LIFE STYLE

両片想いって何?想いに気づかない原因と幸せになるための行動

2019/04/12

お互いに片想いしていることを両片想いといいます。

片思いのあの人は、実はあなたのことが気になっていて、お互い気づかないだけかもしれません。

両片想いの状況は、どういったパターンがあるのでしょうか。両想いを目指す方法と合わせてご紹介します。

両片想いとはどういう意味?

恋愛コミックやドラマなどにもよく見られる『両片想い』というシチュエーションは、一体どんな状況を指すのでしょうか。

自分が好きな相手の気持ちが分からず、ドキドキしている片想いの人は、両片想いについて知っておくと良いでしょう。

両片思いの意味を知り、勇気を出して気持ちを打ち明けることができれば、恋のすれ違いを回避できるかもしれません。

以下では、両片想いの意味について詳しくご説明していきます。

両想いなのに片想いだと思っている状態

一般的に両片想いは、お互いがお互いに対して片想いをしている状態のことを指します。

つまり実は両想いなのに、気持ちが分からないまますれ違っていて、お互いに片想いだと思い込んでしまっている状態です。

お互いに気持ちを伝えていないので、本当の気持ちに気づけず、進展しないままになっているのが両片想いの特徴でしょう。

両片想いの時は、相手の気持ちが見えないのでもどかしく、『もしかして、自分のことが好きなのかな?』と不安と期待の間で揺れ動いてしまうのです。

両片想いの場合は、どちらか一方が気持ちを打ち明けることで両想いになれます。

もし両片想いの可能性があるのなら、両想いを目指して行動してみると良いでしょう。

両片想いのあるある

以下では、両片想いの時によくあるシチュエーションや、両片想いの特徴についてご紹介します。

もしも、自分と好きな人との関係が当てはまる場合は、勇気を出して行動を起こしてみても良いでしょう。

本当は両想いなのに、片想いだと思い込んだまま時間だけが過ぎ、告白できずにいるのは良くありません。

両片想いの特徴を知って、両想いになるためのチャンスを掴んでいきましょう。

友達は2人が両想いだと気がついている

両片想いの場合、周りの友達は、2人が両想いだと気づいているパターンが多いようです。

実際の気持ちを教えてしまうのは本人のためにならないから言わない友達もいますが、多くは2人が結ばれるように応援してくれるでしょう。

友達がキューピッド役として2人を取り持つことも少なくありません。

相手との関係について「絶対上手くいくと思う!」と友達が太鼓判を押してくれているのなら、両片想いの可能性を考えてみても良いでしょう。

また、両片想いの状態に気がついている友達から茶化されたり、「付き合ってるの?」と聞かれたりすることもあります。

この時に相手への気持ちを否定してしまうと、進展しにくくなってしまうので気をつけましょう。

友達の期間が長いことも特徴

友達の期間が長く、お互いの気持ちに気づけないまま両片想いの状態が続いているパターンも多く見られます。

このパターンでは、お互いに異性として見られていないのでは…と思い込んでしまい、気持ちを伝える勇気が出せずに、もどかしい両片想いの状態で居続けてしまうのが特徴です。

友達期間が長ければ長いほど、恋愛関係になるまでのハードルが高く、気持ちを打ち明けることで関係が壊れてしまうのでは…と臆病になってしまいがちです。

意味なく日常的に連絡を取る

両片想いの人の特徴として、意味もなく日常的に連絡を取り合っているパターンもあります。

お互いがお互いに好意を持っているため、日常的にやり取りをするのが習慣化しているのです。

周りから見ると「もう付き合っているんじゃないの?」というほど仲が良く、本人達も何となく気持ちが滲み出てしまっていることが多いでしょう。

2人のペース、雰囲気が似ている

両片想いの場合、お互いの雰囲気が似ていたり、ペースが似ていたりすることも多いようです。

2人でいるとどこか落ち着く、何もなくても一緒にいたいと思える居心地の良さを感じる場合は、お互いに好意を持っている証拠かもしれません。

友達だから居心地がいいのかな…と思っても、思い切って告白してみたら「自分も好きだった」と両片想いだったことが判明するパターンもあるようです。

両片想いになる原因

本当は両想いでお互いに恋している状態なのに、それに気づかないまま片想いだと思い込んでいる両片想いの状態は、どんな原因で起こってしまうのでしょうか。

以下では、片想いだと思い込んでしまう理由や、両片想いの原因についてご説明します。

自分と好きな人の関係で当てはまるところがないか、チェックしてみましょう。

どちらも恋愛に奥手

どちらも恋愛に対して奥手で、なかなか気持ちを伝えられないタイプの場合、両片想いになってしまうことがあります。

恋愛に対して奥手なので、積極的にアプローチができず、受け身になってしまうことが原因で気持ちを伝えられないままでいるのです。

恋愛に奥手なタイプ同士は、両片想いの状態から抜け出すためにどちらかが勇気を出してアプローチをする必要があります。

そもそも恋愛に疎い

両片想いになりやすいのは奥手なタイプが多いと説明しましたが、そもそも恋愛に疎いタイプも両片想いになりやすいようです。

恋愛に疎いため、相手のアプローチや気持ちのアピールサインに気づけないのです。

これは、恋愛の経験が少ない場合なども当てはまります。

恋愛に疎く、相手に気持ちを伝えるのが苦手な人は、どうすれば相手と付き合えるのか分からないパターンもあるでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がない人も、両片想いによくあるケースです。

『自分なんかを好きになるわけがない』と自信を持てずに、相手の好意に気づけないのです。

また、自信がないことから『告白して振られたらどうしよう…』と心配になってしまい、告白がなかなかできないのも両片想いの状況を作り出す原因になります。

両片想いから両想いになる方法

両片想いの状態から両想いになるためには、今の2人の関係から一歩踏み出す勇気が必要です。

2人の間の空気を変えるために、異性であることをアピールしたり、気持ちを伝えるために積極的なアプローチをしたりすることが重要になるでしょう。

もどかしい両片想いの状況から抜け出して、好きな人と恋人同士になるために、以下でご紹介する方法を試してみるのがおすすめです。

異性であることをアピール

両片想いの場合は、お互い好意を抱いている状態のため居心地がよく、下手をすると『友達としてでもそばにいられるだけで十分』と考えてしまいます。

こういった状況を避けるためにも、相手に異性であることをアピールすることが重要です。

異性としての魅力をアピールすることで、恋のときめきが燃え上がり、恋人の関係へと発展していくチャンスにつながります。

女性の場合は少し露出のある服や、普段と違った女性らしい服装にしてみるなど、女としての自分をさりげなくアピールしてみましょう。

相手のことも異性として扱う

両片想いの状態から両想いに発展するためには、相手のことを異性として扱うことも大切なポイントになります。

異性として意識せずに友達付き合いをするのは楽で居心地が良いですが、恋人になりたい場合は異性としてアプローチをしていきましょう。

バレンタインデーにチョコを渡したり、ロマンチックなデートスポットに誘ったりするなど、異性として接する機会を増やしていくのがおすすめです。

はっきりと告白をする

両片想いの状態に終止符を打ちたいのであれば、相手にはっきりと告白をすることも大切です。

片想いのままでいるのではなく、しっかりと恋人になりたい気持ちを伝えましょう。

両片想いの場合、お互いに気持ちを伝えていないため、片想いだと勘違いしています。

この状況から一歩踏み出すためには、正直に自分の気持ちを打ち明けるのが一番です。

まとめ

両片想いの状態は、相手の気持ちが見えないので不安になったり、ドキドキしたり一喜一憂することも多いでしょう。

しかし、両片想いはお互いに恋をしている状態なので、あと一歩勇気を出したら気持ちが通じる場合がほとんどです。

少しでも相手に脈があるかも…と感じたら、ぜひ両想いになれるようにアプローチをしてみましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW