LIFE STYLE

既読スルーされるLINEの内容は?すぐに返信したくなるコツも紹介

2019/04/12

好きな人や彼氏とのLINEで、既読マークは付くのに返事が返ってこない『既読スルー』をされて悩んでいる場合、一体どんな対応をすればいいのでしょうか?今回は、既読スルーをされた時の対処法や、スルーされがちな内容についてご紹介します。

既読スルーされがちなLINE内容

彼にLINEを送ったのに、既読スルーをされて「なんで返事をくれないの?」と、不安になってしまう人もいるでしょう。

せっかく送ったLINEをシカトされてしまうのは、既読スルーをした側が思っている以上に悲しいものです。

彼から既読スルーをされてしまった場合、送ったLINEの内容に問題があるのかもしれません。

自分が彼に送っているLINEを読み返して、内容に心当たりがないかチェックしてみましょう。

返信しづらい内容

彼が既読スルーをしている場合、もしかしたら送った内容が返信しづらい内容なのかもしれません。

送った内容が彼にとって少しめんどくさい、もしくは「俺にこんな話されても、なんて返せばいいんだ?」と、戸惑ってしまうようなものだった可能性があります。

彼がどう答えたらいいのか分からないような話や、愚痴、自虐的な話などを送っていないか、振り返ってみてください。

既読スルーされるような返信しづらい内容を送ってしまっている場合は、一度相手の気持ちになってメッセージの内容を考え直してみましょう。

返信の必要が感じられない内容

彼が特に返信の必要を感じない、すぐに返さなくてもいいと感じるような内容を送っている場合、既読スルーをされてしまうかもしれません。

男性は女性に比べて、LINEを連絡するためのツールとしか考えていない人が多いです。

雑談や日常的なトークのやり取りが苦手だという男性も少なくないので、男性へのLINEはできるだけ要件や内容がしっかりと伝わるようなメッセージを心がけてください。

どうしても返事が欲しい内容を送る場合は、彼が返信しやすいように「○○君はどう思う?」など、疑問形で会話を終えるように工夫してみましょう。

質問攻め、長すぎる内容

返事が欲しいときに、メッセージを疑問形で送るのは有効ですが、質問攻めにするようなLINEは相手を引かせてしまいます。

また、長すぎるメッセージは読むだけでも大変なうえに、返信にも時間がかかってしまうのです。

こうした質問攻めや長文LINEを頻繁に送ると、相手はうんざりしてしまいます。

LINEを送る場合は、あまり質問を連投するのは避けた方がよいでしょう。

タイミングが悪い

彼にLINEを送るのに、時間を気にせず送っている場合は注意してください。

夜遅い時間帯や、彼が仕事をしている時間帯にLINEを送ってしまうと、既読スルーをされやすくなってしまいます。

相手の状況や忙しさなどを考えずにLINEを送ると「空気読めない子だな…」と嫌われる原因にもなるので要注意です。

嫌われるまではいかなくても、LINEをするタイミングを間違えてしまうと、既読スルーされる可能性が高いでしょう。

彼が忙しい場合は、返事を後回しにしたり、そのまま返すのを忘れてしまったりということも少なくありません。

彼氏が既読スルーをしてしまう理由

内容に気をつけているにも関わらず、なかなか彼からLINEの返信が来ない場合は何が原因なのでしょうか。

単純に忙しくて返事を返せずにいるのか、返事を忘れているのか…既読スルーをしてしまう理由は様々です。

彼が既読スルーをしている場合は、以下のような理由が考えられます。

返事が来ないからと言って焦って不安になる前に、冷静に既読スルーの理由を分析してみましょう。

単純に忙しい

仕事や用事などで忙しいため、LINEの返事を返せないでいるという場合があります。

単純にLINEをする時間がないという理由なので、こういったケースでの既読スルーは深い意味はないと考えて良いでしょう。

彼が忙しい時は、LINEを控えたり、「忙しいなら無理しないでね」と気遣いの言葉をかけたりすると喜ばれます。

あまり気にしすぎず、彼に余裕ができるまで待ってみましょう。

返信したつもりで忘れている

彼が返信をしたつもりで、LINEを返し忘れているというケースもあります。

メッセージを確認したものの、すぐには返事ができずそのまま忘れてしまったり、他のことに気を取られていて返事をし忘れていたりなどの可能性があるでしょう。

返事を忘れている場合は、もう一度メッセージを確認したときに返してくれるということも多いので、少し時間をおいて待ってみることも大切です。

急ぎで返信が欲しい場合は、催促してみるとすぐに返してくれることが多いでしょう。

返信内容を考えている

彼の返信スピードがゆっくりな場合や、性格的にまじめな人の場合、返信内容をじっくり考えていることで返事が遅れている可能性もあります。

このケースでは既読スルーをしているわけではなく、あなたのLINEに対して真剣に返事を考えているために時間がかかってしまっているのです。

彼が返事を考えている場合は、少し時間がかかったとしても返信をくれるはずなので、気長に待ってみましょう。

彼に対して送ったメッセージが、返信しにくい内容や、難しい内容になっていないか自分で読み返して確認することも大切です。

意図的に返信しない

なかなか返信が返ってこない場合、彼が意図的に既読スルーをしている可能性もあります。

このパターンは、彼の気持ちが離れてしまっている、彼が別れを考えているなど、わざとあなたと距離をおこうとして返信をしていない恐れもあるため要注意です。

中には好きな女性の気を引くために、あえて返事を焦らしているパターンもありますが、こちらからメッセージを送っているのに頻繁に既読スルーをされるようであれば、彼との関係を見直す必要があるのかもしれません。

既読スルーをされないためにできること

既読スルーをされてしまうと、「もしかして嫌われてしまったの?」と心配になる人もいるでしょう。

彼にめんどくさいと思われてないか気になって、LINEをするのが怖くなってしまうという場合もあるかもしれません。

では、既読スルーをされないためには、どういったことに気を付ければよいのでしょうか。

以下では、既読スルーをされないために有効なLINEの送り方を紹介します。彼に送るLINEの参考にしてみてください。

文章はなるべく短く

長文のLINEは、人によっては読むのが面倒になりがちです。

性格にもよりますが、特に男性はだらだらと長文のLINEを送られるのを嫌う人が多いでしょう。

そのため、既読スルーを避けるためには、文章をなるべく短くする工夫が大切になります。

わかりやすく簡潔な文章にすることで、彼が読みやすく、返信しやすいLINEを心がけましょう。

長くても2行程度の文章にして、3行以上の長文は避けるようにしてください。

相手と自分にとって共通の話題を振る

盛り上がるトークの例として、相手と自分にとって共通の話題を振るというのがおすすめです。

自分ばかりが一方的に話すのでは相手を疲れさせてしまいますし、一緒に盛り上がれる話題であれば相手も自分も話しやすいでしょう。

カップルの場合は、一緒に見に行った映画の話や、お店の感想、行きたい旅行先の話など、2人で話せる話題を振ることが大切です。

TVの話や、スマホゲームに興味のある人ならゲームのプレイ状況などを話すのもよいでしょう。

タイミングを見計らって

LINEを送るタイミングというのも、実は非常に重要です。

四六時中ずっとLINEを送り続けているようなら、注意したほうが良いでしょう。

彼の都合などを考えて、返信しやすい時間帯にメッセージを送るように心がけてください。

LINEをするのにおすすめの時間帯は、夜寝る前の時間帯です。寝る支度をしながらスマホをいじる時間にメッセージを送れば、返事がしやすいでしょう。

ただし、夜遅い時間に送るのはマナー違反なので注意してください。

トークを引き延ばそうとしない

無理にトークを引き延ばそうとするのは、既読スルーの原因になるので避けた方が良いでしょう。

彼とずっと話していたい気持ちはわかりますが、トークを引き延ばすために延々とトークのやり取りを繰り返してしまっては、相手がうんざりしてしまいます。

何ターンか会話を続けたら、キリのいいところで自分から話を終えるのも大切なポイントでしょう。

もちろん、相手もLINEをするのに乗り気で、トークが盛り上がっている場合はやり取りを続けても構いません。

既読スルーをされてしまったときの対処法

既読スルーをされてしまった時は、どんな対処をすれば良いのでしょうか。

既読マークがついているのに、返事が来ないときは焦ってしまいがちですが、ショックを受けるよりも前向きな気持ちで、少し時間を空けて待つことも大切です。

以下では、LINEを既読スルーされた時の対処法についてご説明しています。

彼からの返事が来なくて焦っている人は、参考にしてみてください。

最低でも1日は待つ

LINEが返ってこないからといって、すぐに既読スルーと決めつけないようにしましょう。

もしかすると、彼は忙しくて返信のタイミングがないだけという場合もあります。

立て込んでいて返事ができていないだけで、数時間空けて返してきたり、翌日に返してきたりすることもあるでしょう。

LINEの返信が来るかどうかは、少なくとも1日は待ってみてください。

それでも返事がないようであれば、他の方法を試すようにしましょう。

すぐに返事が来ないからといって、間違っても彼を責めてはいけません。

まったく別の話題を送る

LINEの返信が来ない場合、もう話は終わっていると思われている可能性があります。

彼の中では返事をする必要を感じていないため、LINEが返ってくる確率は低いでしょう。

こういったケースでは、次の話題を振ることで解決するかもしれません。

全く別の話題を振ることで、話が切り替わって相手も返事がしやすくなります。

次に送るトークは、彼が興味を持つような内容や返信しやすくなるような内容を心がけると良いでしょう。

スタンプ等でコミカルに返信の催促

どうしても返事が欲しい内容を既読スルーされている場合は、スタンプなどを使って軽い催促をしてみると良いかもしれません。

あくまでも軽い感じで、コミカルなスタンプなどを使って明るく聞いてみると良いでしょう。

言葉で返事を催促すると、相手も申し訳なさを感じてしまうので、彼が「ごめん、返事遅れた!」と返せるような可愛いスタンプを使うようにしてください。

LINE以外の連絡ツールを使う

LINEの既読スルーが気になる場合は、電話など他の連絡ツールを利用すると良いでしょう。

LINEであればビデオ通話なども使えるので、カップルの場合は顔を見ながら話すのも楽しいかもしれません。

LINEばかりでコミュニケーションを取るのではなく、電話やLINE通話など、他の方法を使って話してみてください。

LINEよりも電話の方が手っ取り早い、と考えている男性も少なくありません。

既読スルーをされた時のNG行動

既読スルーをされた時、不安になる気持ちはわかりますが、焦って相手を責めるようなことしては絶対にいけません。

LINEを既読スルーする理由は様々ですが、彼にも都合があるため、まずは落ち着いて理由を探ってみましょう。

以下の行動は、既読スルーをされた時にしてはいけない絶対にNGな行動です。

ぜひ参考にして、焦らず待つことも大切でしょう。

高圧的な返信の催促

「なんでLINE返してくれないの?」「既読スルーしないでよ」といった、高圧的な返信の催促は、絶対にしてはいけない行動の一つです。

返信が来なくてイライラしたり、不安になったりする気持ちは分かりますが、相手にも理由があるはずなので絶対に責めてはいけません。

どうしても返事の催促をするのであれば「忙しいのにごめんね、この前送ったLINEの返事なんだけど…」と相手を気遣うことを心がけてください。

スタンプで明るく聞いてみるのもおすすめです。

返信が来るまでしつこくLINEを送る

LINEの返事が来ないからといって、相手にしつこくLINEを送り続けるのはやめましょう。

LINEの連投はそれだけでも相手に嫌われがちな行動です。

相手がもし、何か理由があって後で返信しようと思っていた場合でも、しつこくLINEをしてしまうとうんざりして返事を送る気をなくしてしまうかもしれません。

LINEに依存しないための方法

LINEのやり取りは楽しいものですが、あまりにも依存しすぎてしまうと良くありません。

特にカップルの場合などは、LINEをするのが当たり前になってしまうと、相手への新鮮味がかけていき、関係がマンネリ化してしまう恐れもあります。

以下では、LINEに依存しないための方法について紹介しています。

LINEが気になって仕方ないという人は、参考にしてみましょう。

通知音をオフにする

通知音をオフにして気にならないようにすることは、LINEに依存しがちな人におすすめの方法です。

音を切っておくことで、返事が来たかどうか、いちいち反応しなくてもよくなります。

通知音が鳴るように設定したままだと、早く音が鳴らないかと、つい気にしてしまうので、消音設定にして反応しないようにすることが有効です。

スマホの電源を切る時間を作る

どうしてもLINEを見てしまう、彼からの返事がないか心配で気にしてしまうという人は、スマホの電源を切る時間を作ってみましょう。

電源を切ってスマホに触らない時間を設けることで、依存心を断ち切ることができます。

1日にLINEを使う時間を決め「この時間以外は見ないようにしよう」と自分の中で決めることで、LINEに依存せずに済むでしょう。

既読スルーだけで彼氏の愛情は計れない

既読スルーをされると、「もしかして嫌われてるのでは?」と不安になる気持ちもあるでしょう。

しかし、LINEの返信だけで彼の愛情は計れないと、しっかり理解しておくことが大切です。

既読スルーをされたからといって、すぐに愛情と結び付けてしまうのは早計すぎるでしょう。

彼の性格や都合などをしっかりと考え、冷静に対処することが大切です。

男性、女性ともに個人の性格による

性格的にLINEを既読スルーしがちな人はいるものです。

悪気なく既読スルーしてしまう、LINEがマメじゃない人や、返信が極端に遅い人など様々でしょう。

LINEの返信に関しては、男性・女性ともに、個人の性格が返信スピードに深く関わっています。

相手の性格を見極めて

既読スルーを嘆く前に、相手の性格をしっかりと見極めることが大切です。

面倒くさがりな性格や、大雑把で細かいことを気にしない性格など、既読スルーをしてしまいがちな性格かどうかを知っておく必要があるでしょう。

相手の性格に合わせて、既読スルーの原因を探ってみるとよいかもしれません。

既読スルーが、実は特に深い意味がない場合もあるので、しっかり見極めましょう。

まとめ

LINEの既読スルーは気になるものですが、理由や相手の性格などを冷静に見極めることが大切です。

また、相手が既読スルーをしないように送る内容を工夫して、相手の都合を考えてLINEをするように気を付けてください。

返信したくなる内容を心がけ、楽しくやり取りができるようにしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW