LIFE STYLE

離婚からの復縁率って?関係修復できたケースの共通点

2019/09/24

いったん離婚してからの復縁(夫婦関係の修復)は、決して簡単なことではありません。離婚から復縁に至るまでの実情を知ったうえで、成功させるための条件やポイントをチェックしておきましょう。あたたかな家族を取り戻すために必要な「幸せな再婚のコツ」も紹介します。

離婚後の復縁が成功する確率

正式な離婚をしてから、相手の良さや、家族の幸せに気づくのは珍しいことではありません。

なかには、復縁の可能性について考える人もいるでしょう。

とはいえ、一般的に、離婚後の復縁はむずかしいと考えられています。

まずは、離婚後の復縁が成功する確率から確認していきましょう。

残念ながら少ない

離婚から復縁に至るカップルの割合は、残念ながらあまり高くありません。

厚生労働省が公表している平成28年度の『婚姻に関する統計』によると、平成27年に結婚したカップル63万5156組のうち、『夫婦とも再婚』のカップルは6万1325組と、全体の9.7%に留まっています。

この『夫婦とも再婚』のカップルは、当然ながら元夫婦ばかりではありませんから、離婚から復縁したカップルの割合はさらに低いことがうかがえます。

復縁したいと考える人が少ないのかも

『離婚するのは結婚するよりも大変』といわれるように、離婚にまつわる労力は時間的にも物理的にも相当なものです。

それでもなお離婚を選ぶのは、『もうこれ以上一緒にいられない』という固い決意あってのことでしょう。

言い換えれば、膨大な手間や労力・世間体などの大きなデメリットよりも、『この人と別れたい』という気持ちが上回った結果が離婚です。

それほどまで強く別れを願うのですから、そもそも、離婚後に『復縁したい』と考える人自体が少ないとも考えられます。

これも、離婚から復縁するカップルの割合が低い理由のひとつなのかもしれません。

復縁(関係修復)できたケースの条件

離婚から復縁するカップルの割合そのものは低いとはいえ、晴れて復縁を果たした二人が存在しているのも事実です。

ここでは、復縁がうまくいくときに共通している条件について見ていきましょう。

離婚時に冷静に話し合いができていた

『離婚時に冷静に話し合いができていた』というのは、離婚から復縁するカップルの多くに共通する条件のひとつです。

別れの際はついつい感情的になってしまうものですが、そのまま別れてしまった場合、あとに残るのは相手に対する『怒り』や『嫌悪』といったマイナスの感情ばかりになりがちです。

一方、冷静に話し合って別れた場合、お互いの気持ちがきちんと整理できているぶん、悪感情を残すことも少なくなります。

復縁についてもポジティブに考えられるでしょう。

二人のあいだに子供がいる

『二人の子供がいる』というのも、復縁をスムーズにする条件のひとつです。

もともと、子供がいる夫婦の場合、離婚してからも『子供の両親』という絆で結ばれています。

子供にまつわることで連絡をしたり顔を合わせたりする機会も多いので、離婚時のわだかまりも自然と解けやすくなるのです。

なかには、『みんなで一緒に暮らしたい』という子供の言葉がきっかけで復縁を果たしたカップルも珍しくありません。

子供はお互いの関係を修復し、二人を結びつけるキューピッドの役割を果たしてくれる存在なのです。

音信不通にはなっていない

離婚の際の関係性によっては、離婚後のお互いの消息について一切不明なこともあるでしょう。

当然ではありますが、この場合どちらかが復縁したいと思っても実現することはできません。

離婚を決めて実行する時期は、とにかく相手へのネガティブな感情でいっぱいになりがちです。

『二度とかかわりたくない』という思いから、お互いの今後についてまったく伝え合わないのは決してめずらしい話ではないのです。

極端にいがみ合ってはいなかったとしても、転職や転居などを繰り返すうちにいつのまにか音信不通になってしまうこともあるでしょう。

少しでも復縁の可能性を考えるのであれば、音信不通にならないよう、定期的に連絡をとる必要があるのです。

お互いの家族と不仲になっていない

『お互いの家族と不仲になっていない』のも、復縁を成功させるための大切な条件のひとつです。

結婚生活を送っていると、夫婦の関係だけでなく、相手の家族との関係も重要になります。

夫婦同士は円満ながら、お互いの家族との関係がうまくいかないばかりに離婚に至ってしまうカップルも決して少なくありません。

お互いの家族と不仲なカップルが復縁を望んだ場合、家族の反対が原因で頓挫してしまう可能性もゼロではありません。

それまでの関係の良し悪しが、復縁の成否にも大きくかかわってくるのです。

離婚後の復縁でも冷却期間は必要?

いったん別れたカップルが復縁を目指す場合、しばらくの冷却期間が必要という話を聞いたことはあるでしょうか。

この冷却期間は、離婚した夫婦にも同様に必要なものです。

その目的について詳しく見ていきましょう。

お互いに冷静になるため

「離婚してしまったけれど、やっぱり間違いだった。やり直したい」そう思ったら、すぐにでも相手に連絡をしてしまいたくなるものです。

でも、たとえ自分は復縁を強く望んでいたとしても、相手も同じ気持ちとは限りません。

もしも相手の心にあなたに対するネガティブな感情が強く残っていたならば、あなたからのアプローチはむしろ逆効果となるでしょう。

復縁を成功させるために、お互いが冷静さを取り戻すための冷却期間は必要不可欠なのです。

再婚禁止期間は関係ある?

実は、女性には『離婚後一定期間は結婚できない』という民法の規定があります。

これは、『離婚後に生まれた子供の父親は誰なのか』という問題を回避する目的で定められたものです。

この再婚禁止期間は、かつては離婚から6カ月間と定められていましたが、2016年の法改正によって離婚後100日間に短縮されました。

なお、元夫婦同士での再婚など、特定の条件を満たしている場合にはこの再婚禁止期間は適用されません。

100日を待たず、いつでも再婚が可能です。

▼適切な冷却期間ってあるの?

幸せな再婚をするためのコツ

せっかく離婚からの復縁を叶えても、再び破局を迎えてしまっては意味がありません。

ここで、幸せな再婚をするためのコツをチェックしていきましょう。

本当に必要な復縁なのか考える

離婚という人生の重大な決断をしたあとは、誰でもナーバスになるものです。

『別れたのは失敗だったのでは…』『本当はまだ好きなのかも…』

そんな感情の波に翻弄されて、復縁を願ってしまうのもある意味仕方のないことといえるでしょう。

でも、いったん冷静になって考えてみましょう。

あなたが目指している復縁は、あなたにとって本当に必要なものなのでしょうか。

まず、離婚に至った原因はなんだったのでしょうか。

その問題は解決しているのでしょうか。

彼は心から信頼し合える相手でしょうか。

いっときの感情に流されて同じ苦しみを味わうことのないように、焦らずじっくりと考えてみることをおすすめします。

子供が再婚に賛成かも重要

子供がいるカップルの再婚で重要なのは、『子供が再婚に賛成しているかどうか』です。

子供というのは、親が思う以上に両親の性格や関係性を敏感に察知しているものです。

再婚の可能性を告げて、子供が嫌な素振りを見せたなら、少なくとも今は復縁のタイミングではないかもしれません。

子供にとって、家庭が心から安らげる場所であるよう取り計らうのが、親であるあなたの責任と考えましょう。

まとめ

離婚から復縁するカップルは、残念ながらそう多くありません。

でも『離婚時に冷静な話し合いができていた』『二人のあいだに子供がいる』などの条件が整っているカップルであれば、必ずしも不可能ではないでしょう。

復縁をスムーズに叶えるには、別れてから一定の冷却期間をおき、自分にとって本当に必要な復縁なのかをじっくりと考えたうえで、復縁に向けて動くかどうかの決断を下すのがポイントです。

なお、二人のあいだに子供がいるのであれば、子供の意志を重要視することです。

復縁するにせよしないにせよ、あなたと子供にとって最高に居心地の良い家庭を目指しましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW