バンドカラーシャツでコーデ21選
FASHION

バンドカラーシャツでコーデを更新!レディースお手本コーデ21選

2019/04/12

コーデに欠かせないシャツですが、定番なだけにシャツコーデはマンネリしがち…。
そんな時は、定番シャツに新たな仲間を入れてみるという方法も!
レギュラーカラーシャツよりもカジュアルな「バンドカラーシャツ」は、定番シャツに加えて欲しいものの1つ。
ここでは、そんな「バンドカラーシャツ」の魅力とお手本コーデをご紹介。
いつもの定番シャツを、新たにアップデートしてみてはいかがでしょうか?

バンドカラーシャツとは?

バンドカラーシャツの”バンド”とは、布や革などの細長い帯のこと。つまりバンド状の布が付いた襟のことをいい、スタンドカラー(立ち襟)と言われることもあります。
着た感じとしては、レギュラーカラーシャツよりも”かっちり感”が薄れ、ややカジュアルな印象に。また、メンズアイテムとしてメジャーなため、女性が着るとハンサムで凛とした雰囲気を演出します。

『定番の白』を使ったバンドカラーシャツの季節別コーデ

まず、押さえておきたいのが定番白のバンドカラーシャツの着こなし。
普通の白シャツ同様、オールシーズン使える着回しアイテム。
春夏はシャツ一枚でこなれて見える着こなし方を、秋冬はアウターとの合わせ方を中心に解説します。

春夏

▼白バンドカラーシャツ×サロペットワンピース

”かっちり感”が少ない分、ナチュラルアイテムともマッチしやすいのがバンドカラーシャツのいいところ。サロペットワンピースにINして、優しい雰囲気と清潔感を兼ね備えた着こなしに。

▼白バンドカラーシャツ×サスペンダー×デニムワイドパンツ

ブルーワイドデニムと合わせた春夏らしい爽やかコーデ。バンドカラーシャツは襟が短い分、あっさり見えるので、サスペンダーでアクセントをつけるのも◎。キュートなデニムスタイルは、レースアップパンプスでフェミニン要素をひとさじ加えて。

▼白バンドカラーシャツ×スキニーデニム

シャツ×デニムのシンプルなワンツーも、バンドカラーシャツなら新鮮。シャツのボタンを開けるとヘンリーネックになり、顔まわりをすっきりクールに見せてくれます。シャツの裾をアシンメトリーにINすることで、こなれたデニムスタイルに。

▼白バンドカラーシャツ×ストライプ柄フレアスカート

白バンドカラーシャツをフレンチテイストに味付け。ストライプ柄スカートやラウンド型かごバッグといった可愛いアイテムも、ブラウン系でまとめることで落ち着いた印象に。

秋冬

▼白バンドカラーシャツ×チェックテーパードパンツ

シックなガンクラブチェック柄テーパードパンツと合わせて、秋冬仕様にシフト。ハンサムなアイテム同士は、ミニショルダーやベレー帽などレディアイテムで女性らしさをさりげなく漂わせて。

▼白バンドカラーシャツ×ストレートデニム

モード感漂うボックスシルエットのバンドカラーシャツ。そのままタックアウトで合わせるだけで、デニムコーデが決まります。シャツに合わせて、バッグ&スニーカーも白系にまとめることで、重くなりがちな秋冬のデニムコーデがグッと垢抜ける!

▼ライダースジャケット×白バンドカラーシャツ

ワイルドなライダースジャケットも、バンドカラーシャツをインナーにすればすっきりと上品な印象に。秋冬のダークカラーコーデに、クリーンなシャツとバッグが際立ち、メリハリのあるコーデに。

▼トレンチコート×白バンドカラーシャツ

白バンドカラーシャツにカーキのトレンチコートをONして、辛口カジュアルスタイルに。
チュニックシャツとコートとのロング丈同士のレイヤードは、タイトなボトムスをチョイスすることでスッキリ見えます。バッグ&スニーカーのメタリックな輝きが、クールで切れ味のあるコーデへと高めています。

人気の『ストライプ柄バンドカラーシャツ』で着回しコーデ

続いて、人気が高まっているストライプ柄バンドカラーシャツの着回しコーデをご紹介。
ストライプ柄バンドカラーシャツは、縦ラインが強調されてスタイルアップが叶い、凛とした空気感を作ってくれる優秀シャツ!シャツがキリっとしている分、メイクやヘアスタイル、小物使いで、どこかに甘いポイントを作るとちょうどいいバランスに。

バンドカラーシャツ×ワイドパンツ

オーバーサイズなストライプ柄バンドカラーシャツとワイドパンツとの、メンズライクなゆる×ゆるコーデ。アップヘア&足元の肌見せと、上下でヌケ感を作ることですっきり見せに成功。シンプルコーデは、”編みバッグ”で旬なアクセントをプラスして。

バンドカラーシャツ×テーパードパンツ

裾がまっすぐになっているボックスカットのバンドカラーシャツは、ブラウスっぽく着れる一枚。デニムと合わせてもどこかフェミニンな印象に。大ぶりイヤリングでクラシカルなテイストに仕上げるのも◎。

バンドカラーシャツ×ベイカーパンツ

辛口なカーキベイカーパンツと合わせる時は、バンドカラーシャツの襟をグッと抜いたフェミニンな着こなしでバランスを調整。小物はベイカーパンツと馴染みやすいベージュ系で統一することで、まとまりのあるコーデに。

バンドカラーシャツ×チノパン

清潔感あるブルーベースのストライプ柄バンドカラーシャツを、チノパンでカジュアルダウン。シャツのフロントインと袖のロールアップでこなれ感を出しつつ、黒の細ベルトで品の良さはしっかりキープして。

バンドカラーシャツ×フレアスカート

品の良いピンストライプのバンドカラーシャツは、トラッドスタイルと好相性。黒フレアスカートとのコーデをベースに、ベレー帽やローファーでトラッドに味付け。真っ白なビッグトートを合わせれば、シャツの白と相まって洗練されたコーデへとランクアップ。

バンドカラーシャツ×ギャザースカート

メンズライクなバンドカラーシャツを、タック使いとゴールドメタルボタンでフェミニンにアレンジした一枚。ネイビーフレアスカートと合わせて、爽やかマリンコーデに。バッグに結んだスカーフとシルバーのバレエシューズで華やかさを添えて、遠出したくなるような春のお出かけコーデが完成。

『色や形を変えて』バンドカラーシャツのコーデを楽しもう

白やストライプ柄以外にも、バンドカラーシャツは色・形のバリエーションがたくさん!ここでは、黒・ネイビー・水色・ベージュのバンドカラーシャツの着こなしを紹介。色によって変わる雰囲気や着こなしをチェックしてみて。
また、甘くないワンピーススタイルにしてくれる、バンドカラーシャツワンピースのコーデも要必見。

▼黒バンドカラーシャツ×グレーワイドパンツ

とろみ素材のギャザー入りバンドカラーシャツは、女性らしさとモード感を兼備した一枚。ラップ風ワイドパンツを合わせてモードな装いへと振ったら、小物で華やかさを加えるのが◎。斜めにかけたチェーンバッグと白ソックスが、ダークコーデのアクセントに。

ネイビー

▼ネイビーバンドカラーシャツ×グレーチェックフレアスカート

糖度高めなフリルデザインがポイントのバンドカラーシャツ。落ち着いたグレーチェックスカートにタックインして、甘さ控えめなガーリーテイストを楽しみたい。スカートに合わせて、グレーソックスをチョイスしているのがコーデがまとまるポイント。

水色

▼水色バンドカラーシャツ×白ワイドパンツ

爽やかな色合わせがまぶしい、水色バンドカラーシャツ×白ワイドパンツのカジュアルコーデ。旬なキャップを合わせてボーイッシュにまとめつつ、足元のストラップパンプスでさりげなく女性らしさを演出して。

ベージュ

▼ベージュバンドカラーシャツ×テーパードデニム

麻素材のベージュバンドカラーシャツは、リラックスムードを薫らせつつ、どこか上品でシックな印象。デニムと合わせる時も、大人っぽくするのがベスト。レザーバッグやエナメルローファーといった上級小物でクラス感あるデニムスタイルに仕上げて。

シャツワンピース

▼バンドカラーシャツワンピース×デニム

辛口カーキカラーとすっきりとした襟元で、クールに着こなせるロング丈のバンドカラーシャツワンピース。一枚でも着れますが、サイドのスリットからデニムやレギンスをさりげなく見せると、今っぽい着こなしに。

▼バンドカラーシャツワンピース×チノパンツ

コットンリネンのバンドカラーシャツワンピース×チノパンツのナチュラルムード漂うデイリーコーデ。シンプルコーデは小物使いでオリジナリティを高めたい。トウシューズ風の甘いレースアップシューズが差の付くアクセントに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE