ワンピースの種類33選
FASHION

ワンピースの種類33選!シーズン別おすすめワンピもご紹介!

2019/04/12

ワンピースと一言でいっても、その種類はたくさん!
ここでは、ワンピースの丈・素材・形・デザイン別に一覧をまとめました。ワンピースの+α の着こなし方や季節別おすすめワンピースも紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

ワンピースの種類『丈別』

ここでは、マキシ丈から膝上丈まで、丈別にワンピースの種類を紹介!似合う体型も紹介しているので要チェック!

①マキシワンピース

一般的にくるぶしから、床すれすれまでの長い丈のワンピースにことを指します。’70年代に大流行したことから、レトロなイメージが強いのも特徴。
体のフレーム感を美しく見せるので、骨太さんや身長が高めの人に似合うワンピースです。

②ミモレ丈ワンピース

ふくらはぎの真ん中あたりに裾がくるワンピースのことを指します。脚がちょうど細くなる部分から見えるので、すっきり綺麗に見せてくれます。
たくましい膝をカバーしたい骨太さんや、ふくらはぎの太さが気になる人におすすめの丈です。

③膝丈ワンピース

膝頭(ひざがしら)の真ん中くらいの丈のワンピースのことをいいます。ワンピースやスカートの最も標準となる長さ。
膝上が太めで膝下が引き締まった、いわゆるメリハリボディの人や、膝のお皿が目立たない華奢な体型の人に良く似合う丈です。

④膝上丈ワンピース

膝より上の丈のワンピースのことを指します。ミニ丈に入るので、キュートな印象を与えます。
こちらも膝が強調されるので、膝が目立たない華奢な体型の人向きです。また、上半身に重心がいくので、小柄な人にとってはスタイルアップ効果もアリ。

ワンピースの種類『素材別』

ここでは、素材別にワンピースの種類を紹介。そのワンピースが活躍する季節も解説します。

①ニットワンピース

編まれた素材のワンピースのことで、ウールやアクリル素材が代表的。フィット感があり着やすく、暖かいのが魅力です。
ニットワンピ―スは、秋の終わり(11月中頃)から春先まで活躍。
爽やかな着心地のワッフルニットから、厚手のケーブル編みニットなど、編み方の種類も豊富なので、気温やテイストに合わせて選ぶようにしましょう。

②デニムワンピース

綾織の厚地の綿素材の生地(デニム)を使用したワンピース。デニムパンツ同様に、季節を問わず着ることができます。

③リネンワンピース

独特のしなやかな風合いが魅力のリネン(麻素材)のワンピース。吸汗性の高いさらっとした肌ざわりで、夏のイメージが強い素材ですが、実は保温性にも優れており、オールシーズン使えます。春夏は一枚で着て、秋冬はインナーとのレイヤードを楽しむのがおすすめ。

④ベロアワンピース

毛足が長く光沢感ある織物で作ったワンピース。ベロア生地はコートにも使われるように、防寒性に優れているので、秋冬に活躍します。

ワンピースの種類『形別』

ここでは、Aラインやバルーンシルエットなど「形別」にワンピースの種類を紹介します。

①Aラインワンピース

アルファベット「A」のように上が小さく、裾広がりな形のワンピースを指します。ふんわり広がり、華やかに見えるシルエットなので、華奢な体型の人におすすめのシルエット。

②テントラインワンピース

肩のあたりをフィットさせ、テントのように裾に向かって広がっていく形のワンピースのこと。視覚効果で上半身を華奢に見せつつ、モードな印象を与えます。

③バルーンワンピース

「風船」のように全体が丸く大きく膨らんだシルエットのワンピース。テントラインワンピースと同じように体型をカバーしつつ、どこかキュートな印象を与えます。

④スキッパーワンピース

元々は、重ね着風に見える襟元のことをスキッパーと呼んでいましたが、現在はVネック風の襟元になったワンピースのことを言います。顔周りがすっきり見えて、女性らしい雰囲気を演出することができます。

⑤タイトワンピース

体にフィットした細めのワンピースのことを指します。ワンピースのサイズ感にもよりますが、柔らかくボディラインを拾うものであれば、直線的なシルエットに近づけてくれます。

⑥コクーンワンピース

コクーンワンピースもバルーンワンピースと同じく、体全体を丸く包み込むシルエットのワンピースのこと。ただ、バルーンワンピースが裾を中心に丸くなっているのに比べ、コクーンワンピースは、上半身を中心に丸みを帯びており、裾に向かってすっきりとしたシルエットになるので、大人っぽく着こなすことができます。

ワンピースの種類『デザイン別』

カシュクールやティアードなど、ワンピースのデザインも様々。ここでは、デザイン別にワンピースの種類をご紹介。

①キャミソールワンピース

袖がなく細い肩紐で吊り下げたワンピースのこと。肩が強調されるワンピースですが、ロング丈のコットンやリネン素材のキャミワンピースであれば、しっかりとフレーム感のある骨太さんが綺麗に着こなすことができます。

②カシュクールワンピース

フロント部分に着物のような打ち合わせがあるワンピースのこと。胸元にボリューム感が出て華やかなになるので、体がうすめの華奢体型の人におすすめです。

③ティアードワンピース

ラッフルや帯状の布が段々と重なったワンピースのこと。裾に向かってふんわり広がるシルエットで、気になるお腹周りをカバーしつつ、可愛い印象を与えます。

④トレンチワンピース

トレンチコートをワンピース化したもの。ベルトデザインやエポーレット(肩飾り)はそのままに、ソフトな生地使いでフィット&フレアのモダンなワンピースに仕上げたものが多いです。

⑤シャツワンピース

シャツをそのまま長くしたようなデザインのワンピース。フロントボタンを外すと、ガウンとして着ることもできる、着回しのきくワンピースです。

⑥Tシャツワンピース

Tシャツのように直線的なT字型をしたワンピースで、シンプルなデザインと平面的なカッティングが特徴。ベースがシンプルな分、ベルトを合わせたり、レギンスとレイヤードしたりと、様々な味付けが楽しめる。

⑦パーカーワンピース

Tシャツワンピースと同じく、パーカーをそのまましたに長く伸ばしワンピースにしたもの。ストリートっぽいラフでカジュアルな雰囲気を作ってくれます。

ワンピースの『+α』の着こなし方

ワンピースに+αで、小物やボトムを合わせることで、おしゃれ度指数がググっとUP!
ここでは、4つの+αアイテムをご紹介します。

「ベルト」と合わせる

平面的なカットソーワンピースにベルトをONすることで、メリハリのあるワンピースコーデに。細いベルトなら、洗練された印象に仕上がります。

「パンツ」と合わせる

パンツとのレイヤードコーデは、脚の露出を抑えつつ、トレンド感あるワンピーススタイルになります。スキニーパンツと合わせると、きれいめコーデに、ワイドパンツと合わせるとレトロムード漂う着こなしになります。

「スカート」と合わせる

ワンピースの裾からプリーツスカートやチュールスカートを見せることで、よりフェミニンな雰囲気に。インするスカートは、透け感のある軽いものをチョイスすることが、コーデ成功の秘訣。

「レギンス」と合わせる

トレンドとして再浮上中のレギンスも、ワンピースの着こなしを高めるアイテム。ワンピースのカラーと合わせた、淡いグレーや白系のレギンスを合わせると、グッと垢抜けたコーデになります。

『シーズン別』おすすめワンピース

ワンピースは、季節に合った柄や素材のものを選ぶことも大切です。ここでは、季節別におすすめワンピースをご紹介。

「春」おすすめワンピース

▼花柄ワンピース

花が咲き乱れる春は、やはり花柄ワンピースが最も映える季節。カゴバッグや白いスニーカーと合わせ、春ならではのアクティブな気分を表現して。

▼シャツワンピを羽織る

シャツワンピースは、爽やかな春のムードにぴったり。羽織としても使えるので、実用的にも◎。まだ寒い時期はレイヤードコーデにして、暖かくなったらワンピース一枚で、様々な着こなしを楽しみたい。

「夏」おすすめワンピース

▼リネンワンピースで涼しげに

ナチュラルで清涼感のあるリネンワンピースは、やはり夏が一番おすすめ。サイドスリット入りのIラインワンピースなら、ナチュラル感を軽減しエレガントな装いに高めます。

▼人目を引くドット柄ワンピース

大柄が映えるのも、夏だからこそ。アイキャッチ―なドット柄ワンピースを、一枚でさらりと着こなしたい。

「秋」おすすめワンピース

▼ボルドーカラー

秋っぽさと女っぽさを表現してくれるボルドーカラー。ドット柄の開襟シャツワンピースなら、カジュアルに取り入れやすい。甘いテイストのワンピースは、デニムジャケットやライダースなど辛口アウターでバランスを整えて。

▼チェック柄ワンピース

トラッドアイテムが一番似合う秋は、チェック柄ワンピースにもトライしたい。襟元にフリルデザインのあるハイウエスト切り替えのワンピースなら、脚長効果も抜群で、一枚でコーデが決まる。

「冬」おすすめワンピース

▼ニットタイトワンピース

秋の終わりから春先までは、ニットが大活躍する季節。Iラインを際立たせるリブニットワンピースなら、一枚でスタイリッシュな着こなしに。仕上げに黒のバッグやスニーカーでピリッと引き締めて。

▼ニットとの合わせ技

花柄ワンピースにざっくりニットをONして、スカートのように見せた上級レイヤード。ニットとワンピースを暖色系で揃えることで、上下が馴染みやすくなります。黒のバッグ&ブーツで引き締めているのも、コーデ成功のポイント。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW