半袖いつから?【目安は気温25度】2020お手本コーデ
FASHION

半袖いつから?【目安は気温25度】2020お手本コーデ

2020/04/24

最高気温25度を超えてくる季節は、「どんな服装がいいの?」「 半袖はいつから着るの? 」と悩みがち。日中は暑いけれど、朝晩は気温がガクッと下がるから半袖一枚だと寒いことも。そこで今回は、半袖に適した気温と、朝晩の冷え込みに対応するためのおすすめ半袖コーデを『最低気温別』にご紹介します!

半袖を着る目安はズバリ!【気温25度以上】

気温25度』が半袖と長袖の境界線。気温25度以上の日は、安心して半袖を着ましょう! ここでは着回しやすい『黒の半袖トップス』と『白Tシャツ』のコーデをお届け。毎朝欠かさず気温をチェックして、快適に半袖コーデを楽しんで♪

キュートなドットスカートを主役に

キュートなドットスカートを主役にしたコーデ画像

シンプルな黒の半袖トップスは、何にでも合わせやすく重宝することまちがいなし。ガーリーなドットスカートは、タイトな形のものを選べば大人っぽく着こなせる。

タイトな黒トップスでコンサバを回避!

タイトな黒トップスでコンサバを回避したコーデ画像

くすみイエローのタフタスカート。上品な雰囲気がカーディガンとの相性もよいアイテムです。トップスにはタイトな黒を選んでコンサバ回避!

ロックTでエッジを効かせて

ロックTでエッジを効かせたコーデ画像

ロックTでエッジを効かせたモノトーンコーデ。スリット入りのタイトスカートや小さめバッグで女っぽさも忘れないのが大人女子のたしなみ。

こっくり色で秋らしく

こっくり色で秋らしくしたコーデ画像

夏に大活躍した黒の半袖トップスを、スエードのタイトスカートで秋の装いにシフトチェンジ! パープルをチョイスすると、華やかな色香漂う大人女子に。

白T×スキニーのカジュアルコーデ

白T×スキニーのカジュアルコーデの画像

シンプルなTシャツ×スキニーのカジュアルコーデは鉄板! BBQやお花見など春のアクティブなお出かけにぴったり。

白T×スキニーのきれいめコーデ

白T×スキニーのきれいめコーデの画像

カジュアルコーデときれいめコーデの境目は、足元にあり! ここでは鉄板のカジュアルコーデを赤のパンプスできれいめコーデに昇華。さりげなく女らしさを加えるのがGOOD。

【最低気温20度以下】なら「半袖+羽織りもの」がベスト

最高気温は25度を上回るものの、最低気温が20度以下になる日は、東京の2019年4~5月だけを見ても合計16日もあるんです。 昼間は半袖が着たいくらい暑くても、朝晩は冷え込む日が多いことがわかります。そんな日は羽織りもので対応しましょう。おすすめの羽織りものは全部で6つ。かさばらず素敵に見えるコーデを気温ごとにご紹介!

【最低気温15~20度】おすすめの羽織りもの

  • カーディガン
  • リネンジャケット

薄手のカーディガンやリネンジャケットは、さっと羽織れてコンパクトに持ち運べるので、この時期重宝します。黒や白などシンプルな色・デザインを選べば、コンサバにならずおしゃれに着こなせる♪

カーディガン

▼パンツコーデ

カーディガン×パンツコーデの画像

この時期に欠かせないのが『アンサンブルニット』。温度調節しやすく、着回し力の面で右に出る者はいない。黒を選んでカジュアルなデニムコーデをリッチに格上げして。

▼スカートコーデ

カーディガン×スカートコーデの画像

黒のカーディガンは特定の季節のイメージがないので、年中使えるところがうれしい♪ ロゴTにビタミンカラーのロングスカートで大人かわいく攻めてみて。

リネンジャケット

▼パンツコーデ

リネンジャケット×パンツコーデの画像

シンプルなワンツーコーデに白のリネンジャケットを羽織ると、洗練されたきれいめカジュアルに昇華。ヴィンテージ感あふれるデニムを穿くと、よりこなれ感が増してGOOD。

▼スカートコーデ

リネンジャケット×スカートコーデの画像

フェミニンなプリーツスカート×マスキュリンなリネンジャケットの甘辛コーデ。白の割合が多いモノトーン配色はぼやけがちなので、素材で凹凸感を出すのが正解コーデへの近道。

【最低気温15度以下】おすすめの羽織りもの

  • ブルゾン
  • デニムジャケット
  • テーラードジャケット
  • ライダースジャケット

最低気温15度以下の日は、半袖の上から少し厚手のアウターを羽織って調節するのがベスト。日中の暖かさに油断せず、自分の好みやライフスタイルに合うアウターを選んで朝晩の冷え込みにしっかり備えて。

ブルゾン

▼パンツコーデ

ブルゾン×パンツコーデの画像

ブルゾンに取り外し可能なインナーボアがついていると、幅広く温度調節ができるのでとっても便利。ブルゾンのベージュとかごバッグの色をリンクさせてナチュラル感を加えると、ちょっぴりガーリーな雰囲気に。

▼スカートコーデ

ブルゾン×スカートコーデの画像

カーキ色のブルゾンでフェミニンなデニムタイトスカートの糖度を抑えて。オーバーサイズをチョイスして、女らしい華奢さをさりげなくアピール! 男性ウケ抜群のあざとかわいいスタイルが完成♪

デニムジャケット

▼パンツコーデ

デニムジャケット×パンツコーデの画像

定番のデニムジャケットは、一枚は持っておきたいアイテム。昼間暑いときにおすすめなのが、肩掛けスタイル。カジュアルな雰囲気な上、おしゃれに見えて手荷物も増えません。

▼スカートコーデ

デニムジャケット×スカートコーデの画像

デニムジャケットはいい塩梅の丈感のものが多く、パンツスタイルでもスカートスタイルでも全体のバランスを取りやすい。ラフなデニムジャケットにピンクのタイトスカートで甘さをひとさじ。

テーラードジャケット

▼パンツコーデ

テーラードジャケット×パンツコーデの画像

きちんと感のあるテーラードジャケットを羽織って、いつものお決まりコーデをきれいめカジュアルにシフトチェンジ。クリーンな白のパンプスとミニマムなピンクのショルダーバッグで華やぎを添えると◎。

▼スカートコーデ

テーラードジャケット×スカートコーデの画像

パンツスタイルの印象が強いテーラードジャケット。実はスカートスタイルとも相性抜群! フェミニンになりすぎる白リブT×ドット柄スカートの甘々コンビを、オーソドックスなテーラードジャケットが正統派コーデへと導いてくれる。

ライダースジャケット

▼パンツコーデ

ライダースジャケット×パンツコーデの画像

風を通さないライダースジャケットなら、半袖の上から一枚羽織るだけで冷え込みもへっちゃら。日中は肩掛けして、体温調節もおしゃれに決めて。

▼スカートコーデ

ライダースジャケット×スカートのコーデ画像

テイストが正反対なライダースジャケットとチュールスカートの組み合わせが、たまらなくおしゃれ! 真逆のテイストだからこそお互いのよさを引き出せる。レザー×チュールの異素材MIXでモノトーンコーデに立体感を出して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW