白シャツのインナー【16コーデ】
FASHION

白シャツのインナーにもう迷わない! チラ見えしてもおしゃれに決まる【16コーデ】

2019/04/23

大人女子のおしゃれに欠かせない「白シャツ」ですが、中途半端なインナーが見えてしまったり透けたりすると、一気に野暮ったくなってしまう問題も……。リネン素材などを軽やかに着こなすのが主流の今期は、より悩んでしまいますよね。
そこで、おしゃれさんのお手本コーデを元に、チラ見えしてもおしゃれに決まるバランスを徹底調査! ちょっとの工夫で見違えるので、ぜひ試してみて。

白シャツのインナーに迷ったら『定番カラー』を合わせよう

白シャツのインナーに何を合わせればいいか分からない……。そんなときは、定番カラーのタンクトップorキャミソールを合わせれば失敗ゼロ! 辛めに仕上げるか、それともナチュラルに仕上げるか、インナーの色で微調整できるのも嬉しいポイント。

白シャツ×黒のタンクトップ

スキッパー衿の白シャツから、黒のタンクトップを覗かせてデコルテをシャープに引き締め。シャツ以外をオールブラックでまとめて辛めなスタイリングに。黒インナーなら、白シャツをハンサムに着こなせます。

白シャツ×黒のキャミソール

こちらは、刺繍が施された甘めな白シャツのインナーに黒のキャミソールを入れて、あえて透けさせたコーデ。黒を透けさせることで、甘さ控えめな大人バランスにアップデート! イエローのパンツでフレッシュさを加えて春夏らしく仕上げて。

白シャツ×グレーのタンクトップ

ニュートラルなグレーのインナー×白シャツは、どんな色のボトムスともなじみが良好な最強の組み合わせ。タンクトップなら程よくカジュアルさをプラスできるので、デイリーユースにピッタリです。ワイドパンツ&スニーカーでトレンドカジュアルに。

白シャツ×グレーのキャミソール

グレーキャミソール×白シャツの上品な組み合わせで、カジュアルなジョガーパンツをキレイめにブラッシュアップしたスタイリング。キャミソールの細い肩ヒモなら、白シャツから透けて見えても野暮にならず大人っぽい。

白シャツ×ベージュのタンクトップ

白シャツのインナーをなるべく透けさせたくないなら、肌の色に近いベージュを選んで。抜き襟からベージュのタンクトップをチラ見せすれば、ナチュラルな雰囲気も演出できます。淡い色合いでトップスをまとめれば、ダークカラーのボトムスを合わせても軽やか。

白シャツ×ベージュのキャミソール

ぺプラムデザインの白シャツのデコルテから、ベージュキャミソールを覗かせたコーデ。カーキパンツとベージュ小物のアースカラーでまとめて、爽やかな春夏コーデが完成。ベージュインナーの控えめな存在感が、シャツのデザインを引き立てます。

白シャツ×白のタンクトップ

白シャツ×白インナーは、クリーンな雰囲気で爽やかさNo.1! シャツをルーズに着こなしてタンクトップを覗かせても、清潔感が漂ってヘルシーな仕上がりに。深みカーキのワイドパンツと黒パンプスで大人な上品コーデに。

白シャツ×白のキャミソール

こちらは、白シャツのインナーにレースパイピングの白キャミソールをIN。白のクラス感が、広く開いたデコルテを上品に格上げしてくれます。デニム&スニーカーでカジュアルに仕上げてもどこか女っぽくて素敵!

透けるからこそ『白シャツ×色付きインナー』に挑戦

白シャツの透け感をあえて活かして、色付きインナーにチャレンジすれば、一歩先行く上級コーデが実現。一見難しそうに見えるけれど、合わせるアイテムの色味を抑えればとっても簡単におしゃれ見えします。ベーシックな白シャツをワンランクアップしてくれるテクニックだからこそ、ぜひTRYしたい!

白シャツ×カーキのインナー

白シャツのインナーに、ミルキーな色合いのカーキタンクトップを合わせてワントーンコーデのアクセントに。グリーン系のインナーなら、プリミティブなナチュラルさで今っぽい着こなしが狙える!

白シャツ×ピンクのインナー

ピンクのインナーを使えば、カラーレスな白シャツコーデの血色感をアップ! 顔映えが華やかになって女性らしいシャツコーデが楽しめるはず。インナーに色を投入した分、ボトムスは落ち着いたモカカラーで大人っぽく。

『白シャツワンピース×インナー』のおすすめコーデ

普通丈の白シャツと同じく、白シャツワンピースもインナー選びに迷いがち。羽織りとしても使えるからこそ、インナーの合わせ方が重要になってくるのも悩ましいですよね……。おしゃれさんの白シャツワンピース×インナーコーデを参考にしながら、ベストなバランスを探りましょう!

ワンピースからチラッとインナーを見せる

▼白シャツワンピース×グレーキャミソール

シャツワンピの前を閉じて着こなすときは、インナーちら見せで奥行き感をアップさせるとおしゃれ見えが叶う。グレーのキャミソールを胸元から覗かせて。デコルテの露出調整にも◎。デニムを重ねれば透け問題はオール解消!

▼白シャツワンピース×黒タートルネック

ちょっとモードな気分の日には、タートルネックトップスをINしてエッジを効かせるのもアリ。白×黒のメリハリ配色でスパイシーに決めて。袖口からもインナーを見せて、全身に統一感を持たせるとバランスアップ。

インナーをメインに白シャツワンピを羽織る

▼白シャツワンピース×ベージュキャミソール×ワイドパンツ

白シャツワンピースを羽織りとして使う場合は、よりインナーにこだわりたいもの。ナチュラルなベージュインナーなら、今どきなリラックス感が手に入る! ハイウエストのワイドパンツにタックインで脚長見えも忘れずに。

▼白シャツワンピース×黒タンクトップ×デニム

こちらは、黒タンクトップ×デニムのミニマルコーデに白シャツを羽織った大人カジュアル。インナーをダークカラーでまとめてIラインを際立たせると、スッと縦長見えに。メリハリが効いたスマートな装いが完成。

【番外編】白Tシャツに合うインナーはこれ!

白シャツと同じく、春夏に大活躍してくれる「白Tシャツ」ですが、こちらもインナー選びに迷うアイテム。透け問題を解消しつつ、見えてもおしゃれなインナーを上手にセレクトするのがポイントです。ぜひお手本コーデを真似してみて。

白Tシャツ×黒タンクトップ

スキッパー衿の白Tシャツは、広く開いたデコルテが間延びしてしまうことも。そんな時は、メリハリのつく黒タンクトップをチラ見せして引き締めるとバランス◎。インナーをあえて見せることで、シンプルなワンツーコーデがぐっとあか抜けます。

白ノースリーブTシャツ×黒ベアトップ

ノースリーブタイプの白Tシャツは、透け感はもちろんですが、脇の隙間から下着が見えてしまうのも気になる所。ベアトップなら、下着を隠しておしゃれに問題解消してくれます。スカートと色をあわせた黒ベアトップでさりげなく統一感を。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW