LIFE STYLE

遠距離での復縁方法。絆を固めれば結婚も可能になるかも

2019/04/12

遠距離の彼と別れたものの、やっぱり忘れられない。

そんな切ない思いに胸を痛めている人もいるのでは?

復縁はむずかしいといわれる遠距離ですが、方法次第では結婚にまで至ることも不可能ではありません。具体的な方法を紹介します。

遠距離の復縁は別れ方から分析

遠距離の彼との復縁が叶うかどうかは、別れ方で大きく変わってきます。

具体的なポイントをチェックして、彼と復縁できる可能性について分析してみましょう。

別れ際にすがってはダメ

大好きな彼から別れを告げられて、冷静でいられる人はいません。

どうにか考え直してもらおうと、ついついすがってしまう人は多いのではないでしょうか。

でも、将来の復縁を考えるなら、これは決して良いふるまいとはいえません。

というのも、別れを切り出した段階で、彼の心は決まっているからです。

ここで泣いてすがったところで、考え直してくれることはまずありません。

それどころか、「めんどうだな」「こういうところがイヤなのに」と、かえってあなたに対する感情を悪化させてしまうことになるでしょう。

たとえどんなに未練があろうとも、彼に別れを告げられたときは、いったん素直に受け入れましょう。

未練を見せない態度こそ、彼との復縁に近づく効果的な方法なのです。

きれいな思い出なら可能性は上がる

別れを決め、最後に顔を合わせるときに、どれだけきれいな印象を残せるかも復縁の可能性を大きく左右する大切なポイントです。

人が別れた恋人について思い出すとき、まず脳裏に浮かぶのは、最後に会ったときの雰囲気や表情です。

もしもそれが、取り乱した姿だったり、怒った顔や泣き顔だったりしたら、決して良い記憶にならないことは想像に難くありません。

復縁を願うのであれば、彼の記憶に残るあなたの印象を最高のものにする必要があります。

つらい気持ちをグッとこらえ、別れ際こそとっておきの自分を見せましょう。

復縁のためにできること

では、実際に復縁するためにはどんなアクションを起こせばいいのでしょうか。

その具体的な方法について、順を追って見ていきましょう。

まずは冷却期間を置いて

いったん別れが訪れたなら、復縁したい気持ちはさておき、まずは一定の冷却期間を置きましょう。

「すぐにでもアクションを起こさなければ、本当に彼に忘れられてしまうかもしれない」

と考えて実行に移してしまう人はあとを絶ちませんが、残念ながらそのほとんどは失敗に終わります。

別れを選んだ以上、その時点で彼の心の中にはあなたへのネガティブな思いがあるはずです。

にもかかわらず、別れた直後から一方的に復縁を迫られたとしたら、より一層拒否反応が強くなってしまうでしょう。

ここはひとまず一歩しりぞいて、彼があなたに抱いているネガティブな思いをリセットする時間を作りましょう。

一見、遠回りに思えますが、これこそが復縁への重要なルートなのです。

LINEは控えめながら途切れさせない

いったん冷却期間を置くとはいっても、遠距離の場合、完全に連絡を絶ってしまうのは得策ではありません。

身近にいる場合と違って、お互いの情報が一切入らなくなってしまう可能性が高く、自然な復縁につなげることが難しくなってしまうからです。

そこでおすすめは、LINEを使った控えめな連絡です。

決して復縁を匂わせることなく、当たり障りのないメッセージのやりとりをすることで、切れそうで切れない、特別な関係を保ちましょう。

連絡をして彼女側から会いに行く

LINEで控えめな連絡をとりながら、一定の冷却期間を置いたら、いよいよ実際に行動を起こすタイミングです。

直接彼に会いに行きましょう。

とはいえ、なんの連絡もなく突然会いに行くのはNGです。

「こちらの都合はお構いなしなんだな」とネガティブな感情を抱かせてしまうと、せっかく冷却期間を置いた意味がありません。

なお、ここで彼に連絡する際は、彼の住む土地の観光スポットを訪れるなど、彼に会う以外に目的があることを伝えることが大切です。

別れた彼女が自分に会いにわざわざ遠方からやってくるとすれば、彼は少なからず警戒してしまうでしょう。

「たまたま近くに行くから、ついでに会えたらうれしい」くらいのニュアンスで伝えるのがおすすめです。

遠距離で復縁したカップルの特徴

では、実際に遠距離にもかかわらず復縁を成功させたカップルにはどんな特徴があるのでしょうか。

復縁するための参考としてチェックしておきましょう。

恋人より友人のような関係

遠距離でありながら復縁を成功させたカップルに見られる特徴のひとつに、『恋人というよりも、友人のような関係』というものがあります。

これは、決して2人の愛情が冷めているわけではありません。

むしろその逆で、不安定な恋愛関係を通り越し、一緒にいることがあたりまえの域に達していることを意味します。

一緒にいるからといってそれほどドキドキするわけではないけれど、いなくなるのは考えられない。

そんな関係性は、復縁から結婚に至る条件の一つと言えるでしょう。

結婚適齢期であることも関係

結婚適齢期であることも、お互いが遠距離の復縁を成功させたカップルに共通する特徴です。

遠距離のカップルが別れた場合、簡単に会えないぶん、お互いの未練がかき立てられやすくなるものです。

ましてや、結婚適齢期での別れだった場合、未練は後悔を生んで、「あれ以上の人は現れないかもしれない」「このまま結婚できないのでは…」という焦りにつながります。

相手への未練と結婚への不安を抱える2人が復縁したら、そのままゴールインになるのは自然な流れといえるでしょう。

まとめ

遠距離のカップルが別れた場合、復縁はむずかしいものと思われがちです。

だからといって不可能なわけではありません。

別れ方や、別れてからのアクション次第で、彼の心を取り戻せる可能性は高くなります。

自分の取るべき行動とNG行動をチェックして、彼の心を取り戻すべく行動していきましょう。

復縁からそのままゴールイン、そんな展開も決して夢ではありません。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW