夏の帽子はどんな【素材・色】が正解?おすすめコーデ28選
FASHION

夏の帽子はどんな【素材・色】が正解?おすすめコーデ28選

2020/02/21

紫外線対策や熱中症対策など、機能性や実用性だけを求めがちになる夏の帽子。でも、おしゃれに敏感な大人女子にこそ、「道具」としてではなく「ファッションアイテム」としてぜひ夏コーデに取り入れてほしい! そんなMINEの熱い思いを絶対失敗しない3つのポイントとともにお届け。今年の夏こそ、素敵な帽子をあなたのコーデにプラスしてみて。

夏の帽子コーデの【3つのポイント】

  1. TPOに合わせて帽子の種類をチョイス
  2. 涼やかな素材でおしゃれかつ快適に
  3. 色はアクセントにするorなじませるのどちらか

【1】TPOに合わせて帽子の種類をチョイス

夏のレジャーには、日よけ対策としてのハットやアドベンチャーハットなど、7センチ以上ツバのあるものがマスト。ちょっとした外出には、キャップやキャスケットなどおしゃれなカジュアルテイストのものも◎。少しだけツバのあるタイプを選べば、うっかり日焼けも怖くない♪

【2】涼やかな素材でおしゃれかつ快適に

日差しが強い夏の帽子は、視覚的にも清涼感が感じられる素材がほとんど。リネンやストローなど夏ならではの素材はもちろん、コットンやポリエステルなど通年かぶれる素材も、通気性&吸汗性がいいものをチョイスすると◎。

【3】色はアクセントにするorなじませるのどちらか

何も考えずいつものコーデに帽子をかぶると、頭だけ浮く恐れが......! それを避けるには色合わせが重要。アイテム数が少ないため寂しくなりがちな夏のファッションのアクセントにするのか、それともシーズンムードをさらに盛り上げるためにうまくなじませるのか、どちらがいいのか吟味してからスタイリングをしてみて。

夏の帽子の【種類】をチェック!

夏の帽子の【種類】をチェック!のイメージ画像

夏の帽子の【種類】は大きく分けると7つ 。かぶるだけで夏らしさが倍増するものから、どんなテイストのファッションでも合う使い勝手抜群のベーシックなものまで、実に種類が豊富。どれを買うか迷っちゃいそう♪

ハット

ハットの画像

夏の帽子といえば真っ先に思い浮かぶのがこの「ハット」。これだけで夏らしさを演出してくれる優れもので、日よけ対策にはマストアイテム! 素材はストローやペーパーが多く、最近では折りたたんで持ち運びできるタイプもたくさん店頭に出ています。

中折れハット

中折れハットの画像

真ん中が凹んでいて、正面からみるとクラウンがM字になっているのが特徴。紳士的な印象が強いイメージですが、女性がかぶってもばっちりまとまります。サイズが合えば彼やご主人と兼用でもOK。

カンカン帽

カンカン帽の画像

ツバと天井が平らになっていて、多くの場合ハットリボンがついている。愛くるしさ満点のフォルムなので、大人ガーリーなファッションに最適! レトロな雰囲気を演出してくれるので、クラシカルなスタイリングの仕上げとしてプラスするのもおすすめ。

サマーベレー

サマーベレーの画像

秋冬素材だとほっこり感が強い「ベレー帽」も、リネンやコットンなど涼やかな素材だと意外とシャープに決まるから不思議。ヘアスタイルや、顔まわりのアクセサリーでなじませるのがおしゃれ女子のテクニック!

キャップ

キャップの画像

広いツバで、日差しよけにもなる実用的な「キャップ」。大人っぽいスタイルの外し役として取り入れるのがおすすめ。大人カジュアルやスポーツMIXとして着こなしてみて。

キャスケット

キャスケットの画像

夏のマリンルックに欠かせない「キャスケット」。いつものコーデにこなれ感を加えてくれるから、ひとつあると便利なアイテム。コーデを組むときは、全体の調和をしっかり意識してみて。

アドベンチャーハット

アドベンチャーハットの画像

ツバが長く、あごひもがついているのが特徴。夏のレジャーに最適で、防水&撥水加工や、UVカットなどの高機能のものが多い。また、折りたたんでも型崩れしにくいので、持ち運びにも便利。

夏は【素材】で快適にシーズンムードを高める

洋服と一緒に帽子も衣替えがマスト。帽子内の蒸れを解消するストローやリネン、オールシーズンかぶれるコットンまで、実にバリエーション豊かな夏の帽子たち。スタイリングに帽子をプラスするときは、素材から吟味すると一気におしゃれ上級者になれることまちがいなし!

ストロー

ストロー素材の帽子の画像

天然素材の草を使用したもので、一番なじみの深い名称が「ストロー」。そのなかでもラフィアやアバカ、ラミーなどのさまざまな草があり、その特性も多岐にわたる。天然素材のもつ独特な風合いやしなやかさなどが最大の特徴。

パナマ

パナマ素材の帽子の画像

数ある天然素材の草のなかでも、ひと際高級感を放つのがこの「パナマ」。分類的にはラフィアやアバカなどの「ストロー」と同じ素材だけれど、質の高さからあえて差別化され、春夏シーズンの高級帽子として取り扱われている。より細かく編み込まれているものほどランクが高く、それに比例して価格も高い。

ペーパー

ペーパー素材の帽子の画像

「ストロー」に対して、紙で作られているものを「ペーパー」と呼びます。紙の素材なので、天然素材で作られているストローよりも、比較的安価なものがほとんど。色も染まりやすいため、カラー展開も豊富なところが魅力的! また、天然素材に比べ劣化しにくいため、長くきれいに使えるところも高ポイント。

リネン

リネン素材の帽子の画像

春夏の洋服の生地になることが多い「リネン」。通気性がよく、吸水性に優れているため、内側が蒸れやすくなる帽子にも最適な素材! 写真のようなおしゃれなキャスケットから、ツバの広いハットまでたくさん種類があるので、日差しの強い夏にはもってこいの素材♪

コットン

コットン素材の帽子の画像

代表的な素材のなかで唯一オールシーズン使えるものが「コットン」素材。保温と防暑のどちらとも兼ね備えているため、暑い季節でも寒い季節でも使い心地抜群♪ 非常に軽い素材なので、肩の凝りやすい人にもおすすめです。

【黒】で夏の軽装をピリッと引き締める

汗ばむ暑い日は、アクセサリーなどの小物を極力身につけたくない人も多いはず。アイテム数が少なくなり、肌の露出が高くなると、いまいち締まりのないコーデになってしまうことも。そんなときには、黒の帽子でかっこよく華やぎをプラスすると◎

黒キャップ×ストライプシャツ×グレーレギンス

黒キャップ×ストライプシャツ×グレーレギンスのコーデ画像

ブルーストライプシャツとグレーのリブレギンスを寒色系でまとめたら、涼しげなサマースタイルに。引き締め役として黒のキャップとサコッシュバッグをプラス。

黒ロゴキャップ×黒キャミソール×グリーンボトムス

黒ロゴキャップ×黒キャミソール×グリーンボトムスのコーデ画像

落ち着いた色合いのアイテムを組み合わせたら、外し役としてロゴキャップとキャンバスバッグをON。肌の露出が多くても、黒とモスグリーンなら大人な印象をキープ。

黒キャップ×白シャツ×黒アイテム

黒キャップ×白シャツ×黒アイテムのコーデ画像

クリーンなアシンメトリーシャツは、黒スキニー合わせでメリハリを作って。キャップやリュックを黒で統一して、大人なアクティブスタイルにシフト。

黒キャップ×黒タンクトップ×ギンガムチェックタイトスカート

黒キャップ×黒タンクトップ×ギンガムチェックタイトスカートのコーデ画像

黒のギンガムチェックスカートでフェミニンスタイルを作ったら、キャップとスリッポンでカジュアルダウン。甘くなりすぎない印象に。

黒キャスケット×カーキガウン×黒スキニー

黒キャスケット×カーキガウン×黒スキニーのコーデ画像

カーキのガウンと黒スキニーで作ったクールなスタイルに、キャスケットでちょっぴりフェミニンさをプラス。足元も、ガウンのカラーとそろえたスニーカーをチョイスして、ツーカラースタイルをメイク。

黒キャスケット×ボーダートップス×ホワイトワイドパンツ

黒キャスケット×ボーダートップス×ホワイトワイドパンツのコーデ画像

ボーダートップスとホワイトのリネンワイドパンツで定番マリンルックに仕上げたら、足元もホワイトで爽やかに。黒キャスケットを添えれば全体が引き締まり、大人っぽい印象に。

黒ベレー帽×黒トップス×チノパン

黒ベレー帽×黒トップス×チノパンのコーデ画像

ベレー帽初心者さんなら、取り入れやすい黒から始めるのがオススメ。シンプルな黒トップス×チノパンのスタイルは、ベレー帽、アイグラス、ピアスのおかげでおしゃれにアップデート。ベーシックカラーのコーデだからこそ、レッドルージュで女っぷりを上げて。

黒ベレー帽×黒トップス×チェック柄パンツ

黒ベレー帽×黒トップス×チェック柄パンツのコーデ画像

オールバック前髪×サングラスで、ベレー帽もクールな印象に。チェック柄パンツとブラウンパンプスでまろやかに中和させて。

【グレー】は物足りないスタイリングにプラスワン

なんだか物足りない......そんな寂しさを感じるコーデには、黒と白のいいとこ取りをした「グレー」の帽子をONしてみて。黒より重くなりすぎず白よりも浮きづらいから、いつものスタイリングにマッチするはず♪

グレーキャップ×黒ノースリーブトップス×グレーチュールスカート

グレーキャップ×黒ノースリーブトップス×グレーチュールスカートのコーデ画像

涼しげなブルーニットには、グレーキャップとチェック柄ボトムス、赤フラットシューズを合わせてトラッドな着こなしをメイク。きちんとスタイルも、グレーキャップが加わるだけで簡単におしゃれ感度がアップ!

グレーキャスケット×ボーダートップス×ジーンズ

グレーキャスケット×ボーダートップス×ジーンズのコーデ画像

太ボーダー×袖フリルでインパクトのあるトップスは、シンプルなジーンズを合わせるのが好バランス。グレーのサーモキャスケットとイエローサンダルで夏らしい印象を底上げ。

グレーキャスケット×ピンクオフショルダーブラウス

グレーキャスケット×ピンクオフショルダーブラウスのコーデ画像

一枚で女性らしい艶っぽさを演出できるショッキングピンクのオフショルダーブラウス。デザインも甘さたっぷりだから、カジュアルなデニムだけでは糖度が下がりにくいアイテム。そんなときこそ、グレーのキャスケットでボーイッシュなテイストを加えるのが◎。

グレーベレー帽×黒トップス×チェック柄ワンピース

グレーベレー帽×黒トップス×チェック柄ワンピースのコーデ画像

ベレー帽とチェック柄ビスチェワンピースのプレッピースタイル。黒アイテムを散らすことで、大人っぽい上品さをプラス。帽子も黒にしてしまうと暗くなってしまうので、ベレー帽の色はグレーが大正解!

【ネイビー】の爽やかカラーで清涼感たっぷり

さらに夏らしさをアップさせたいなら、ネイビーの帽子で清涼感をプラスしてみて。黒よりもやわらかい色だから、ラフなスタイリングにやんわり緊張感をもたせることができる。かぶるだけで、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそう!

ネイビーキャップ×黒ノースリーブワンピース×ベルテッドサンダル

ネイビーキャップ×黒ノースリーブワンピース×ベルテッドサンダルのコーデ画像

万能な黒ノースリーブワンピースは一枚でコーデが完成する半面、シンプルになりがち。こういうときこそ帽子の出番! ネイビーのキャップをかぶって全体の明度を高めつつ、ワンショルダーバッグとベルテッドサンダルでスポーツMIXスタイルに昇華させるとGOOD。

ネイビーキャップ×チノロングスカート

ネイビーキャップ×チノロングスカートのコーデ画像

帽子だけ浮くのが心配な人は、トップスと同じ色にすれば失敗知らずだからトライしやすい。ネイビー×ベージュ×白の配色はまさに王道のマリンルック。ほんのりガーリーなチノロングスカートの甘さを、ツバの長いメンズライクなキャップで抑えるのが◎。

ネイビーベレー帽×白T×リネンワイドパンツ

ネイビーベレー帽×白T×リネンワイドパンツのコーデ画像

白×ベージュのペールトーンコーデに、ネイビーのベレー帽で爽やかなアクセントをプラス。リラックス感あふれるリネンワイドパンツ×白Tにベレー帽をかぶるだけで、まるで水兵さんのような愛らしいマリンスタイルにシフトチェンジする。

【ベージュ】で夏らしさを加速させて

夏になると、待ってましたと言わんばかりに店頭のほとんどを覆いつくす麦わら帽子たち。そうなると、自然と手にすることが多くなるのが「ベージュ」の帽子♪ やわらかいベージュは、辛口スタイルでも甘口スタイルでも何にでも合わせやすいから重宝します。

ベージュキャップ×白ワンピース×スニーカー

ベージュキャップ×白ワンピース×スニーカーのコーデ画像

春夏らしい軽やかなコットンワンピースは、まろやかなベージュキャップがお似合い。カジュアル度が高まるから、気負いなく甘いワンピースが楽しめちゃう。

ベージュキャップ×グレージュT×ジーンズ

ベージュキャップ×グレージュT×ジーンズのコーデ画像

グレージュTシャツとインディゴブルーデニムのダークトーンの組み合わせは、ベージュキャップをプラスしてブライトアップ。

ベージュキャスケット×ライトグレーシャツ×ジーンズ

ベージュキャスケット×ライトグレーシャツ×ジーンズのコーデ画像

ライトグレーシャツとライトブルーデニムで、カラートーンを統一したスタイル。ライトベージュのキャスケットをプラスすれば、クールな色合いも優しげな印象に。

ベージュキャスケット×グリーントップス×レーススカート

ベージュキャスケット×グリーントップス×レーススカートのコーデ画像

ツヤ感のあるモスグリーンのトップスと涼しげなレーススカートのフェミニンな組み合わせは、ラフィア素材のベージュキャスケットでカジュアルダウン。シューズは帽子のカラーとリンクして色数を抑えて。

ベージュベレー帽×カーキロングシャツ×ベージュパンツ

ベージュベレー帽×カーキロングシャツ×ベージュパンツのコーデ画像

カーキのロングシャツとベージュパンツで縦長シルエットを強調したスタイル。ボトムスのカラーとリンクしたベレー帽をかぶり、まとめヘアでさらにスタイルアップを狙って。

ベージュカンカン帽×黒アイテム×ラフィアバッグ

ベージュカンカン帽×黒アイテム×ラフィアバッグのコーデ画像

カンカン帽初心者さんは、色数を抑えたツーカラースタイルですっきりとまとめてみて。黒とラフィア素材の組み合わせなら、おのずと洗練された印象に。

ベージュカンカン帽×ストライプワンピース×シルバー小物

ベージュカンカン帽×ストライプワンピース×シルバー小物のコーデ画像

ワンピースとカンカン帽のフェミニンな組み合わせも、グレーのストライプなら大人っぽい印象に。メタリックな小物でスパイスを加えて。

ベージュ麦わら帽子×ホワイトアイテム

ベージュ麦わら帽子×ホワイトアイテムのコーデ画像

フェミニンなドット柄オールインワンは、麦わら帽子をプラスしてレトロな着こなしを楽しんで。帽子の素材とリンクしたラフィアバッグをプラスすれば、統一感バッチリ。

ベージュ麦わら帽子×白トップス×ワイドパンツ

ベージュ麦わら帽子×白トップス×ワイドパンツのコーデ画像

ホワイトのコットントップスとライトブルーワイドデニムで爽やかなスタイルを作ったら、麦わら帽子で夏らしさを底上げ。足元もベージュカラーをチョイスして、まとまり感を出して。

【白・アイボリー】は顔周りが明るくなって◎

パッと顔色を明るくしたいのなら、夏の帽子は「白・アイボリー」で決まり! 子どもっぽくなりそうで心配な人は、チョボなしのベレー帽やメンズライクなストローハットがおすすめ。なんだか垢抜けないと感じたときにこそ、クリーンな白の帽子を味方につけてみて。

アイボリーベレー帽×白T×黒ワイドパンツ

アイボリーベレー帽×白T×黒ワイドパンツのコーデ画像

白Tと黒ワイドパンツのモノクロスタイルは、アイボリーベレー帽とベージュトートバッグをONして親近感をプラス。ベレー帽からちょこんとのぞくポニーテールがGOODバランス。

アイボリーキャスケット×ボーダートップス×トレンチスカート

アイボリーキャスケット×ボーダートップス×トレンチスカートのコーデ画像

ボートネックのボーダートップスとネイビーのトレンチスカートでお利口スタイルを作ったら、アイボリーキャスケットを足してフレンチマリンな着こなしに。

白パナマハット×アシンメトリーTシャツ×リネンワイドパンツ

白パナマハット×アシンメトリーTシャツ×リネンワイドパンツのコーデ画像

アシンメトリーTシャツ×リネンワイドパンツのゆるゆるコーデを、高級感漂う白のパナマハットで格上げ! 全体がぼやけないように、黒の小物で緊張感をもたせて。パナマハットのリボンが顔の印象もグッと引き締めてくれる。

白ストローハット×黒マキシスカート×かごバッグ

白ストローハット×黒マキシスカート×かごバッグのコーデ画像

真夏のおでかけコーデの主役に、パキッとした白のストローハットを指名! ウエストのベルトの色とうまくリンクさせると、統一感があるスタイリングに。ころんとしたかごバッグを片手に持って、サマーバカンスを楽しんで♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW