春夏フレンチカジュアルコーデ
FASHION

春夏フレンチカジュアルコーデ【基本アイテム6選】これさえあればOK!

2019/04/12

普段着なのに、なぜかおしゃれに見える「フレンチカジュアル」。MINE世代は、ファッションのテーマとして意識してる人も多いのでは?
ここでは、春夏のフレンチカジュアルのコーデ方法を、押さえておくべき基本アイテムとともにご紹介。
世界基準の”フランス流”おしゃれの極意を知って、コーデの引き出しを増やしてみませんか?

フレンチカジュアルの魅力とは?

フレンチカジュアルは、なぜ色褪せることなく、多くの人を魅了しつづけるのでしょうか?その理由は二つあります。

普段着なのに上品でおしゃれ!

フレンチカジュアルは、高級ブランドで固めた華麗なコーデではなく、ごくシンプルな普段着の着こなしのことを指します。
ボーダートップスやデニム、トレンチコートなど誰もが手にしやすいアイテムを、上品かつおしゃれに着こなすのがフレンチカジュアルの極意。つまり、着こなしのコツさえつかめば、誰でも再現できるのが、多くの人を魅了する理由の1つです。

少ないアイテムでも年中着回せる!

実は、フランスは春夏がとても短く、年間を通して秋冬のような気候が多いのが特徴。クローゼットの「衣替え」もありません。
なので、レザージャケットにキャミソール、素足にブーツなど、季節よりもその日の気温に合わせ、自由にミックスしておしゃれを楽しむのがフランス流。1つのアイテムを年中着回すことができるので、結果的にすごく経済的!というメリットも。

春夏フレンチカジュアル【定番アイテム&お手本コーデ】

ここでは、春夏のフレンチカジュアルで押さえておきたい定番アイテムを6つをピックアップ。着こなし方もお手本コーデとともにレクチャーします。

【定番①】ボーダートップス

ボーダー×白ワイドパンツでマリンルック

フレンチカジュアルの代表的アイテム”ボーダートップス”。まずは、基本のマリンルックからトライ。深いネックラインのボーダートップスと白ワイドパンツで、きれいめマリンルックに。バッグ&スニーカーを白で揃えることで、洗練度がググっと急上昇。

ボーダー×ベージュチノパンで上品カジュアル

エレガントな”ベージュ”を取り入れて、上品なフレンチカジュアルを作るのも◎。ベージュチノパンは、デニムみたいにはきやすいのに品よく見せてくれる優秀アイテム。ベージュストラップサンダルでヌーディーに仕上げた足元も、上品に見えるポイント。

太めボーダーでカジュアルに

インパクトのある太めボーダーを主役に、ちょっとアヴァンギャルドなカジュアルを楽しんでみるのもアリ。黒のテーパードパンツとのモノトーンコーデにすれば、モードな雰囲気漂うカジュアルコーデに!モノトーン配色に、赤のチェーンバッグで差し色を一点加えるのもフランス流おしゃれのコツ。

ボーダー×ベージュジャケット

女性らしいラインを出しつつ、引き締め役にもなる黒スキニー。そんな黒スキニーとボーダートップスの辛口コーデは、上品ベージュジャケットで和らげて。”上品な女っぽさ”と”大人の辛さ”のバランスがとれたスタイリングに。

ボーダー×レザージャケット

ボーダーT×デニムの定番フレンチカジュアルコーデをベースに、黒のレザージャケットで辛口に味付け。レザージャケット&スキニーの切れ味あるコーデを、トートバッグのグレージュカラーで中和して。

【定番②】トレンチコート

ボーダートップス×ロング丈トレンチコート

トレンチコートもフレンチカジュアルに欠かせない存在。自分に合った丈・色のベーシックなトレンチコートを選び、着こなしでオリジナリティを出すのがパリジェンヌのコーデ術。
青ボーダー×デニムの”ご近所”コーデにロングトレンチコートを着流せば、大人カジュアルにたちまちランクアップ。

ボーダートップス×ショート丈トレンチコート

トレンチコートといっても丈は様々。ショート丈トレンチコートなら、ジャケット感覚でコーデに取り入れることができます。コートから白ベースのボーダートップスを見せることで、グッと垢抜けた印象に。

キャメルトレンチ×スキニーデニム

フレアシルエットのトレンチコートは、ベルトをキュッと結んでドレッシーな着こなしに。ボトムスはスキニーデニムですっきり見せることで、トレンチコートが際立ちます。コートのキャメルカラーで、大人のリッチな空気感を纏って。

ベージュトレンチ×バレエシューズ

フレアシルエットのロングトレンチコートを着た時は、コートにボリュームがある分、足元は華奢に見せるのが正解。脚を長く、華奢に見せてくれるのは、パリジェンヌに昔から愛されているバレエシューズ。白ソックスを差し込んで、今っぽいアクセントを作るのもGOOD!

【定番③】ワイドデニムパンツ

ワイドデニム×ベージュトップス

スタイルが良く見えるシルエット重視のフレンチカジュアルでは、脚長に見え安定感あるワイドシルエットのデニムパンツは、押さえておきたいボトムスの1つ。
ベージュトップス×ワイドデニムのシンプルコーデは、ベージュ系小物で揃えたひと手間で、グッとおしゃれなデニムコーデへと変わります。

白ワイドデニム×ボーダートップス

ボーダートップスとデニムを白で揃えた垢抜けマリンコーデ。持ち手がロープになったPVCバッグが、マリンムードを盛り上げます。白ベースのハイトーンコーデは、黒コンバースで程よく引き締めて。

ワイドデニム×赤トップス

深く開いたネックラインの赤トップスは、女っぷりを高めるアイテム。カジュアルなワイドデニムやスニーカーでカジュアルダウンして、媚びない着こなしにするのがパリジェンヌ流。持ち手がレザーの上質カゴバッグで、品の良さを印象付けて。

【定番④】Aラインリネンワンピース

ベージュ×ノースリーブリネンワンピース

ニュアンスのある色・素材感を醸し出すリネンワンピースも、フレンチカジュアルにマストなアイテム。ヘアスタイルや小物使いで自分らしさを表現して。
グレージュのノースリーブリネンワンピースは、フェミニンな気分を高めてくれる一枚。カゴバッグやビーチサンダルなどナチュラルな小物使いで、ラフに着こなして。

濃紺×ノースリーブリネンワンピース

”シック”という言葉がふさわしいミニマムな濃紺ノースリーブワンピース。夏の明るいムードをクールダウンし、落ち着いた印象を与えます。ベージュ系のナチュラル小物で、上品なエッセンスをひとさじ加えて。

紺×半袖リネンワンピース

ボートネックの深めのカッティングがフェミニンな紺の半袖リネンワンピース。デコルテを綺麗に見せるのも、フレンチカジュアルコーデのポイント。大ぶりイヤリングに四角いフォルムのカゴバッグといったモードな小物を合わせることで、洗練された装いに。

【定番⑤】シンプルロゴTシャツ

ロゴTシャツ×ベージュパンツ

ミニマムな組み合わせが基本のフレンチカジュアル。こだわりのロゴTで着こなしに差をつけるのもGOOD。カジュアルなチノパンコーデは、洗練されたロゴデザインがアクセントととなり都会的な装いへとシフト。

ロゴTシャツ×ホワイトパンツ

無地の白Tだと味気ないオールホワイトコーデも、ロゴが1つ入るだけでスタイリッシュなコーデに変わります。ハイウエストのベルテッドパンツやクロスストラップサンダルといった洗練されたアイテム選びもコーデが格上げするポイント。

ロゴTシャツ×デニムパンツ

ロゴTとバッグで赤を効かせた遊び心あるデニムコーデ。シンプルが基本のフレンチカジュアルでは、ロゴと小物の色をリンクさせるなど、小さいポイントにひと手間かけることで、グッとおしゃれ度指数が上がります。

【定番⑥】白シャツ・ブラウス

白ブラウス×デニム

ベーシックな白シャツ&白ブラウスをラフに着崩すのも、フレンチカジュアルでマスターしておきたいテクニック。
リボンベルト付きの白ブラウスなら、ニュアンスある”着崩し”コーデが作りやすい。リボンベルトでウエストをキュッとマークしたら、ブラウスの襟をグッと抜いて。

白スキッパーシャツ×スキニーパンツ

デコルテを綺麗に見せ、ふんわりとしたシルエットを作るスキッパーシャツ。ボトムスはスキニーを合わせれば、トレンドライクな「ゆる×ピタ」シルエットに。シャツのネックラインから、黒インナーをチラッと見せることで、大人の辛口コーデに仕上がります。

白シャツワンピース×ワイドデニム

白シャツワンピース×ワイドデニムの、ニュアンスたっぷりのゆる×ゆるコーデ。パイソン柄パンプスやフリンジピアスの攻め小物をアクセントに引き締めて。

フレンチカジュアルコーデに合う小物は?

シンプルなフレンチカジュアルは、小物もコーデの印象を決める重要な要素。ここでは、フレンチな気分を高める小物2つをピックアップ。

トートバッグ

キャンバストート

コーデにプラスすると、ラフでこなれた雰囲気になるキャンバストート。デニムやチノパン、リネンパンツといったナチュラルなボトムスとも相性抜群。ベージュ系トートなら、さらに上品な印象に。

差し色になる赤トート

差し色1点主義のフレンチカジュアルでは、赤系小物も大活躍!赤トートバッグなら、コーデの差し色になり、細身のミニマムコーデに適度なボリュームを与えます。

バレエシューズ

ボーダートップスコーデ×バレエシューズ

フラットで甲が浅いバレエシューズは、肌を程よく見せて、脚長効果&華奢見せが狙えるアイテム。首の詰まったボーダートップスとチノパンのカジュアルコーデは、バレエシューズでささやかな甘さをプラスして。

白シャツコーデ×バレエシューズ

オーバーサイズな白シャツとベージュパンツのラフなシャツコーデ。ハイウエストパンツにシャツをフロントインすると、脚長効果抜群!ツヤのある黒のバレエシューズとレザー巾着でちょっぴりモードに味付けて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW