FASHION

「グレゴリー」のバッグが優秀!春の大人カジュアル絶品お手本コーデ【6選】

2019/04/03
PR サムソナイト・ジャパン

春が到来した今、おしゃれな大人女子たちは「グレゴリー」のバッグをプラスしているとの噂! 持つことで女っぽい着こなしのアクセントになると言うから見逃せない。バックパックからショルダーポーチまで、おしゃれな人が選んだラインナップもチェック。

スウェットワンピにスニーカーというラクチンコーデの主役は、「グレゴリー」の“パデッドショルダーポーチS”。スタイリングにメリハリをつけるために、バッグのストラップは短めが正解! 目線も上がってスタイルアップ効果を狙える。大人っぽい黒がベースの花柄をチョイスして、脱シンプル宣言!

気分は断然斜めがけ! ウエストパックの“ティーニーテールメイト”をボディバッグ風に取り入れて。鮮やかなブルーとオレンジがアクセント。こんな爽やかなホワイトワンピに合わせれば、差し色アイテムとして活躍してくれる。

これからの季節に重宝する、パイル地のオールインワン。
アイテムの質感が際立つコーデには、柔らかい印象を与える“ファインデイ”の花柄を合わせて。メンズライクなリュックでも、フェミニンな柄がラインナップされているのも「グレゴリー」の注目ポイント。甘くなりすぎない大人カジュアルを目指すなら、全体をダークにまとめよう。

体にフィットするニットに、大胆スリットのデニムスカート。こんな女性らしいスタイルにも「グレゴリー」が合う! チョイスするのは、小ぶりなバックパック“ファインデイ”。肩がけでも手持ちでもOKで、小柄な女性にも嬉しいちょうどいいサイズ感。トップスの色を邪魔しないシンプルな黒はヘビロテしそう。

きちんと感が出やすいトレンチコートを、スニーカーと「グレゴリー」のロングセラー“デイパック”でカジュアルダウン。トレンチからのぞくトップスは同じベージュを。ボトムは引き締めカラーの黒を選んで、全体を落ち着いた色味にまとめると吉。カジュアルダウンさせても大人っぽいスタイルが完成!

「グレゴリー」の“ティーニーテールメイト”は、シンプルなスタイルのまとめ役としても機能。鮮やかなブルーの「コンバース」が目を引くグラデコーデには、定番の黒を選んで全体をグッと引き締めて。「デニムカジュアルの日には、グレゴリーがスタメン!」というくらいに相性抜群。
 

「グレゴリー」の公式HPをチェック▷

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagram に【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

問い合わせ先

グレゴリー
サムソナイトカスタマーセンター/0800-12-36910

Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW