2020年「スカーチョ」コーデ【32選】スカートとパンツのいいとこどり!
FASHION

2020年「スカーチョ」コーデ【32選】スカートとパンツのいいとこどり!

2020/07/16

スカートのレディさとパンツのアクティブさを兼ね備えた「スカーチョ」。上品なのに着心地が最高なので、一度穿くと病みつきになってしまうおしゃれさんも。オールシーズン着回せるスタイリング力の高さも魅力!
そんな「スカーチョ」コーデを季節やディテールに注目してお届けします。ぜひ参考にしてみて。

『スカーチョ』とは

スカーチョとはの画像

「スカーチョ」とは、『スカート』と『ガウチョパンツ』を組み合わせた呼び名。ガウチョパンツの裾幅をスカートのように広げて仕立てたパンツのことを指し、7分丈くらいの短めデザインがポイントです。

【色別】に見るコーデ例

定番カラーのスカーチョを使ったお手本コーデをご紹介! ここでは人気の「黒」「紺」「グレー」「ベージュ」「ピンク」をピックアップ。

シックに決まる『黒』

▼モノクロコーデでミニマルにまとめる

モノクロコーデでミニマルにまとめたコーデ画像

黒スカーチョを、白ノースリーブで明るく着こなした春夏向けスタイリング。キャップやフラットサンダルでカジュアルダウンしても、黒スカーチョの大人っぽさでクールな装いに。

▼グレーのタートルニットでカジュアルスカーチョを知的に

グレーのタートルニットでカジュアルスカーチョを知的にしたコーデ画像

グレー×黒で、シックなモノトーンにまとめた秋冬スカーチョコーデ。ざっくりニットのボリューム感も、スカーチョから足首をのぞかせて軽く仕上げればバランス良好! 靴下とシューズの色をリンクさせると統一感もばっちり。

落ち着きの『紺』

▼紺のロングスカーチョをかわいらしく着こなし

紺のロングスカーチョをかわいらしく着こなしたコーデ画像

ベレー帽とバレエシューズで、外国の少女を思わせるかわいいスタイリングに。ブルーコーデなら、かわいさがほどよくセーブされるので幼くなる心配もナシ。

▼チェックブラウスに合わせてグッドガールテイストに

チェックブラウスに合わせてグッドガールテイストにしたコーデ画像

ロング丈のスカートとハイネックのチェックブラウスで、かわいさのなかにも知的なムードを演出。トーンを抑えた配色で、落ち着いた大人の雰囲気に。

洗練された『グレー』

▼ライトグレーで暑い季節も涼しげに

ライトグレーで暑い季節も涼しげにしたコーデ画像

清涼感たっぷりなミントグリーン×ライトグレーの色合わせは、春夏にピッタリ! プリーツスカーチョをセレクトして、淡いコーデに立体感を作って。グレーとなじみのよいシルバーバッグで輝きをON。

▼ダークグレーでほっこりコーデをシャープに

ダークグレーでほっこりコーデをシャープにしたコーデ画像

秋冬は、ダークグレーのチェック柄スカーチョでトラディショナルにスタイリング。マスタードニットで華やぎをプラスしたら、足元は黒ショートブーツでモードに引き締めると大人っぽい。

ナチュラルな『ベージュ』

▼ベージュスカーチョでナチュラルかわいいをメイク

ベージュスカーチョでナチュラルかわいいをメイクしたコーデ画像

トップスもボトムスも流れるシルエットを意識したベージュコーデ。女性らしい華奢さをアピールしながら、足元はスポーツサンダルで抜け感をプラス。

▼ライトベージュで洗練された女性のムードを演出

ライトベージュで洗練された女性のムードを演出したコーデ画像

ロングスカーチョにヒールブーツで視線を上げて、スタイルアップを狙って。キュートなカラーリングでも、大人っぽさをしっかりアピール!

華やかな『ピンク』

▼ビビッドピンクは黒に合わせてクールに

ビビッドピンクは黒に合わせてクールにしたコーデ画像

ビビッドなピンクのスカーチョは、春夏の日差しに映えて気分を盛り上げてくれるアイテム。シンプルに着こなして、スカーチョのきれいな色合いを主役にして。リゾートテイストのクラッチでリュクスなアクセントを。

▼サーモンピンクで優しい印象をプラス

サーモンピンクで優しい印象をプラスしたコーデ画像

秋冬は、くすみコーラルのスカーチョで大人っぽく。ローファーで足元をトラッドにまとめたら、トップスはボーダーでカジュアルに仕上げて。落ち着いた色味ですが、ピンクを加えるとほどよく華やか。

人気の『プリーツスカーチョ』でおすすめコーデ

スカーチョのなかでも人気の高いプリーツデザインは、立体感を簡単にメイクできるので、投入するだけでおしゃれ見えするうれしいアイテム。
素材の違いで印象が変化するので、お好みのタイプをセレクトしてみて。

プリーツ×シフォン

▼ブルーでそろえてクールにキメて

ブルーでそろえてクールにキメたコーデ画像

シフォン素材はプリーツ加工がくっきり引き立つので、シンプルなワントーンコーデでも奥行きたっぷりに。全身をブルーでまとめた爽やかな装いには、反対色のレッドバッグを差し色にして

▼グレージュ×白の儚げコーデで女性らしさMAX

グレージュ×白の儚げコーデで女性らしさMAXのコーデ画像

白×淡いグレーのクリーンな着こなしに、シフォンプリーツの柔らかな動きを添えて洗練感アップ! フリルの甘さを、ハットやスニーカーなどハンサムな小物で抑えて大人バランスに。

▼落ち着いたカラーの装いはシフォン素材で軽やかに

落ち着いたカラーの装いはシフォン素材で軽やかにしたコーデ画像

サイドから後ろにデザインされた部分プリーツが、今っぽくおしゃれな雰囲気のブラウンスカーチョ。ネイビー合わせのこっくりカラーも、シフォンの透け感で軽く爽やかな装いにシフト。

プリーツ×カットソー素材

▼カジュアルなカットソー素材をきれいめに仕上げて

カジュアルなカットソー素材をきれいめに仕上げたコーデ画像

カットソー素材のプリーツスカーチョは、肌になじむ着用感が心地よいアイテム。アースカラーでまとめたリラクシーコーデが、プリーツの奥行きで大人シンプルな装いにクラスアップ!

▼深みのある秋コーデはハンサムテイストに

深みのある秋コーデはハンサムテイストにしたコーデ画像

ボルドー×ダークグレーの深みカラーでコーデすると、カジュアルなカットソー素材がぐっと大人な雰囲気に。黒小物で引き締めて、プリーツスカーチョをハンサムにスタイリング。

プリーツ×デシン素材

▼個性はカラー合わせでレトロな雰囲気をメイク

個性はカラー合わせでレトロな雰囲気をメイクしたコーデ画像

ほどよい厚みと上品なツヤ感が特徴のデシンは、ひかえめプリーツで素材感を活かしたコーデに。キャメル×グリーンの深みカラーを組み合わせると、レトロな雰囲気が漂う。キャッチーなメガネで顔を飾ってパーフェクトに仕上げて。

【年代別】スタイリングのポイントを解説!

年齢問わずスタイリングを楽しめる『スカーチョ』の、年代別コーデポイントを解説。スタイリング時に意識したい部分をしっかりチェックして、いつものコーデを格上げして♪

20代はかわいらしさを意識したスタイリングがおすすめ

20代はかわいらしさを意識したスタイリングがおすすめのコーデ画像

20代のコーデでは、かわいさを残したスタイリングがおすすめ。パフスリーブやシャーリングでキュートなポイントを作り、配色やシルエットでキレイさや大人っぽさを調節するとGOOD。

30代は丈感やシルエットで抜け感を作ると◎

30代は丈感やシルエットで抜け感を作ると◎のコーデ画像

30代の大人女子は、気取らないコーデメイクで遊び心満載に仕上げて。トップスの裾をあえて出したり、太めシルエットでラフに着こなしたり、コーデに抜け感を作るのがポイント。

40代はキレイめコーデで大人の余裕を醸し出して

40代はキレイめコーデで大人の余裕を醸し出したコーデ画像

40代の女性は、動きのあるスカーチョを落ち着きのあるスタイリングにまとめることを意識。成熟した大人の女性ならではの余裕を醸し出して。

【靴】から考えるコーデ例

足元のスタイリングは、ボトムスであるスカーチョの魅せ方にダイレクトにかかわる重要なポイント。『パンプス』『スニーカー』『サンダル』それぞれの印象をしっかりマスターして、スタイリングに役立てて。

『パンプス』はレディに仕上がる

『パンプス』はレディに仕上がるコーデ画像

女性らしい足元の代表格「パンプス」は、足の甲のほどよい肌見せがポイント。ヒールありなら視線が上がって、スタイルアップ効果も◎。

『スニーカー』で王道カジュアル

『スニーカー』で王道カジュアルなコーデ画像

カジュアルに仕上げるならスニーカーがベスト。柄や色も多く、コーデの幅に広がりが出るのもうれしいところ。

『サンダル』で涼しげな足元に

『サンダル』で涼しげな足元にしたコーデ画像

暖かい季節にピッタリのサンダルは、足元から涼しげな雰囲気をメイク。ヒールサンダルからスポーツサンダルまで種類も多いので、気分やコーデのテイストに合わせてセレクトして。

【2020年版】コーデをチェック

トレンドを取り入れた今年流スタイリングをご紹介。汎用性のあるアイテムだからこそ、流行をしっかりチェックして、最旬コーデを楽しんで。

シアー素材でフェミニンなムードをプラス

シアー素材でフェミニンなムードをプラスしたコーデ画像

トレンドのシアー素材を取り入れたフェミニンなムードのスタイリング。トップスをインせず着ることであざとさを払拭し、こなれた印象に。

柄スカートをきれいめコーデに昇華

柄スカートをきれいめコーデに昇華したコーデ画像

白地のペイズリー柄スカートは、アイシーパープルと合わせて大人らしいコーデに。いつものコーデに柄物を差し入れて遊び心をプラス。

グリーンスカートもアースカラーを選んでナチュラルに

グリーンスカートもアースカラーを選んでナチュラルにしたコーデ画像

トレンドのアースカラーはグリーンをチョイス。ナチュラルながらも個性の宿るコントラストで、他と差をつけたコーデをメイクして。

お目立ち柄スカートを主役に

お目立ち柄スカートを主役にしたコーデ画像

流行のエスニック柄は大胆な大柄をチョイス。シンプルなトップスと合わせてバランスよく着こなして。

春夏コーデ集

最後に、季節に合わせたコーデを見てみましょう。春夏は、爽やかな色・柄を取り入れて涼やかに仕上げるのがポイント。軽やか素材のスカーチョで軽快に着こなして。

イエロー×白のライトな春カラーコーデ

イエロー×白のライトな春カラーコーデの画像

春夏らしいフレッシュなレモンイエローのカーディガンをトップス感覚で白スカーチョにON。淡い色でまとめて、洗練された雰囲気に。ふんわり広がるスカーチョで、パンツだけれどレディな着こなしが実現!

開襟シャツを合わせてレトロカジュアルに

開襟シャツを合わせてレトロカジュアルにしたコーデ画像

ネイビースカーチョに、ドット柄シャツとスニーカーを合わせてレトロカジュアルに。ちょっと甘めなドット柄も、ベーシックカラーでまとめれば大人顔。かごバッグで清涼感を添えて。

クリーンなホワイトコーデをスニーカーで崩して

クリーンなホワイトコーデをスニーカーで崩したコーデ画像

アイシーグレーのスカーチョに、ストライプ柄プルオーバーを合わせた爽やかな大人カジュアル。柄物トップス&プリーツなら、薄着でも奥行きたっぷりに。ふんわりスカーチョにダッドスニーカーで今どきなエッジを効かせて。

秋冬コーデ集

秋冬は、コートやアウターを組み合わせて着こなしの温感をアップ! 7分丈のスカーチョなら、重くなりがちな秋冬コーデの足元に抜け感を作ってくれる。秋冬ならではの厚み素材でリッチに仕上げるのもオススメ。

ベージュの上品コーデをライダースジャケットで引き締め

ベージュの上品コーデをライダースジャケットで引き締めたコーデ画像

レーシーニット×プリーツスカーチョのベージュワントーンコーデに、辛めなライダースを羽織って甘辛MIXに。レザーの重厚感とゆれるプリーツのコントラストがメリハリたっぷりでおしゃれ!

小物にこだわりグッドガールを意識

小物にこだわりグッドガールを意識したコーデ画像

インディゴデニムGジャン×黒スカーチョのダークカラーコーデは、細い足首を見せることでぐっと軽くあか抜けた着こなしに。靴下で露出量を調整して、あったかコーデを目指して。

ロングコートにはミモレ丈スカーチョを合わせてヤボったさを払拭

ロングコートにはミモレ丈スカーチョを合わせてヤボったさを払拭したコーデ画像

真冬にロング丈のチェスターコートを羽織ったら、ショートブーツで足元のボリューム調整をするのもオススメ。スカーチョも、ハリ素材にチェンジしてウォーム感を演出して。濃いめベージュで上品に。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW