【Vネック】に合わせる『インナー』はどうする?アイテム別レイヤード術29選
FASHION

【Vネック】に合わせる『インナー』はどうする?アイテム別レイヤード術29選

2020/06/25

首元を美しく見せてくれるVネックのトップスは、一年中活躍してくれる万能アイテム。でも「どんなインナーを合わせればいいの?」と悩む人も多いはず。そこで今回は、合わせたいインナーの形や色のほか、おしゃれさんのレイヤード術をご紹介。ぜひ参考にしてみて。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

  1. Vネックに合うインナーは?
  2. インナー選びの基本は「隠す」or「見せる」
  3. 【ブラウス/シャツ】に奥行きをプラス
  4. 【ワンピース/オールインワン】は配色を意識して
  5. 【ニット/セーター】合わせで着ぶくれ防止
  6. 【カーディガン】にはコンパクトなインナーが好相性
  7. 【プチプラ】インナーの活用法
  8. この記事で紹介された商品の一覧

Vネックに合うインナーは?

はじめに、Vネックに合うインナーを形・色別にご紹介。インナー選びに迷っている人は、まずこちらからチェックしてみて。

形別

▼キャミソール

キャミソールの画像

一番基本的な、キャミソールのインナー。Vネックから見せるときはもちろん、見せないときにも使えるため、ワードローブに欠かせないアイテムです。

▼タンクトップ

タンクトップの画像

キャミソールに続き、こちらも定番となっているタンクトップ。いつものVネックトップスに重ね着したら、たちまち旬顔に。

▼ベアトップ/チューブトップ

ベアトップ/チューブトップの画像

肩紐を気にしたくないときには、ベアトップやチューブトップがおすすめ。最近はカップ付きのものも多く、これ一枚で下着代わりになるのもうれしいポイント。

▼半袖/長袖

半袖/長袖の画像

秋冬に欠かせないVネックニットにおすすめのインナーは、シンプルな半袖のTシャツや長袖。ニットのチクチク感も気にならず、防寒もばっちり。

色別

▼黒

黒のインナーの画像

普段の着こなしをキュッと引き締めてくれる、黒のインナー。黒のトップスでなじませても、こんな風に白のトップスでメリハリをつけても◎。

▼おすすめアイテム

無印良品 綿でさらっとキャミソール

無印良品 オーガニックコットンフライスタンクトップ

▼白/アイボリー

白/アイボリーのインナーの画像

白やアイボリーのインナーは、合わせるトップスの色を選ばないのがうれしいところ。定番の白ブラウスや白Tなどに合わせると意外と透けてしまうので、旬の「見せるインナー」として着こなしてみて。

▼おすすめアイテム

無印良品 綿でさらっとキャミソール

無印良品 オーガニックコットンフライスタンクトップ

▼グレー

グレーのインナーの画像

優しげな雰囲気を叶えてくれるのが、グレーのインナー。明度の高いVネックトップスに合わせても透けにくく、インナーを見せたくないときに重宝します。

▼おすすめアイテム

nissen ブラトップ キャミソール

無印良品 オーガニックコットンリブタンクトップ

▼ベージュ/モカ

ベージュ/モカのインナーの画像

肌なじみのよいベージュやモカのインナーは、透け感のあるトップスにも自然となじんでくれます。見せるインナーとしても活躍してくれるため、一枚持っておくととても便利。

▼おすすめアイテム

無印良品 綿でさらっとキャミソール

lilii kupulau シームレス タンクトップ

インナー選びの基本は「隠す」or「見せる」

Vネックのインナーは、「隠す」か「見せる」のどちらかを意識するのがポイント。さっそく、それぞれの着こなしのコツをチェックしていきます。

インナーを「隠す」とき

インナーを「隠す」ときの画像

インナーを隠したいときは、透けない色と素材を選ぶことが大切。明度の高いトップスを着るときには、ベージュやモカなどの、肌なじみのよい色を選ぶと◎。素材もコットンやサテン生地など、トップスに響かないものを選んでみて。

インナーを「見せる」とき

インナーを「見せる」ときの画像

ここ数年トレンドとなっている「見せるインナー」は、なりたい印象に合わせてトップスとインナーの配色を選んでみて。優しい雰囲気にしたいときには主張しすぎないグレーや白、大胆に見せたいときやメリハリをつけたいときには黒がおすすめ。

【ブラウス/シャツ】に奥行きをプラス

春夏に欠かせないブラウスやシャツは、インナーを見せることで奥行きのある着こなしに。ここでは、インナーを「隠す」コーデと「見せる」コーデをたっぷりご紹介。

デザイン性のあるシャツはインナーを隠して

デザイン性のあるシャツはインナーを隠した画像

裾がアシンメトリーになった、白のスキッパーシャツ。デザイン性の高いアイテムは本来の魅力を引き出すために、インナーは隠した方が◎。艶のあるシャーベットグリーンのワイドパンツを合わせ、トレンドを存分に意識。

バックシャンデザインの魅力をアップさせて

バックシャンデザインの魅力をアップさせたコーデ画像

トレンドのバックシャントップスは、インナーは見せないのが基本。背中の開いたキャミソールなどを合わせ、美しい後ろ姿を魅せてみて。

セットアップの引き締め役に

セットアップの引き締め役にしたコーデ画像

バックリボンが素敵な、リネン素材のセットアップ。シルエットがぼやけてしまいがちなブラウンのワンカラーコーデは、さりげなく黒のインナーをのぞかせてメリハリをつけて。ゴールドのバングルを添えれば、デートにもぴったりなエレガントスタイルの完成。

白のキャミソールでなじませる

白のキャミソールでなじませたコーデ画像

白のVネックブラウスは、さりげなく抜き襟にして白のキャミソールをチラ見せし、首元をより美しく。タックの入ったカーキのワイドパンツを合わせ、縦ラインを意識すれば、オフィスにも最適な上品な装いに。

レースのネックデザインに安定感を

レースのネックデザインに安定感を出したコーデ画像

贅沢なレース刺しゅうがかわいらしい、白のブラウス。深いVネックデザインの中にインナーを仕込めば、胸元の開きも心配無用。アシンメトリーになった水色のロングスカートを合わせ、爽やかな夏の装いに。

上品な肌見せのおよばれスタイル

上品な肌見せのおよばれスタイルのコーデ画像

光沢感のあるライトベージュのブラウスは、バルーンスリーブのようなかわいらしい袖が上品な印象。同色のキャミソールをなじませて、ブラウスの魅力を引き立てて。ショート丈のブラウスには、ワイドパンツを合わせて脚長効果を狙うと◎。

【ワンピース/オールインワン】は配色を意識して

一枚でコーデが決まるワンピースやオールインワンは、色の面積が広いためインナーとの配色により気を配りたいところ。お手本コーデを参考にしてみて。

リブタンクトップでさりげない縦ラインを

リブタンクトップでさりげない縦ラインにしたコーデ画像

夏にぴったりの、リネン素材の半袖ワンピース。付属の紐でウエストマークしたら、リブタンクトップをチラ見せし、縦ラインを強調してスタイルアップを狙って。あえてスニーカーで外すことで、気負わない印象に。

ベーシックなシャツワンピースに個性を添えて

ベーシックなシャツワンピースに個性を添えたコーデ画像

ベーシックな白のシャツワンピースのボタンを開けて、インナーを大胆に見せたきれいめスタイル。インナーと裾からのぞかせたレギンスをベージュでそろえ、統一感を意識して。ファーバッグを添えれば、秋を先取りしたヘルシーな着こなしに。

黒キャミソールをチラ見せしてメリハリをON

黒キャミソールをチラ見せしてメリハリをONしたコーデ画像

夏にぜひ着こなしたい、爽やかなブルーのノースリーブワンピース。インナーや小物を黒で統一し、ナチュラルさのなかにきちんと感を醸し出して。上品な印象のワンピースをコンフォートサンダルで外せば親しみやすい雰囲気に。

ジャンプスーツはインナーを見せずヘルシーに

ジャンプスーツはインナーを見せずヘルシーにしたコーデ画像

今季トレンドアイテムのジャンプスーツは、一枚で「できる大人」な雰囲気を漂わせてくれる優秀アイテム。インナーを見せずにさらりと着こなして、ハンサムな装いに。

Vネック×お団子ヘアで首元を美しく

Vネック×お団子ヘアで首元を美しくしたコーデ画像

オケージョンスタイルにぴったりな、深みのあるベージュのセットアップ。ウエストをしぼったデザインがかわいらしく、着るだけで華やかな雰囲気に。インナーは見せずに、髪をまとめて首元を美しく。赤の小物を差し色に、色っぽい大人の装いを完成させて。

白シャツを重ねてマニッシュに

白シャツを重ねてマニッシュにしたコーデ画像

ノースリーブタイプのニットワンピースに、白シャツワンピースを重ねた技ありスタイル。Vネックから白シャツをのぞかせて、さりげない大人の肌見せを。スクエアトゥブーツを添えて、トレンドを意識したマニッシュコーデに。

【ニット/セーター】合わせで着ぶくれ防止

ボリュームのあるニットやセーターは、着ぶくれが心配なことも。引き締め効果のある黒やブラウンなどのインナーを合わせ、メリハリのある着こなしを目指して。ウールなどのチクチクする素材には、長袖のインナーを取り入れると◎。

シンプルなオフィススタイルは見せても見せなくても◎

シンプルなオフィススタイルは見せても見せなくても◎なコーデ画像

グレーのVネックニットとインディゴブルーデニムを合わせた、シンプルなオフィススタイル。あえてインナーを見せずに、すっきりとした首元をアピール。

カシュクールニットから同色のインナーをチラ見せ

カシュクールニットから同色のインナーをチラ見せしたコーデ画像

数年前からじわじわと人気を集めている、カシュクールニット。深いVネックのデザインが多いため、「見せるインナー」で奥行きのあるスタイルを目指して。リブデザインでそろえて縦ラインを意識し、すらりとした美しいシルエットに。

メッシュニットは大胆にインナーを見せて

メッシュニットは大胆にインナーを見せたコーデ画像

春夏に取り入れたい涼しげなメッシュニットには、タンクトップのインナーがおすすめ。適度な肌見せを叶えてくれるので、エアリーなシルエットが手に入ります。主張しすぎない柄パンツと合わせ、上級者のコンフォートな装いに。

ブラックコーデに個性をプラス

ブラックコーデに個性をプラスしたコーデ画像

上下黒を選んだ場合には、白のインナーをのぞかせれば素材違いの黒が引き立った印象に。バッグやソックスを白で統一させれば、メリハリのあるモノクロスタイルが完成。

ニットと同色でさりげないレイヤードに

ニットと同色でさりげないレイヤードにしたコーデ画像

女性らしいグレンチェックのワイドパンツを主役に、トップスはコンパクトな黒ニットをチョイス。ボトムスの魅力を際立たせたいときは、ニットのインナーは同色でなじませると◎。

【カーディガン】にはコンパクトなインナーが好相性

一枚で着こなせるのはもちろん、羽織りとしても活躍してくれるVネックカーディガン。コンパクトなインナーを取り入れれば、カーディガンの魅力を損なうこともありません。

オフィスカジュアルをヘルシーに

オフィスカジュアルをヘルシーにしたコーデ画像

ボディラインを美しく見せる、ミントグリーンのVネックカーディガン。インナーはキャミソールやタンクトップを合わせ、カーディガンのシルエットの美しさをキープ。ベーシックなテーパードパンツにタックインし、美脚効果抜群のオフィススタイルに。

シンプルな白Tならもたつかない

シンプルな白Tならもたつかないコーデ画像

オーバーサイズのニットカーディガンなら、半袖や長袖を合わせても、もたつかず安心。オフホワイトのカーディガンと真っ白な白Tで、さりげなくコントラストをつけたのが上級者ポイント。サーモンピンクのワイドパンツで、春らしさ満点。

黒のインナーでクールに

黒のインナーでクールにしたコーデ画像

コンパクトなリブニットカーディガンのボタンをひとつ外し、黒のインナーを見せたレイヤードスタイル。深みのあるブラウンのワイドパンツを合わせて、暖かみのあるハンサムなスタイルに。

【プチプラ】インナーの活用法

さまざまなブランドから出ているインナーですが、おしゃれ上級者さんはプチプラブランドのインナーも活用しているのだとか。最後に、低価格かつハイクオリティなプチプラのインナーを使ったお手本コーデをご紹介します。

「ジーユー(GU)」

▼レースのインナーをなじませて

レースのインナーをなじませたコーデ画像

ベーシックなペールベージュのシャツワンピースに、レース素材のインナーをレイヤードして女性らしく。インナーと小物を白でそろえ、やわらかな雰囲気のナチュラルコーデに。

「ユニクロ(UNIQLO)」

▼トレンドカラーからチラ見せさせて

トレンドカラーからチラ見せさせたコーデ画像

今季トレンドの、シャーベットグリーンのシャツワンピース。インナーには白のリブタンクトップを合わせて、ストンとした縦シルエットを意識して。ビーチサンダルとメッシュバッグを添えて、夏らしく涼しげな装いに。

▼モノトーンスタイルを軽やかに

モノトーンスタイルを軽やかにしたコーデ画像

シアー素材の黒シャツに白のインナーを合わせた、ハンサムな装い。ベーシックなインディゴブルーのデニムとスニーカーを合わせ、誰からも愛されるカジュアルスタイルに。

この記事で紹介された商品の一覧

全8商品
商品画像
ブランド名 - - - - - - - -
商品名 無印良品 綿でさらっとキャミソール 無印良品 オーガニックコットンフライスタンクトップ 無印良品 綿でさらっとキャミソール 無印良品 オーガニックコットンフライスタンクトップ nissen ブラトップ キャミソール 無印良品 オーガニックコットンリブタンクトップ 無印良品 綿でさらっとキャミソール lilii kupulau シームレス タンクトップ
特徴 - - - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
商品リンク 楽天で見る ¥990(税込) Amazonで見る ¥990(税込) 楽天で見る ¥990(税込) Amazonで見る ¥990(税込) Amazonで見る ¥2,134(税込) Amazonで見る ¥990(税込) 楽天で見る ¥990(税込) Amazonで見る ¥1,280(税込)
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW