したいときは足元から変えるのが挑戦しやすい。シンプルなコーデに厚底のシューズを合わせてNOT無難なコーデへ。厚底シューズをつま先とかかとの高低差があまりないものを選べば、見た目の割に安定して歩きやすい。

▼スニーカーでスポーティーに

今すぐにでも走れそうなスポーティーなスニーカーと合わせれば、かわいらしいミニスカートをヘルシーな印象に。トップスはインして脚を長く見せて。足首・手首・首の三つ首を見せて女性らしいスポーティーミックスコーデの完成。

▼フラットシューズでラフに

ヘルシーな脚見せとフラットシューズの組み合わせは、海外セレブもよくしている組み合わせ。「ちょっとそこまでふらっと外出」というようなラフさが大人の余裕感を演出。高級感のある素材のシューズを選ぶことで手抜き感はセーブして。

ミニスカートと合わせる「小物」

▼タイツ・レギンスで防寒&露出セーブ

寒い冬はタイツやレギンスを合わせてしっかり防寒を。露出をセーブできるので「こんな寒い日に生足を出してるなんて……」という冷ややかな視線も気にならない。

▼シンプルコーデにはバッグであそび心をプラス

白Tシャツ×デニムミニスカートというシンプルな定番コーデは、かごバッグが加わるだけで印象にのこるコーデに仕上がります。バッグで遊び心を、アクセサリーできらめきをプラスして、つまらないコーデから卒業してみて。

▼柄バッグでアクセントを効かせて

無地のトップスと無地のミニスカートのコーデに、レオパード柄のバッグでアクセントをトッピング。かわいらしいコーデも辛口な柄でスパイスを効かせて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW