ボックスプリーツスカートのお手本コーデ17選
FASHION

「ボックスプリーツスカート」のダサ見えしないデイリーコーデ【17選】

2019/04/12

スカートは、瞬時に女性らしいシルエットにしてくれる最強アイテム。しかし、タイトスカートは動きづらくて苦手と思っている方も多いはず。そこで今回は「ボックススカート」のご紹介! 一見タイトスカートのようなスマートな形ですが、歩くとタックが開き歩きやすい構造に。タイトスカートより歩きやすく、フレアスカートよりクールにキマる「ボックススカート」を、ぜひコーディネートに取り入れてみて。

「ボックススカート」とは

ボックスプリーツスカートの説明画像

ボックススカートはプリーツスカートの一種。違う向きのプリーツの折り山が向かい合い、その間の折り目が箱状に見える「ボックスプリーツ」を用いていることから名づけられました。上品なプリーツ使いをしていることからボックススカートは制服やオフィスウエアにも用いられています。

ミニ丈ボックススカート着こなし

ボックススカートは丈感やプリーツの位置によって異なる印象が楽しめるのが魅力の1つ。 子供っぽくなってしまいがちなミニ丈は、トップスを工夫したりヒールと合わせたりして大人っぽさをプラスしてみて。

「ミニ丈」ボックススカート

▼オフショル×センターボックスミニスカート

オフショル×センターボックスミニスカートのコーデ画像

センターにボックスタックがあるデザインのミニスカートはオフショルと合わせてカジュアルに仕上げて。前から見るとパンツ風に見えるっボックススカートでメンズライクにキメると甘すぎないコーデに。

▼Tシャツ×サイドボックスミニスカート

Tシャツ×サイドボックスミニスカートのコーデ画像

ラフなTシャツにはスクールテイストのサイドボックススカートがおすすめ。学生っぽさが出てしまうチェックスカートは淡いベージュをセレクトして回避! スポーティーMIXに仕上げたい時はキャップをかぶってみて。

「ひざ丈」ボックススカート

▼タイトトップス×センターボックススカート

タイトトップス×センターボックススカートのコーデ画像

黄色のセンターボックススカートはコーデの主役になるアイテム。プリーツが少ないスカートは子供っぽくなりすぎず品の良さを演出してくれます。トップスはタイトシルエットのものを選ぶとスカートのAラインが引き立つかも。

▼花柄ブラウス×フレアボックススカート

花柄ブラウス×フレアボックススカートのコーデ画像

黒の花柄ブラウスに合わせて小物も黒で統一! スカートに目が行く上級コーディネートが出来上がります。肌色にマッチするイエローのスカートは、黒とのコントラストが抜群。ミュールのストラップなどでワンポイントを加えて。

ロング丈ボックススカート着こなし

主役級な存在感のロング丈スカート。変わった生地感や目をひくカラーを使ったロングボックススカートを取り入れると、周りと差がつくおしゃれコーデが簡単に完成。

「ミモレ丈」ボックススカート

▼Tシャツ×パープルボックススカート

Tシャツ×パープルボックススカートのコーデ画像

今年のトレンドのパープルもボックススカートで取り入れて。ストリート寄りなビビットパープルもボックススカートに落とし込むと品のある仕上がりに。クリアサンダルで足元に抜けを作ると◎。

▼ノースリーブ×ボックススカート

ノースリーブ×ボックススカートのコーデ画像

普通のタイトスカートより、ウエスト側にプリーツがあるボックススカートは体型カバーもできちゃいます。さらにノースリーブと合わせると縦のラインが際立ち、すっらとした美人コーデに。

「ロング丈」ボックススカート

▼ブラウントップス×ブラウンボックススカート

ブラウントップス×ブラウンボックススカートのコーデ画像

ブラウン×ブラウンで彩度が物足りないと思ったらブルーのパンプスを足元にトッピング。ワンポイントのブルーで爽やかな印象をゲットして。風が吹くとふわっと広がる素材のボックススカートは軽い素材だから夏にも大活躍しそう!

▼Gジャン×ネイビースカート

デニムジャケット(Gジャン)×ネイビースカートのコーデ画像

ブルーとホワイトを取り入れたコーデは春夏に外せないスタイル。暗めのネイビーを取り入れるときは、バランスをとって白やライトブルーなど明るい色も忘れずに。ブルーに合わせたシルバーアクセサリーでこなれ感をプラス。

次ページ> 【人気の3色】ダサ見えしないボックススカートコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW