LIFE STYLE

ここがポイント!LINEが続かない人と続く人の違いって

2019/04/12

好きな男性と、なかなかLINEのやり取りが続かないという悩みを抱えている方も少なくありません。今回は、LINEが続かない原因や楽しく続けるコツ、上手くいくために気をつけたいLINEの使い方についてご紹介します。

彼氏や友達とのLINEが続かない4つの原因

彼氏や友達とLINEをしているのに、なかなかメッセージのやり取りが続かない人がいます。

なぜ、LINEが続かない?

以下では、LINEのやり取りがなかなか続かない原因についてご紹介します。自分が相手にどんなLINEを送っているか振り返りながら、間違ったLINEの使い方をしていないかチェックしてみましょう。

【1】質問攻めをしている

好きな人や友達へのLINEでついやってしまいがちなのが、質問攻めにしてしまうことです。

興味がある相手を知りたいという気持ちから質問をする人は多いでしょう。

しかし、何度も質問ばかりしてしまうのはよくありません。

矢継ぎ早に質問を続けてしまうと、相手はどんどん回答するのが面倒になっていきます。

相手のことをひとつでも多く知るのは、関係を深めるためには重要なことですが、ひとつ質問をしたら、そこから話題を広げていくなどの工夫が大切になるでしょう。

【2】自分ばかり連続で発言している

相手が既読をつけた後、返信が待ちきれないからといって思わずメッセージを連投している人は注意が必要です。

自分ばかり連続で発言してしまうと、相手は返信をするタイミングを逃してしまうだけでなく、「しつこい」「面倒臭い」といった印象を抱いてしまいます。

自分ばかり連続でメッセージを送るのではなく、相手の返信が来てから返事を送るようにしてみましょう。

相手の返信スピードに合わせて焦らずに会話のキャッチボールができるように心がけることが大切です。

【3】目的のないトークをしている

LINEのやり取りを重ねていくとやってしまいがちなのが、目的のないトークを続けてしまうというパターンです。

相手に対して特に内容のないトークを送ってしまうと、相手がうんざりして返信をしなくなることは少なくありません。

他愛もないおしゃべりが苦手という男性も少なくないため、どうでもいい会話をすることで、相手があなたに対しての新鮮味やときめきを感じなくなる恐れがあります。

気になる男性とLINEをする時は、オチのない話や目的のないトークはできるだけしないようにしましょう。

【4】相手の都合を考えていない

LINEをしていて、なかなか既読がつかない場合や、既読無視をされてしまっているときは、不安になってしまう人も多いでしょう。

中には、不安な気持ちから返事を催促したり、返事がないのに新しくメッセージやスタンプを送ったりしてしまう人もいます。

しかし、気になる人とLINEを続けたいのであれば、相手の都合を考えることも大切です。

仕事中や出張中など忙しくてなかなか返事ができないという場合や、あまりにも遅い時間のLINE、体調不良のときなど、相手にも返事が返せない都合があるかもしれません。

返事が遅れる原因は、様々な理由が考えられるので、返事が来ないからといって、人の都合を考えずにトークを送るのはNGです。

LINEが続かない時の話題選び

LINEをしていてもなかなか続かない、どんな内容のトークを送ればいいのか分からない、と悩んでいる方もいるでしょう。

LINEのトークは気軽に送れるので、関係を進めるには便利なツールですが、話題選びはとても重要です。

相手に興味を持ってもらえるように、思わず返信したくなる話題選びをする必要があります。

以下では、LINEが続かないときにおすすめしたい話題についてご紹介します。

気になる相手とLINEをするとき参考にして、楽しい会話が続くようにチェックしてみましょう。

鉄板は今日の出来事

LINEのトーク内容の鉄板といえば、今日あった出来事についてでしょう。

その日にあった楽しいことや、驚いたことなど、お互いの様子がわかるような会話は仲を深めるためには不可欠です。

日常的な会話の中で、相手の性格や考え方も理解できるようになり、自分のことも親しみやすく感じてもらえるでしょう。

ただし、その日あった出来事は最も会話がしやすい内容ですが、マイナスな発言はあまりおすすめできません。

人の悪口や職場の愚痴などは、片思いの段階では避けた方が良いでしょう。

相手の心が明るくなるような、ポジティブな話題を心がけてください。

食事の好みやおすすめ店舗情報

相手の食事の好みを聞いたり、おすすめの店舗を聞いたりするのも、話が弾みやすくなるのでおすすめです。

こういった食事に関するトークや、おすすめの店についてのトークなどは、実際にデートの約束にもつなげやすくなります。

「この前行ったお店がすごくおしゃれで美味しかったよ!」というようなトークから、「じゃあ今度一緒に行ってみよう」「今度連れて行って」という提案につなげられるため、関係を深めるのに有効なのです。

食事の好みを知ることで相手の趣味に合わせたデートプランを考えやすいのもメリットになります。

食事の好みが合うのは相性がいいと感じてもらいやすく、好意をもってもらえる確率がアップします。

共通したスマホゲームの話

好きな人と時間や話題を共有できるのは、とても嬉しいことです。

LINEの相手がスマホゲームをやっているのであれば、ぜひ自分も同じゲームをプレイしてみましょう。

共通したスマホゲームの話題であれば相手も返信しやすく、会話が盛り上がりやすいのでおすすめです。

ガチャの結果やゲームの進み具合、攻略の仕方などを話すのはもちろん、一緒にプレイできるようなゲームであれば「一緒にクエストやらない?」と誘うことも可能でしょう。

LINEから脈ナシ・アリの判断をする方法

LINEの返事が遅い、または返事が返ってこない場合など、相手の気持ちが気になって不安になることもあるでしょう。

彼の気持ちが分からないときに、LINEの返信というのはひとつの目安としても参考になります。

以下では、LINEの返信から脈なし、脈ありを判断する方法をご紹介します。彼とのLINEのやり取りについて、ぜひチェックしてみましょう。

返信が早い

彼からの返信が早い場合は、脈ありの確率が高いでしょう。

これは男女ともに、『好意を抱いている相手への返信は、時間をあけずにすぐ返す』という人が多いことからも分かります。

既読がついた後すぐに返信が返ってくる場合や、その日のうちに返事が来るようであれば、彼は好意的に見てくれていると思っても良いでしょう。

暇アピール

LINEのトークで暇アピールをしてくる男性の心理は、あなたに構ってもらいたい、会ってデートがしたいという気持ちの表れかもしれません。

何とも思っていない相手に暇だとアピールすることは、まずないので、こういったトークが来たら相手は好意を抱いている可能性が高いです。

同じ時間帯にLINEが来る

毎日同じ時間帯にLINEが来る場合も、脈ありの可能性が高いでしょう。

例えば、仕事が終わった時間や、寝る前など、決まった時間帯にLINEをくれるというのは、彼の中であなたとのLINEをする時間が日課になっているのです。

毎日LINEのやり取りをしているということは、毎日あなたのことを考えている証拠でしょう。

続けることにこだわりすぎない

LINEのやり取りによって相手との距離が縮まるのは確かですが、LINEを続けることにこだわりすぎるのはよくありません。

LINEを続けることにこだわりすぎて、相手に負担をかけないように注意してください。

実際に会うことが大切

LINEをすることだけで満足せずに、相手と電話をしたり、デートに誘ったりと、関係を深めるためには直接的なアプローチをすることも忘れないようにしましょう。

LINEのやり取りで相手のことを知るのも大切ですが、やはり距離を縮めたいのであれば実際に会って話すのが大切です。

まとめ

LINEのメッセージが続かない場合は、まず自分の送っているメッセージの内容を見直すようにしましょう。

相手とのトークを見返したときに、負担をかけていないか、楽しい内容なのかチェックしてみるのがおすすめです。

相手の反応を見ながら適度なやり取りを心がけ、関係を深めるためのツールのひとつとしてLINEを活用してみてください。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW