ジャケットコーデ【28選】オン&オフに着まわすコツ教えます!
FASHION

ジャケットコーデ【28選】オン&オフに着まわすコツ教えます!

2020/02/21

ビジネスシーンに合わせるアウターといえば、ジャケットを思い浮かべる人が多いはず。羽織るだけで全身を引き締めてくれるジャケットは、オフィスコーデのアウターにぴったり。インナーやボトムスを変えるだけで、休日のカジュアルコーデにも着まわせちゃう優秀なアイテムです。オン&オフの上手な着まわしのポイントをご紹介します。

【オフィスシーン】に合うジャケットの着こなし方

ジャケットを一枚羽織れば、たちまちビジネスシーンになじむオフィスコーデになります。上下そろったスーツよりもカッチリとしすぎないので、デイリーに取り入れたいところ。オフィスでは、綿やデニムなどのカジュアルなボトムスは避けましょう。

【パンツ】×ジャケットコーデで仕事がデキる印象に!

▼「ジーユー(GU)」のジャケットで今っぽい着こなし

「ジーユー(GU)」のジャケットで今っぽい着こなしのコーデ画像

「ジーユー」のくすみピンクのノーカラージャケットを、すっきりとしたマニッシュスタイルに仕上げて。トップスのピンク×白の甘さをワイドパンツで引き算し、甘辛MIXコーデへと導いたのが今っぽい。

▼ホワイトコーデにブラウンジャケットで差し色

ホワイトコーデにブラウンジャケットで差し色したコーデ画像

オフィスでのオールホワイトコーデは、目立ちすぎて浮いてしまう可能性が。差し色となるブラウンジャケットを羽織ると、コーデ全体が引き締まります。カラー裏地付きのジャケットだったら、袖口を軽く折り返してこなれ感を出しても◎。

▼ワイドパンツには紺ブレジャケットで華やぎを

ワイドパンツには紺ブレジャケットで華やぎを出したコーデ画像

金ボタンの紺ブレジャケットを羽織れば、定番コーデもきちんと感と華やかさのあるコーデへと格上げ。落ち着いた雰囲気のネイビー×ブラウンの配色は、オフィスにぴったり。

▼タック入りパンツ×テーラードジャケットでトラディショナルに

タック入りパンツ×テーラードジャケットでトラディショナルにしたコーデ画像

タック入りパンツを取り入れると、一気にきちんと感がUPします。テーラードジャケットを羽織れば、トラディショナルな着こなしが完成。ジャケットのチェック柄を活かすために、ほかのアイテムはシンプルな無地にするのがセンスよく見せるコツ。

【スカート】×ジャケットコーデで大人の女っぽさを

▼白のサーキュラースカート×紺ブレで清楚に

白のサーキュラースカート×紺ブレで清楚にしたコーデ画像

清楚系をねらうなら、さわやかな女性らしさを演出してくれるネイビー×白のコーデがおすすめ。金ボタンが映える紺ブレで、トラディショナルな雰囲気をプラス。軽快な白のパンプスで、お仕事モードにシフト。

▼ドット柄スカートを黒ジャケットでオフィス仕様に

ドット柄スカートを黒ジャケットでオフィス仕様にしたコーデ画像

ドット柄のロングフレアスカートは、フェミニンな雰囲気なのでデイリーコーデになりがち。でも黒ジャケットを合わせれば、きちんと感が出て即オフィス仕様に。

▼ロングタイトスカート合わせできれいめスタイル

ロングタイトスカート合わせできれいめスタイルのコーデ画像

マニッシュなシルエットのネイビージャケットに、ピンクのブラウス&タイトスカートを合わせて、きれいめスタイルを実現。低身長さんがロングのタイトスカートをはくときは、高さのあるパンプスを選ぶとスタイルUPにつながります。

▼レッドスカートが主役のネイビージャケットコーデ

レッドスカートが主役のネイビージャケットコーデの画像

単色ネイビーのジャケットを地味見えさせないためには、主役級の差し色タイトスカートをコーデしてみて。深みのあるボルドーレッドのスカートなら、派手になりすぎずに、オフィスにもなじんでくれます。

休日もかっこよく!【カジュアル】ジャケットコーデ

オフの日だったら、インナーに遊び心を取り入れたり、ボトムスはデニムをチョイスしたりと自分らしさを存分に楽しんで。かっこいい要素をジャケットで投入すれば、たちまちおしゃれ指数がUP!

【パンツ】×ジャケットコーデのラフな着こなし

▼パーカー×ジャケットのレイヤードスタイル

パーカー×ジャケットのレイヤードスタイルのコーデ画像

いつものカジュアルコーデにジャケットを羽織るだけで、クールな印象の休日スタイルに。フード付きパーカーのレイヤードは、休日にこそぜひ楽しんでみて。インナーのイラストもコーデのアクセントになり、少年っぽくポップな着こなしを楽しめます。

▼デニムパンツできれいめカジュアル

デニムパンツできれいめカジュアルのコーデ画像

キャラクターTシャツ×デニムパンツを大人女子が着こなすならば、きれいめアイテムを合わせて品よくコーデを昇華させたい。ジャケット&パンプス&バッグのきれいめ3点セットを合わせるのが大人女子のたしなみ。

▼オーバーオールをジャケット合わせで大人っぽく

オーバーオールをジャケット合わせで大人っぽくしたコーデ画像

パンツタイプのオーバーオールを大人女子が着こなすには、子どもっぽくならないように、ジャケットを羽織ってきちんと感をアピールするのがコツ。足元にはカジュアルでありつつ女性らしさも感じさせるフラットパンプスを。

▼ホワイトのセットアップに差し色ジャケットをON

ホワイトのセットアップに差し色ジャケットをONしたコーデ画像

ホワイト×ベージュのカラーコーデがやわらかい雰囲気。小物は濃いめの色のバッグをチョイスして、ぼやけがちな印象を引き締めて。ロングヘアの人は、もったりと見えないように、ヘアは小さくまとめてバランスよく。

▼カラーパンツ×ビッグシルエットのジャケット

カラーパンツ×ビッグシルエットのジャケットのコーデ画像

インパクトの大きいレッドのカラーパンツには、ゆるさのあるビッグシルエットのジャケットを合わせるのが正解。平坦になりがちなコーデに、プリントTシャツで変化と遊び心をプラスすれば、休日の気分もUPするはず。

【スカート・ワンピース】×ジャケットコーデ

▼美術館や博物館めぐりにぴったりのスタイル

美術館や博物館めぐりにぴったりのスタイルのコーデ画像

大人女子なら、グリーンのスエードスカートの上質感を存分に楽しみたいもの。美術館や博物館めぐりにジャケットを羽織ると、場の雰囲気にぴったりな装いに。インナーをコットン素材にしたり、足元はサンダルにしたりと、オフィススタイルとは違う着こなしにTRYしても面白い。

▼甘め白プリーツスカート×紺ブレ

甘め白プリーツスカート×紺ブレのコーデ画像

誰にでも取り入れやすい、ネイビー×白の配色。プリーツスカートの甘さをスニーカーでカジュアルに着崩すのがポイント。金ボタンがアクセントの紺ブレで、コントラストの効いたコーデに仕上げて。

▼存在感のある柄物スカート×黒ジャケット

存在感のある柄物スカート×黒ジャケットのコーデ画像

コーデの主役は、存在感のある柄物プリーツスカート。黒のジャケットでクールに全身を引き締めて。ジャケットを腕まくりしてインナーのシャツを見せれば、甘辛バランスの取れた装いに。

▼ベージュジャケットを最大限に活かしたコーデ

ベージュジャケットを最大限に活かしたコーデの画像

ベージュのグラデーションを意識して、上品に仕上げたスタイル。足元は黒のマニッシュシューズを採用し、ナチュラルな装いのなかにもシャープさを感じさせたのが今っぽい。

▼レオパードワンピースにスニーカー合わせ

レオパードワンピースにスニーカー合わせの画像

フォーマルな印象のあるレオパード柄のワンピースは、休日はスニーカー合わせでカジュアルダウンさせて。丈が長めのメンズっぽい黒ジャケットを羽織って、セクシーさを抑えると好バランス。

【色・種類別】の「ジャケット着こなしのコツ」

「定番色」のジャケット

▼「ネイビー」のジャケットには差し色を

「ネイビー」のジャケットには差し色をのコーデ画像

ネイビーカラーのジャケットは合わせやすいのはうれしいけれど、無難なコーデになりがち。そこで、バッグや靴などで差し色をすると、即しゃれ見えが叶います。

▼「ベージュ」のジャケット×トレンドのシャイニー小物

「ベージュ」のジャケット×トレンドのシャイニー小物のコーデ画像

ベージュと相性のよいシャイニー小物は、2020年注目のアイテム。トレンドを意識した小物を取り入れることで、見違えるルックスに。。

▼「黒」のジャケットは、お助け万能アイテム

「黒」のジャケットは、お助け万能アイテムのコーデ画像

レースブラウスの甘さを、黒のジャケットでマニッシュに引き締めたコーデ。インナーの甘さや華やかさをうまく調整してくれる黒のジャケットは、ヘビロテ間違いなしの万能アイテム。

差がつく!「チェック柄」ジャケット着こなしのコツ

▼ブラウンチェック柄ジャケットにアクセントカラーのインナーを

ブラウンチェック柄ジャケットにアクセントカラーのインナーをのコーデ画像

トレンド継続中のブラウンが映えるチェック柄ジャケット。人と差をつけたかったら、インナーには、ブラウンと相性のよいボルドーのニットを合わせて。女性らしさの香るトラディショナルな着こなしが一気に完成します。

▼グレーチェック柄ジャケットでマニッシュスタイルに

グレーチェック柄ジャケットでマニッシュスタイルにしたコーデ画像

ブラウンについで人気の高いグレーのチェック柄ジャケットは、「エイチ・アンド・エム(H&M)」のテーラードジャケット。Vネックニットの鎖骨見せで、女性らしさをアピールするのがポイント。マニッシュな着こなしにちりばめられたレディなテイストが光ります。

「ノーカラー」ジャケットはスッキリとした着こなしを目指す

「ノーカラー」ジャケットはスッキリとした着こなしを目指すのコーデ画像

ベージュのノーカラージャケットとカーキパンツの組み合わせは、定番のアースカラーコーデ。ノーカラージャケットのすっきりとした印象を活かし、シンプルに着こなすのが大人女子流。

【秋冬】おすすめは、統一感のあるブラウンコーデ

ホワイトの差し色効果でコーデに明るさを

ホワイトの差し色効果でコーデに明るさをのコーデ画像

ブラウンのグラデーションコーデは、引き続き2020年秋冬のトレンド。すきのない完璧なカラーコーデだと、かえってヤボったく見えるリスクがあるので、ホワイトの差し色で抜けを作り、自然に仕上げてみて。

クラシックファッションで上品さを極める

クラシックファッションで上品さを極めたコーデ画像

ブラウンを基調にした、上品さが際立つクラシックファッション。金ボタンがアクセントとなったブラウンジャケットのインナーには、甘めのブラウスをチョイスすると◎。ギャザーブラウスの可憐さのおかげで、着こなしがマニッシュになりすぎるのを回避できます。

【春夏】おすすめは、くすみカラーコーデ

ビッグシルエットのジャケット×ダスティピンクパンツ

ビッグシルエットのジャケット×ダスティピンクパンツのコーデ画像

春夏は、色選びでまわりと差をつけてみて。くすみカラーのダスティピンクを取り入れれば、トレンド感満載のコーデに。ゆる感のあるパンツには、ビッグシルエットのテーラードジャケットを合わせるとカッコかわいい雰囲気に。

「ジーユー(GU)」のクラシックブルーのジャケット

「ジーユー(GU)」のクラシックブルーのジャケットのコーデ画像

2020年トレンドカラーの「クラシックブルー」。明るすぎず暗すぎないブルーなので、ジャケットカラーで取り入れても悪目立ちしないところがGOOD。ホワイト×ブルーの配色は気負わずさわやかに仕上がるので、春夏ファッションにおすすめ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW