ピンクパンツコーデ集
FASHION

【ピンクパンツコーデ集】オフィスでもプライベートでも大活躍!

2019/04/12

甘いイメージのあるピンクパンツ。実は、オフィスでもプライベートでも活躍する優秀アイテムでもあります。ここでは、大人の女性にマストなピンクパンツコーデを14選お届けします。

ピンクパンツの『オフィス』コーデ

品よく知的に見せることが最重要な”オフィスコーデ”。甘さのあるピンクパンツに合わせるべきトップスは、ずばりシャツやタイトニットなど”キレイめアイテム”。キレイめトップスで甘さを程よく抑え、上品コーデに仕上げたい。洗練された小物合わせもポイント。

白シャツ×ピンクテーパードパンツ

「きちんと見え」するタック入りテーパードパンツなら、オフィスコーデにも取り入れやすい。白シャツを合わせると、柔らかく見せつつ、凛とした空気も纏った、好感度の高いコーデに。

白ニット×ピンクハイウエストパンツ

トレンド感とスタイルアップ効果、両方を狙える”ハイウエストパンツ”。膨張しがちな白×ピンクの色合わせも、ニットをタックインしてスタイル良く着こなすことができます。

ベージュニット×ピンクテーパードパンツ

ピンクテーパードパンツに、ベージュのトップス&小物を合わせたニュアンスコーデ。ニットのタイトなサイズ感と洗練された小物使いで、大人の品格漂うスタイルへとランクアップ。

ボーダーブラウス×ピンクスキニーパンツ

大胆な切り替えボーダーブラウスは、ダークカラーパンツと無難に合わせると老け見えしがちなアイテム。ペールピンクのスキニーパンツと合わせて、フレッシュな印象に一気にチェンジ。

ピンクパンツの『カジュアル』コーデ

ピンクパンツをカジュアルに着る時は、子供っぽく見えないようコーデに使う色数を抑えるのがポイント。トップスと靴のカラーを合わせたり、小物同士を同じカラーでまとめたりと、すっきり見える装いを意識することで、大人のカジュアルコーデになります。

白ニット×ピンクテーパードパンツ

ニットと小物を白でまとめた、爽やかな2トーンコーデ。シンプルなワンツーコーデも、PVCバッグやフープピアスの鮮度高めな小物使いで、切れ味のあるスタイルに。

白ニット×ピンクテーパードパンツ

白のレースブラウスとピンクのパンツは、一見甘くなりがちな組み合わせ。しかし、レースブラウスがシャツ風のハンサムなデティールのため、甘さ控えめでシャキッと着こなすことができます。白のポインテッドトゥパンプスやチェーンバッグで大人っぽく味付けして。

ボーダートップス×ピンクテーパードパンツ

マンネリしがちな定番・ボーダートップスも、ピンクのテーパードパンツと合わせれば、フェミニンでこなれ感あるコーデへとシフト。メタリックシルバーのフリンジバッグを添えると、クラス感漂うコーデへと格上げします。

黒ライダースジャケット×ピンクジョガーパンツ

ラフなピンクジョガーパンツを、ライダースでキリっと引き締めたコーデ。黒とピンクのハイコントラストな配色を、グレーニットとメタリックシルバーのオックスフォードシューズでつなぐことで、まとまりのあるコーデに完結。

オフショルブラウス×ピンクワイドパンツ

デートや飲み会など、女子力を上げたい時におすすめな、オフショルブラウス×ピンクワイドパンツコーデ。ブルー系ストライプブラウスなら、甘さ控えめで爽やか印象。黒のきれいめ靴&バッグで、大人っぽさもしっかりアピール。

ロングカーディガン×ピンクストレートパンツ

リラックスしたいオフの日に◎な、ロングカーデ×ストレートパンツのコーデ。白・グレー・ピンクのニュアンス配色で、ラフに見えすぎず女っぽさもしっかりキープ。

ピンクパンツの『タイプ別』コーデ

ここでは、オン・オフともに使えるピンクパンツを、タイプ別に2選ピックアップ。それぞれのパンツのシルエットに合ったベストバランスを知ると、よりコーデがしやすくなる!

テーパードパンツ

ヒップや太ももにかけてゆとりがあり、足首に向かって細くなるテーパードパンツ。脚を綺麗に見せるので、どんなトップスでもスタイル良く決まる!ニットカーディガンをタックアウトして、「きちんと感」あるオンコーデに。

ピンクパンツを『色合い』で選ぶ

ピンクは、意外と色幅の広いカラー。ベージュに近いものからショッキングピンクまで、ピンクの色合いによってイメージが大きく変わります。
ここでは、代表的な3種類のピンクのパンツコーデをご紹介!

くすみピンク/ダスティピンク

甘いピンクに抵抗を感じる人でもトライしやすいのが「くすみピンク/ダスティピンク」のパンツ。くすんだピンクは、グレーや黒、ネイビーといったベーシックカラーと相性抜群!いつものベーシックカラートップスを合わせて、甘さ控え目な着こなしに。

ピンクベージュ

ピンクパンツの中でも、一番大人っぽくなるのがベージュに近い”ピンクベージュ”。ツヤのあるピンクベージュパンツにグレージュリブニットをINすれば、リッチな大人のニュアンスコーデの完成。

ショッキングピンク

鮮烈のショッキングピンクのワイドパンツは、シャイニーなベージュカーディガンを合わせると、お互いの良さを引き立てあう関係に。ベージュ・ゴールドの綿密に計算された小物使いで、派手すぎずエレガントな装いへと仕上がります。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW