黒ジャケットのレディースコーデお手本26選
FASHION

フォーマル&カジュアル【黒ジャケット】レディースコーデお手本26

2019/04/12

オフィスカジュアルやフォーマルシーンはもちろん、普段のカジュアルスタイルやプチプラスタイルに羽織るだけで高見えが狙える超便利なレディースの「黒ジャケット」。しかも、黒だからこそどんなアイテムにも似合うというのが嬉しいポイント。早速黒ジャケットをプラスして、いつものコーデをアップデートしてみて!

黒ジャケットの『パンツスタイル』

黒ジャケットを使ったパンツスタイルなら、オフィスコーデはもちろんのこと、カジュアルスタイルも大人顔にブラッシュアップ。合わせるアイテム次第でハンサムもフェミニンもお任せあれ!

テーパード・スキニーパンツ

【1】ノーカラー黒ジャケット×白ブラウス×クロップドパンツ

ハンサムな黒ジャケットも、ノーカラーなら女性らしい印象に。フェミニンな白ブラウスにはライトグレーのクロップドパンツを合わせてきれいめに。ウエストイン&パンプス合わせで脚長効果抜群!

【2】黒ジャケット×ロゴT×チェック柄パンツ

ロゴTシャツを使ったカジュアルスタイルは、紳士な黒ジャケットで小粋なムードにシフト。チェック柄ボトムスとマリンキャップを合わせれば、まるで正統派ブリティッシュガールのような装いに。

【3】黒ジャケット×クロップドパンツ×外しアイテム

フォーマル用のスーツセットアップをデイリーに落とし込むなら、こんなスタイルはいかが? あくまでもスーツに馴染むように、アイテムは全てモノクロで統一。ロゴTシャツとドットバッグで遊び心を効かせれば、ハンサムな高見えスタイルの完成。

【4】コーデュロイ黒ジャケット×モノクロアイテム

シンプルなモノクロスタイルは、素材選びやシルエットを計算することでおしゃれ見え! 異素材の黒に一点白アイテムを投入することでそれぞれのアイテムが引き立った印象に。オーバーサイズのコーデュロイジャケットは、ぴたぴたボトムスでメリハリを作って。

【5】ライダースジャケット×レースブラウス×グレーデニム

レースがたっぷり使われた甘いブラウスは、黒のライダースジャケットとグレーのデニムで意外性を狙って。ベージュのバッグは、甘さと辛さのどちらにも馴染む便利アイテム。

【6】ライダースジャケット×ピンクカーディガン×黒スキニー

ピンクのカーディガンと黒スキニーの甘辛な組み合わせには、ライダースジャケットを肩掛けしてこなれ感をプラス。ピンクのカーディガンを大人らしくまとめたい時にオススメ。

ワイドパンツ

【7】黒ジャケット×白ブラウス×デニムワイドパンツ

女性らしい上下にベージュ小物を添えたフェミニンな着こなしも、黒ジャケットをさらりと肩掛けすることできちんと感がアップ。甘すぎを避けたい時は、こんなふうに黒ジャケットを活用してみて。

【8】黒ジャケット×ボーダートップス×ベージュパンツ

白黒ボーダーとベージュのワイドパンツを合わせたマリンシックな着こなしは、黒ジャケットで更にモードにアップデート。小物を黒で統一すれば、力の入りすぎないきちんとコーデの完成。

【9】黒ジャケット×黒トップス×デニムワイドパンツ

黒ジャケットと色のコントラストがはっきりするライトブルーデニム合わせなら、パッと目に留まる装いに。ジャケットなのにスニーカーという余裕感がこなれた印象をメイク。

ショートパンツ

【10】黒ジャケット×白トップス×黒ショートパンツ

黒ジャケットとセットアップ風に着こなした黒ショートパンツ合わせなら、抜け感たっぷり。トップスと足元は白で統一してモノクロスタイルに。大ぶりのトートバッグは、ジャケットと素材違いの黒を選んで立体感をON。

【11】ライダースジャケット×黒タートルネック×キュロット

素材違いの黒で魅せるワンカラースタイル。肌に沿ったぴったりシルエットの上下は、ライダースジャケットを肩掛けしてメリハリとこなれ感をプラス。潔く出した脚は、ストッキングでほんのり色っぽく味付け。

黒ジャケットの『スカートスタイル』

スカートスタイルを甘すぎない着こなしに仕上げたい時にも、黒ジャケットはうってつけ。おのずと大人顔に仕上がるから、チェックしてみて。

タイト・ペンシルスカート

【12】黒ジャケット×ロゴニット×チェックペンシルスカート

ジャケットにチェック柄スカートのトラッドな組み合わせは、ヴィヴィッドカラーやロゴトップスのポップな味付けでデイリーに馴染む装いに。

【13】黒ジャケット×白ニット×レースタイトスカート

ホワイトやベージュの女性らしい色使いは、黒ジャケットをプラスして引き締め。白黒がメインのスタイルも、レーススカートのおかげで華やぎ度アップ。

【14】ライダースジャケット×黒トップス×ベージュペンシルスカート

スリットから覗く足は、繊細なソックス合わせで色香をON。黒とレザージャケットをプラスすれば、色っぽい足元をピリッと引き締めてくれる。

【15】ライダースジャケット×白T×黒タイトスカート

一点投入した白Tが映えるモノクロスタイル。膝までスリットが入ったニットタイトスカートは、ブーツ合わせで辛口に。ライダースジャケットをプラスしてハンサムに磨きをかけたら、媚びないスカートスタイルの完成。

フレアスカート

【16】ライダースジャケット×ボーダートップス×カーキフレアスカート

白黒ボーダートップスにカーキのデザインフレアスカートを合わせたら、ジャケットを始めとするレザーアイテムを散らばせてハンサムにアップデート。黒とカーキなら、スカートスタイルも気負いなくトライできちゃう。

【17】黒ジャケット×白トップス×黒チュールスカート

お呼ばれスタイルの参考にしたい白黒スタイル。白トップスにチュールスカートの甘い組み合わせには、黒ジャケットで甘すぎない印象に。

【18】黒ジャケット×黒T×ベージュフレアスカート

少し肌寒くなってきた初秋に真似したいコーデをピックアップ。夏に活躍した黒T×ベージュフレアスカートの組み合わせに、黒ジャケットと黒小物を散らばせて秋らしくアップデート。程よく覗く素肌が抜け感をプラス。

【19】ライダースジャケット×オフホワイトトップス×花柄フレアスカート

オフホワイトトップスと白地の花柄スカートの甘い組み合わせは、上下に黒レザーアイテムを合わせて甘さを中和。イエローバッグを添えて華やぎを加速させて。

ミニ・ひざ丈スカート

【20】黒ジャケット×白トップス×黒スカート

フォーマルシーンで活用できるスタイルをご紹介。膝丈の黒スカートできちんと感を高めたら、ヌーディ小物で女性らしさをON。

黒ジャケットの『ワンピーススタイル』

全体がふわっとしたワンピーススタイルを引き締めてくれる黒ジャケット。しかも、どんな柄物アイテムでも高見せしてくれるから、MINE世代には欠かせないアイテム。お手本ワンピーススタイル3つを早速チェック。

【21】黒ジャケット×レオパードワンピース×モノクロ小物

七分袖のレオパードワンピースは、黒のロング丈ジャケット合わせでハンサムに。小物はモノクロ合わせでモードに落とし込んで。覗く手首と足首のバランスがgood。

【22】ライダースジャケット×ニットワンピ×レオパードスカート

ニットワンピースとスカートをレイヤードしたスタイルは、ブラックなので無糖のハンサム顔に。更にレザーのジャケットやバッグをプラスすることで、ストイックな黒コーデに。レイヤードを駆使して感度高めな着こなしを完成させて。

【23】ライダースジャケット×ドットオールインワン

カジュアルミックスのブラックコーデ。レトロ感が楽しめるドットオールインワンは、スニーカー合わせでリラックス。ライダースジャケットとレザーバッグをプラスして緩みすぎないラフコーデの完成。

黒ジャケットに合わせる『シューズ(靴)』

ベーシックできちんと感のある黒ジャケットだからこそ、シューズを選ばないというのも嬉しいポイント。きれいめシューズで正統派に着こなしてもよし、外しシューズで遊び心を添えてもよし。コーディネートの自由度を高めてくれる黒ジャケット、やっぱりゲットしなくちゃ!

【24】黒ジャケット×ロゴT×デニム×パンプス

黒ジャケットとパンプスの王道きちんとスタイルは、ロゴTとデニムで遊び心ある着こなしにシフト。

【25】ライダースジャケット×グリーンワンピース×フラットパンプス

ヴィヴィッドなグリーンワンピースは、どんな色にも合う黒のライダースジャケットがオススメ。フリンジカットのレギンスでワンピースの甘さを中和させたら、仕上げのシルバーフラットサンダルでテイストミックススタイルを完成させて。

【26】ライダースジャケット×イエローワンピース×黒サンダル

ナチュラルなイエローワンピースとグレーソックスのナチュラルな組み合わせは、ライダースジャケットと華奢サンダルでモードに味付け。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW