80年代ファッション【19選】普段のコーデを脱マンネリ!
FASHION

80年代ファッション【19選】普段のコーデを脱マンネリ!

2020/05/20

現代ファッションのトレンドにも大きく影響している「80年代ファッション」。おしゃれなポイントをばっちり押さえたスタイリングが多く、参考にしたいこと盛りだくさん! そんなリバイバルが止まらない「80年代ファッション」を知って、普段のコーデを脱マンネリ化させよう!

80年代ファッションの特徴とは?

80年代ファッションの特徴とは?のイメージ画像

世の中の景気が上昇し、バブル全開な80年代。若い世代から社会人まで、お金をかけたファッションを楽しむ人が多い時代でした。音楽や若者のライフスタイルが大きくファッションに影響していたことから、豪華でエッジの効いたファッションだけでなく、Tシャツ×デニムのラフスタイルなど、さまざまなスタイリングが流行。そんな多様性のある「80年代ファッション」の特徴を見ていきましょう。

  1. スタイリッシュファッション
  2. ストリートファッション
  3. 映画や雑誌で流行った日本の80年代トレンドスタイル
  4. スーツやジャケットスタイル

【1】スタイリッシュファッション

【1】スタイリッシュファッションのイメージ画像

80年代らしさを演出するのは、ブラックなどのダークトーンのファッション。シックな色合いのなかにどこか上品さを演出できるよう、レザー素材やピッタリシルエットのアイテムを取り入れるのがポイント。

▼個性が光るアイテムたち

個性が光るアイテムたちのイメージ画像

80年代に登場したデザイナーズブランドの影響で、個性的で大胆なアイテムが流行。「コム・デ・ギャルソン(COMME des GARCONS)」や「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」など、大人っぽい雰囲気漂うモードな装いが80年代ファッションを語る上で欠かせない存在。

▼オールブラックやモノトーンスタイル

オールブラックやモノトーンスタイルのイメージ画像

60年代や70年代のカラフルでポップなファッションから一転、80年代ファッションは、落ち着いたモノトーンコーデに人気が集中。現代の大人女子から支持の高いオールブラックコーデも、この頃から定番スタイルに。

▼ひざ下丈の「ハマトラ」スタイル

ひざ下丈の「ハマトラ」スタイルのイメージ画像

日本で流行った「ハマトラ」スタイルも、忘れてはならない80年代ファッションのひとつ。女性誌の企画から誕生した、ひざ下丈スカート×シャツ×ヒールのお嬢様スタイルな装い。現在のきれいめファッションの先駆けとなったスタイルです。

【2】ストリートファッション

【2】ストリートファッションのイメージ画像

エッジの効いたデザイナーズブランドと同時に、若者の日常に浸透していったのがTシャツ×デニム×スニーカーなどのストリートファッション。日本では渋谷や原宿を中心に、最新のおしゃれスタイルとして男女問わず取り入れる人が続出。

▼80年代らしいバンドTシャツ

80年代らしいバンドTシャツのイメージ画像

音楽文化が洋服にも大きく影響した「80年代ファッション」。当時、流行したバンドブームによってヴィンテージ感のある擦れたグラフィティープリントのTシャツや、辛めのロックテイストのアイテムがおしゃれの一部となりました。

▼ウォッシュデニムやスキニー

ウォッシュデニムやスキニーのイメージ画像

ストリートファッションと好相性のデニムがおしゃれ女子の定番に。カジュアルさの増す色あせたウォッシュデニムや、どこかレディな雰囲気を感じさせるスキニーデニムが当時のトレンド。

▼レオパード柄をプラスワン

レオパード柄をプラスワンのイメージ画像

今ではすっかりレディースファッションの一部となっているアニマル柄も、「80年代ファッション」から誕生したもの。海外コレクションで斬新なデザインとして注目されたレオパード柄を取り入れるのが、おしゃれのキーポイントに。

【3】映画や雑誌で流行った日本の80年代トレンドスタイル

【3】映画や雑誌で流行った日本の80年代トレンドスタイルのイメージ画像

「80年代ファッション」が流行したバブル期。ディスコなどでレディたちがこぞって身にまとっていたのが、ボディコンシャスと呼ばれたタイトワンピース。女性の魅力を引き出す細身シルエットとミニ丈が「80年代ファッション」を象徴するものに。

▼アイドルのようなフェミニンコーデ

アイドルのようなフェミニンコーデの画像

テレビで見かけるアイドルのような、かわいらしいフェミニンムードも「80年代」風のスタイル。ピンクやレッドなどの乙女心をくすぐるカラーや、ドールのように太いベルトで絞ったウエストマークも、「80年代ファッション」らしい大きなポイント。

▼ヴィンテージ風フレアワンピース

ヴィンテージ風フレアワンピースのコーデ画像

ヴィンテージ感あふれるチェック柄のフレアワンピースは、ベルトでウエストマークしてメリハリをON。高い位置のウエストマークが80年代っぽい。

【4】スーツ・ジャケットスタイル

【4】スーツ・ジャケットスタイルのイメージ画像

有名ブランドがコレクションで発表し、大注目を集めたパワーショルダー。独特なシルエットが話題を呼び、80年代のおしゃれにはマストなアイテムに。主にジャケットやコートで取り入れられることが多いのが特徴。

▼パワーショルダートップスが流行

パワーショルダートップスが流行のイメージ画像

肩に大きめのパッドが入った「パワーショルダー」は、コーデのアクセントにも使える人気アイテム。フリルなどが付いた甘めののものなら、フェミニンかつヴィンテージな雰囲気に。

▼ショート丈ジャケットは80年代のアイコンアイテム

ショート丈ジャケットは80年代のアイコンアイテムのイメージ画像

ショート丈のジャケットも80年代に流行したもののひとつ。スタイルアップにもつながるのがうれしい。肩パッド入りなら、逆三角形のシルエットが作れるので、低身長さんにもおすすめのアイテムです!

ダサ見えしない【3つのポイント】を押さえる

数々のおしゃれブームの発端となった「80年代ファッション」。ところが時代の流れとともに、ダサ見えするイメージが定着してしまったといえるかも。ここではそんな「80年代ファッション」で失敗しないコツを3つのポイントに絞ってご紹介!

  1. 大人クールなデザイナーズブランドジャケットは羽織る
  2. ラフでおしゃれなストリートスタイルに
  3. ワンピースは上手にカジュアルダウン

【1】大人クールなデザイナーズブランドジャケットは羽織る

【1】大人クールなデザイナーズブランドジャケットは羽織るのイメージ画像

「80年代ファッション」の代名詞であるデザイナーズブランドらしさを取り入れるなら、ジャケットを羽織るのが正解。女性らしいロングワンピースに、メンズっぽいジャケットを羽織るだけで、おしゃれ上級者に。

【2】ラフでおしゃれなストリートスタイルに

【2】ラフでおしゃれなストリートスタイルにのイメージ画像

ムラのある脱色が特徴のケミカルウォッシュデニムは、「80年代ファッション」に欠かせないアイテムのひとつ。一見カジュアルになりすぎてしまうようなTシャツコーデも、とことんラフに仕上げるのが80年代風。

【3】ワンピースは上手にカジュアルダウン

【3】ワンピースは上手にカジュアルダウンのイメージ画像

80年代のレディースファッションとしてインパクトの強い、ボディコンスタイル。コンサバになりがちなタイトスカートだけれど、デニムや太ヒールシューズなどでカジュアルダウンすれば、親しみやすく今っぽいおでかけコーデに。

おしゃれ女子がマネしたいコーデ【12選】

ここからはマネしたくなるおすすめのお手本コーデをご紹介! ただレトロなだけじゃない、おしゃれ見えするテクニックを詰め込んだ「80年代ファッション」のコーデ術をぜひ参考にしてみて。

シンプルカジュアルだけれど、おしゃれなTシャツコーデ

▼やんちゃなバンドTシャツ×派手アイテム

やんちゃなバンドTシャツ×派手アイテムのコーデ画像

カジュアルなのにおしゃれムードがあふれる理由は、「80年代ファッション」らしいバンドTシャツで遊び心をプラスしているから。きれいめな印象が強いタイトスカートも、バンドTシャツ×派手色の効果で、辛さの効いた仕上がりに。

▼MA-1などのメンズアイテム合わせもGOOD

MA-1などのメンズアイテム合わせもGOODなコーデ画像

映画「トップガン」が上映されたのをきっかけに、おしゃれに敏感な若者たちの間でMA-1が爆発的に流行。同時にトレンドインした「レイバン(Ray-Ban)」のサングラスなど、メンズライクなアイテムをレディなフレアスカートと合わせるのが、ダサ見えしない秘訣。

▼黒Tシャツをライダースとデニムで格上げ

黒Tシャツをライダースとデニムで格上げしたコーデ画像

大人顔な黒Tシャツは、辛口なライダース&デニムと好相性。シンプルな装いなので、デニムのシルエットで遊ぶのがコーデの肝。80年代後半のアメリカ映画から流行ったライダースは、羽織るだけでヴィンテージムードを作れる優秀アイテム。

フェミニンを意識したスカートスタイル

▼エッジの効いたアイテムをON

エッジの効いたアイテムをONしたコーデ画像

「80年代ファッション」を意識したパワーショルダーやメタリックアイテムなど、辛口アイテムを積極的に投入すると◎。エッジの効いたアイテムは、大胆に取り入れるのがダサ見えしないコツ。

▼ボリューム袖&フレアミニでとことんかわいく

ボリューム袖&フレアミニでとことんかわいくしたコーデ画像

ふわりと広がった袖と、風にゆれるスカートがかわいらしいミニワンピース。シックな黒でも、プリーツ&ボリューム袖なら大人フェミニンな印象に。80年代女優のような、つばが広くて深いストローハットでさらにフェミニンムードを高めて。

▼ドーリーな甘さを全開に

ドーリーな甘さを全開にしたコーデ画像

ドーリーな雰囲気が「80年代ファッション」らしさを際立たせるフリルワンピース。目を惹くイエローのおかげで、レトロガーリーなスタイリングも主役級に。存在感のある太ベルトでウエストマークすると、スタイルアップ効果も抜群。

メンズっぽいシャツは抜け感を意識

▼デニムONデニムはグレー合わせで優しさをプラス

デニムONデニムはグレー合わせで優しさをプラスしたコーデ画像

デニム人気が高い「80年代ファッション」。一見ダサ見えしそうな上下デニムのコーデは、ルーズに着こなせば一気に上級者スタイルへ転換。男っぽい雰囲気も、グレーのやさしい印象で和らぐ。

▼強めのヒョウ柄シャツをモードに着こなして

強めのヒョウ柄シャツをモードに着こなしたコーデ画像

80年代から爆発的に流行したレオパード柄は、シャツで取り入れるのがおすすめ。ベルトでウエストマークすればコーデしやすい。ミュージカル映画などで流行ったフレアパンツと合わせれば、一気に80年代にカムバック!

▼ヴィンテージシャツをレディにシフト

ヴィンテージシャツをレディにシフトしたコーデ画像

ヴィンテージ感漂う赤の細かいチェックシャツ。ハイウエストのボトムスをベルトでウエストマークし、スクエアのミニバッグを合わせて80年代風に。黒と赤の配色&ピンヒールで、できる女感を醸し出して。

ジャケット使いを極める

▼ベルトを使って上半身にボリュームを

ベルトを使って上半身にボリュームを出したコーデ画像

サテンの光沢感がゴージャスなグリーンのセットアップスーツ。高めの位置でウエストマークをすれば、上半身にボリュームが出せるのでスタイルアップ効果も抜群。パワーショルダー風なシルエットのインナーは、ロゴTシャツで遊ぶと今どきな装いに。

▼バンドTシャツ×ジャケットで80年代を詰め込んで

バンドTシャツ×ジャケットで80年代を詰め込んだコーデ画像

さまざまなカルチャーが入り混じった「80年代ファッション」。こちらは、当時流行したラフなバンドTシャツと、デザイナーズブランドらしいモードなジャケットを組み合わせた80年代MIXコーデ。Tシャツは一枚でワンピース風に着こなすと、女性らしい印象に。

▼ボディコン風のセットアップで女っぽさ全開に

ボディコン風のセットアップで女っぽさ全開にしたコーデ画像

80年代の大人女子の間で流行した「ボディコン」。ミニスカートとジャケットでボディコン風にメイクするのが現代流。タイトスカートは、ジャケットの上からベルトでウエストマークすれば、よりボディラインが際立つ。グレーの色合いでより女性らしく仕上げて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW