インディゴデニムコーデ22選
FASHION

インディゴデニムで叶える大人カジュアル!レディース22選

2019/04/12

濃いブルーで、大人らしく着こなせるインディゴブルーデニム。デニムだからこそ、年中活用できる便利アイテムなのでMINE世代にはぜひオススメしたいアイテム! ここでは、季節ごとに合わせるべきアイテムと一緒にコーディネートをご紹介。

インディゴデニムで春コーデ

ブラウス合わせで綺麗めに

すっきりシルエットのスキニーインディゴデニムには、ふわっとした形の白ブラウス合わせで綺麗めな着こなしに。トレンドのパイソン柄をシューズで取り入れて、スパイスを加えて。

レースでも甘くなりすぎない!

透け感のあるフェミニンレーストップスは、大人カジュアルなインディゴデニム合わせで甘くなりすぎない着こなしに。小物は黒で統一して、シックにまとめて。

フェミニンなニットワンピースをカジュアルダウン

スリットが深いニットワンピースは、インディゴデニムを重ねてカジュアルダウン。小物はニットカラーに合わせたブラウンで統一して、色数は抑えめに。

ボーダーでマリンルック

太めボーダーでカジュアルな装いは、インディゴデニムスカートとラフィアハットでマリンルックにシフト。ヘアはすっきりまとめてパールピアスを覗かせれば、大人の気品漂う装いに。

リブニット合わせでスタイルアップ!

アンクル丈のインディゴデニムには、Vネックのリブニット合わせで程よく肌見せ。強いカラー同士だからこそ、肌を見せて抜け感を作って。

マウンテンパーカーで今っぽカジュアル

ドットブラウスとインディゴデニムのフェミニンスタイルは、カーキのマウンテンパーカー合わせで今っぽくカジュアルダウン。ポイントとして赤バッグをプラスして、華やかさアップ。

定番トレンチコート×デニムをフレンチシックに

春の定番スタイル、トレンチコートとデニムの組み合わせは、インディゴデニムをチョイスしてパリシックな装いに。春らしく、オリーブグリーンのパンプスを添えてブラッシュアップ。

インディゴデニムで夏コーデ

身軽な夏のインディゴデニムコーデは、どんなアイテムを選ぶのかが重要。お手本スタイルを4つピックアップ。

遊び心あるスカートはTシャツもポップに

ロゴ入り白Tシャツなら、切りっぱなしプリーツインディゴデニムスカートを合わせて、大人の遊び心が詰まった着こなしに。ラフィアバッグやネットバッグをプラスして、夏ムードを高めて。

シンプルノースリーブはボトムスにインパクトを

コンパクトな黒ノースリーブトップスには、オーバーシルエットのインディゴデニム合わせでくびれを強調。サマーベレー帽も黒で統一したら、足元にポイントの赤を持ってきて。

ノースリーブニットを綺麗めに

レトロなムードが楽しめるマルチボーダーノースリーブニットは、スキニーボトムス合わせで綺麗めに。インディゴデニムなので、コンサバにならないのが嬉しい! シューズはトップスのカラーを拾ってグリーン統一。

キャミニット

夏らしいオレンジブラウンのキャミニットに、ジャスト丈のガールフレンドインディゴデニムを合わせて上品シルエットをメイク。白アイテムを合わせてコーデを垢抜けさせて。

シャツワンピでスタイルアップ

今っぽさ満載のワンショルダートップスは、ベーシックなインディゴスキニーデニム合わせでバランスをとって。黒地の花柄シャツワンピを羽織って、縦長シルエットを強調。

インディゴデニムで秋コーデ

濃いブルーで、秋スタイルとも相性バッチリなインディゴデニム。しかも、どんなテイストにもマッチするから、思い思いにコーデできるのが嬉しい!

カジュアルミックスなワントーントーンコーデ

正統派ネイビージャケットに、ハイウエストストレートインディゴデニムでハンサムスタイルをメイク。Tシャツとスニーカーもダークトーンで統一して、キメすぎないカジュアルミックスな装いを楽しんで。

ブラウンブラウス合わせで大人顔

インディゴデニムの大人らしさを活かすために、きちんと感のあるブラウンブラウスをON。ハイウエストボトムスとプラットフォームサンダルで楽してスタイルアップできるのが嬉しい。

カーキトップス

インディゴストレートデニムとスニーカーのカジュアルな足元には、袖にパールがあしらわれたカーキトップスでシックに味付け。シルエットがコンパクトだから、大きめのファーバッグをポイントとして取り入れて。

ボリュームカーデで温感アップ

Tシャツとストレートインディゴデニムのすっきりコンビには、オーバーシルエットのボリュームカーディガンでぬくもりプラス。温感を高めるキャメルブーツとブラウンのガンガムチェックバッグ合わせで季節感を高めて。

薄手ブルゾンとを綺麗めにする方法

トレンドアイテムとして浮上しているバイカラーブルゾンは、スキニーインディゴブルーと華奢パンプス合わせで綺麗めにシフト。ホワイトのシューズで足元を軽やかに演出。

インディゴデニムで冬コーデ

最後に、冬コーデのインディゴデニムをご紹介。ベーシックなデニムだからこそ、手持ちのアウターとコーデしても難なくマッチ。

ゆるニット合わせでメリハリシルエット

すっきりとした脚元を叶えるスキニーインディゴデニムとブーツの組み合わせには、ルーズなヴィヴィッドカラーニットを合わせて立体感をメイク。

ホワイトとコーデして冬でもブライトアップ

ダークトーンでまとめがちな冬こそ、ホワイトニットとアウターで気分まで明るく。アウターが綺麗めだから、インディゴデニムとスニーカーでカジュアルダウンが好バランス。

モノトーンコーデは差し色を効かせて

インディゴスキニーデニムとビッグアウターでメリハリを作れば、同じトーンでも立体感のある着こなしに。バッグのスカーフとシューズでヴィヴィッドカラーを効かせれば、モノトーンのマンネリ回避。

ダウン合わせでメンズライクに

太めロールアップで今っぽさを高めたインディゴデニムは、カーキのダウンとスニーカー合わせでメンズライクなストリートスタイルに。アイグラスとニットキャップで顔周りのおしゃれも忘れずに。

ブラウンコート合わせでお上品に

ダークトーンに優しいブラウンが効いた上品スタイル。ホワイトソックスやチェック柄マフラーを効かせれば、ベーシックカラーコーデも見違える。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW