レディースのジーンズロールアップ正解コーデ
FASHION

【ジーンズロールアップ】やり方の正解は?レディースコーデを徹底解説

2019/04/12

いつものジーンズ、ロールアップするだけで印象がガラリと変わる! けれど、そのロールアップ方法の正解がわからない…… そんな悩める人たちに向けて、幅で変わる「ダサくならない」ロールアップ術をご紹介。実際のコーディネートと一緒に紹介しているから、参考にしてみて。

ロールアップ『幅』でジーンズの印象が変わる!

ロールアップといっても、その方法は様々。幅によって印象が変わるから、コーデによってロールアップ幅を変えるのがおしゃれさんの基本! では、早速実際のコーデでチェックしてみて。

『細め』幅のロールアップデニム

▼細めロールアップで綺麗めカジュアルスタイル

細めのロールアップなら、デニムがきれいめな印象に。写真のように、華奢サンダルとの相性もバッチリなので、大人らしくまとめたい時にぴったり。

『普通』幅のロールアップデニム

▼定番ロールアップだからこそ他のアイテムを今っぽく

細すぎず、太すぎない普通幅のロールアップ。折り返す回数は、すっきりしたシルエットを作るために1回が基本! 定番のテクだからこそ、デニムのシルエットを今っぽいものに新調したり、トレンド小物を取り入れてみて。

『太め』幅のロールアップデニム

▼太めロールアップなら今っぽい表情に

大きく折り返して裏地をあえて見せることで、今っぽい表情が加わる太めのロールアップ。ソックスとパンプス合わせなら、足元だけでもおしゃれ見え確実。

【春夏】ロールアップデニム〈靴別〉コーデ

ここでは、春夏にぴったりなロールアップデニムコーデをご紹介。合わせる靴別にピックアップしているから、手持ちのアイテムと照らし合わせて参考にしてみて。

ロールアップデニム×スニーカー

▼ボーダーはライトトーンで爽やかに

春夏らしい爽やかなボートネックボーダートップスは、ライトブルーデニムやベージュのアイテムで明るくまとめて。カジュアルスタイルだからこそ、ロールアップで足首を覗かせてこなれさせて。

▼黒合わせで子供にならないデニムオールインワン

ゆったりシルエットのライトブルーデニムオールインワンは、黒の力を借りて大人にまとめて。ロールアップでシューズの色を覗かせればぐっと引き締まった印象に。

▼ロールアップでより爽やかに

ペールカラーでまとめた軽やかルックは、ロールアップでより抜け感を作って。細めのロールアップなら、カジュアルスタイルを綺麗めにしてくれるから嬉しい。

ロールアップデニム×サンダル

▼大人でもトライできるデニムサロペットスタイル

子供っぽくなりがち? と心配なサロペットは、さりげないテクでおしゃれ見えを叶えて。太めロールアップで今っぽい足元を作ったら、シルバーアクセサリーやPVCバッグで都会派にシフト。服がゆったりしているから、ヘアはすっきりまとめ髪が好バランス。

▼定番カジュアルルックは小物で大人に

こんなふうに、裏側も同じカラーのデニムなら、折り返しても大人らしくまとまる。ロゴTシャツとデニムでカジュアルにまとめたら、黒小物とラフィアハットでナチュラルに仕上げて。

▼テーパードのシルエットを活かす

テーパードデニムには繊細なロールアップできれいめに。エキゾチックなガウンを羽織ったら、いつものTシャツデニムスタイルが見違える! 夏にあえてファーサンダルというチョイスが粋。

ロールアップデニム×パンプス

▼カジュアルときれいめのバランスを楽しんで

ワンピースとして活躍する花柄ガウンとパンプスのフェミニンスタイルは、ダメージデニムを組み合わせてカジュアルダウン。トップスが首詰まりだからこそ、ボトムスはロールアップで抜け感を作って。

▼決定! 大人の定番ワンツールック

いつものTシャツとデニムが間違いなく大人らしく決まるコーデ。白Tシャツはコンパクトサイズできれいめにしたら、ライトブルーガールフレンドデニムで程よい抜け感をON。ブラウンベルトとホワイトパンプスを添えて、大人らしくアップデート。全体のカラーが明るいので、フレッシュな印象に。

【秋冬】ロールアップデニム〈靴別〉コーデ

次に、秋冬のロールアップデニムのコーデを靴別にご紹介。秋冬はアイテム数が増えるからこそ、ロールアップで抜け感を作ってみて。

ロールアップデニム×スニーカー

▼太めロールアップで足元を主役に

ワイドパンツの裾を大きくロールアップすることで、主役級の仕上がりに。インディゴデニムなので、他のモノトーンカラーと馴染みカジュアルになりすぎないのが嬉しい。小物は黒アイテムですっきりとさせて。

▼迫力大なボトムスはトップスで引き算

フリンジカットのワイドデニムをさらにロールアップした個性派ボトムスには、色馴染みの良いコンパクトトップスで引き算。全体がダークカラーでまとまっているから、バッグのイエローをポイントに。

▼春色はボトムスで大人見え

春らしいペールピンクのトップスは、インディゴブルーデニムで落ち着かせて。太めにロールアップした裾がポイントになり◎。アウターの色を拾ったバッグを合わせて、全体の色数は抑えめに。

ロールアップデニム×パンプス

▼ハンサムレディの作り方

ライダースジャケットには、きれいめのスキニージーンズとボルドーパンプス合わせでハンサムにまとめて。ダークトーンスタイルの時は、ロールアップで足の甲を覗かせて抜け感を作って。

▼ぬくもりとスタイルアップを叶えるなら?

オーバーサイズアウターとマフラーのスタイルは、暖かいけど寸胴になりがち…… そんな時は、ジーンズのロールアップで足首を見せて華奢見せ! 全体を寒色でまとめてすっきりとさせて。

▼ほっこりブラウンを大人見えさせる

秋冬気分が高まるほっこりトップスとブラウンアウターのまろやかな組み合わせには、ロールアップジーンズと黒パンプス合わせで大人らしく引き締め。

▼+ソックステクがオススメの理由

インディゴブルーデニムと黒のバレエシューズでシックな足元を作ったら、ホワイトソックスを合わせておしゃれ感度高めに。防寒はもちろんのこと、いつものスタイルが見違えるからトライしてみて。

ロールアップデニム×ブーツ

▼ロールアップ×ショートブーツの丈感が絶妙!

すっきりとした足元に導くテーパードデニムは、ブーツの丈に合わせてロールアップ。タートルネックニットとデニムの定番スタイルも、真っ白なブーツ合わせでモードな装いに。

▼さりげない赤見せを効かせる

冬らしいカラーでまとめた定番カジュアルスタイルは、赤ソックスと黒ブーツ合わせで物足りなさ回避。定番カラーに落ち着きがちな冬も、足元で色遊びを楽しんで。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE