ジャケットコーデ【28選】
FASHION

ジャケットコーデ【28選】オンオフ着こなすコツ教えます!

2019/04/23

ビジネスシーンに合わせるアウターといえば、ジャケットを思い浮かべる人は多いはず。羽織るだけでコーデを引き締めてくれるジャケットは、オフィスカジュアルコーデのアウターにぴったり。トップスやボトムスによっては、カジュアルにコーディネートすることも可能。ポイントを押さえて上手に着まわして。

ジャケットを『オフィスカジュアル』に着こなす

ジャケットをビジネスシーンで着る場合に気を付けたいのは色の組み合わせ。それぞれのポイントを意識してみて。

黒ジャケットは小物で差し色を

▼黒ジャケット×ベージュチノパンツ

黒ジャケット×ベージュチノパンツのコーデ画像

どんなカラーとも相性が良い黒ジャケット。他のアイテムを引き立ててくれるからこそ、鮮やかカラーの小物をチョイスしたい。きれい色のバッグで、ビジネスシーンも気分を高めて。

ネイビージャケット・紺ブレ(紺ブレザー)はカラーパンツとも相性◎

▼ネイビージャケット×ネイビーパンツ

ネイビージャケット×ネイビーパンツのコーデ画像

ネイビーのジャケットと同色のパンツを合わせて、セットアップ風に着こなしたオフィスカジュアルコーデ。トリコロールカラーをうまく取り入れたマリンテイストな装いで、仕事中もテンションを上げられそう。

▼紺ブレ×カーキベイカーパンツ

紺ブレ×カーキベイカーパンツのコーデ画像

フロントの金ボタンがコーデに華やかさをプラスしてくれるアイテムといえば、紺ブレの名で親しまれている紺ブレザー。カジュアルな印象のカーキパンツも、紺ブレに合わせれば大人っぽくフォーマルに着こなせる。トップスはくすみカラーを選べば、何色でもコーデに自然に溶け込んでくれる。

▼紺ブレ×白アンクルパンツ

紺ブレ×白アンクルパンツのコーデ画像

紺ブレと白パンツの、スマートな洗練スタイル。アンクル丈のパンツは足元を美しく見せてくれるから、パンプスを合わせて抜け感をプラスして。バッグはコンパクトなものを選ぶとより上品な印象に。

▼紺ブレ×白サーキュラースカート

紺ブレ×白サーキュラースカートのコーデ画像

純白のサーキュラースカートがまぶしい、清潔感たっぷりのオフィスカジュアルコーデ。白とグレーの淡いフェミニンな組み合わせを、紺ブレでしっかり引き締めることで丁度良いカラーバランスに。

グレージャケットはグラデーションを楽しむ

▼グレージャケット×黒スキニー

グレージャケット×黒スキニーのコーデ画像

白、グレー、黒のワンカラーでまとまり感のあるスタイリング。ロング丈のジャケットはお尻をすっぽり隠してくれるから、フォーマルな場にふさわしいのに体型カバーもできて優秀。

ベージュジャケットはシャイニーカラーを

▼ベージュジャケット×黒パンツ

ベージュジャケット×黒パンツのコーデ画像

グレーより少しこなれた印象になるベージュのジャケットは、主張が控えめだからコーデしやすい。物足りなさを感じたら、シルバーなどの艶っぽいカラーを小物に取り入れてみるとコーデが一気にこなれる。

ジャケットを『カジュアル』に着こなす

ジャケットは白、黒のパンツはもちろん、 デニムとも相性バツグン。また、甘めのスカートを合わせると、自然とコーデが好バランスに落ち着く。ジャケットそれぞれの特徴を活かしてコーデを楽しんで。

黒ジャケットは上品に引き締めてくれる

▼黒ジャケット×デニムパンツ

黒ジャケット×デニムパンツのコーデ画像

上品かつ重厚感のある黒ジャケットは、ストリートコーデを大人のカジュアルスタイルに格上げしてくれる。カジュアルとフォーマルを上手に両立させたお手本コーデ。

▼黒ノーカラージャケット×デニムパンツ

黒ノーカラージャケット×デニムパンツのコーデ画像

シックな黒のノーカラージャケットをメインに、あえてデニムを合わせたキレイめカジュアル。デニムは細身でミディアムウオッシュの濃い目カラーを選べば、キレイめコーデでも違和感なく馴染む。

▼黒ライダース×デニムパンツ

黒ライダース×デニムパンツのコーデ画像

デザインコンシャスな白ブラウスを、ハードなライダースジャケットとMIXさせたオシャレ感度の高いスタイリング。モノトーンで揃えれば、ひとつひとつのアイテムの存在感が強くても統一感が出る。小物で色を足すなら、コーデの雰囲気をキープしてくれる控えめベージュがオススメ。

▼黒ジャケット×レオパード柄ワンピース

黒ジャケット×レオパード柄ワンピースのコーデ画像

ジャケットとワンピースのレディな組み合わせを、白スニーカーでカジュアルにハズしたコーデ。インパクトの強いレオパード柄も、かっちりした黒ジャケットと合わせれば難なく着こなせる。

ネイビージャケット・紺ブレ(紺ブレザー)はセットアップ風にも

▼ネイビージャケット×デニムパンツ

ネイビージャケット×デニムパンツのコーデ画像

青を基調としたジャケット×デニムのグラデーションに、洗練された白を挟んだ爽やかな装い。トップスと小物のカラーは、自然とコーデがまとまるようになるべく統一するのがオススメ。

▼ネイビージャケット×白ワイドパンツ

ネイビージャケット×白ワイドパンツのコーデ画像

ネイビーのジャケットを、ボーダーのトップスと白のワイドパンツに合わせてカジュアルダウン。いつものカジュアルコーデも、ジャケットを羽織るだけで、スタイリッシュな大人カジュアルに格上げが可能。

▼紺ブレ×デニムパンツ

紺ブレ×デニムパンツのコーデ画像

ブレザーの中でも、ネイビーは幅広いカラーと相性が良いのでコーデが組みやすい。ウォッシュの強いデニムと合わせても、ノーブルな雰囲気が壊れないから安心して合わせられる。

▼紺ブレ×生デニムパンツ

紺ブレ×生デニムパンツのコーデ画像

ネイビーのジャケットは、生デニムなどの色の濃いデニムと合わせてセットアップ風に着ても◎。ネイビーや白は幅広いカラーと相性が良いから、ショッキングピンクのようなパキっとしたカラーの小物とも相性バツグン。コーデが物足りないと感じたら、迷わずアクセントカラーのアイテムを投入して。

▼紺ブレ×デニムワイドパンツ

紺ブレ×デニムワイドパンツのコーデ画像

紺ブレにボーダートップス、濃いめデニムのワイドパンツを合わせて、マリンルックな大人カジュアルスタイル。小物も統一感のあるブルー系をチョイスして、メインアイテムとの色の濃淡を楽しんで。

グレージャケットはモノトーンorデニムならうまくいく

▼グレーチェックジャケット×黒スキニー

グレーチェックジャケット×黒スキニーのコーデ画像

トラッドなグレーのジャケットは、モノトーンを意識してコーデすると失敗しない。存在感のあるTシャツが、シックなワンカラーコーデに遊び心を加えてくれる。チェーン付きのバッグで、手元はちょっぴり大人に。

▼グレーチェックジャケット×デニムパンツ

グレーチェックジャケット×デニムパンツのコーデ画像

ロング丈×グレンチェックのメンズライクなグレーコートを、ウォッシュの強いデニムでカジュアルダウン。Vネックのトップスやパンプスを合わせて、メンズ感と女っぽさの両方を味方につけて。

▼グレージャケット×デニムパンツ

グレージャケット×デニムパンツのコーデ画像

オーバーサイズのジャケットをゆったり着こなして、スキニーで足元をしっかり引き締めたお手本コーデ。パンプスやアップヘア、赤リップなど、頭からつま先までの要所に、女っぽさを散りばめるのも忘れずに。

ベージュジャケットは色で遊べる

▼ベージュリネンジャケット×デニムパンツ

ベージュリネンジャケット×デニムパンツのコーデ画像

コーデの軸となってくれるベージュのジャケットは、他のカラーの魅力を引き立ててくれる万能アイテム。その中でもリネン素材のものなら、薄手だから幅広い時期に使えて便利。小物で小さく繰り返されるブラウンが、ベーシックなコーデの良いアクセントに。

▼ベージュノーカラージャケット×デニムパンツ

ベージュノーカラージャケット×デニムパンツのコーデ画像

トラッドにも着こなし可能なベージュのノーカラージャケットを、大胆にカジュアルコーデにオン。Tシャツとデニムのストリートコーデを、ジャケットと小物で大人カジュアルに格上げした巧みなスタイリング。

▼ベージュジャケット×イエローニット×デニムパンツ

ベージュジャケット×イエローニット×デニムパンツのコーデ画像

他のカラーをうまく引き立たせてくれるベージュは、存在感のある黄色のニットと合わせても相性◎。明るめカラーが多めのコーデには、ウォッシュの強いデニムを合わせてとことんカジュアルに。

ブラウン、チェックジャケットは上品さをキープ

▼ブラウンブレザー×デニムパンツ

ブラウンブレザー×デニムパンツのコーデ画像

ブラウンのジャケットは、カジュアルなボトムスと合わせても余裕のある雰囲気に。リュクスなブレザーは、華やかさもプラスしてくれるからフォーマルな場面にもぴったり。パンプスを合わせてレディなトラッドスタイルに。

▼キャメルジャケット×デニムパンツ

キャメルジャケット×デニムパンツのコーデ画像

メンズライクなカジュアルコーデに、オーバーなキャメルのジャケットを合わせてさらにマニッシュに。キャメルはコーデの温度を保ちつつ、明るさもプラスできるから、困ったときは一枚追加したいアイテム。

▼グレンチェックジャケット×デニムパンツ

グレンチェックジャケット×デニムパンツのコーデ画像

全体的にメンズライクなカジュアルコーデを、ジャケットを投入することでトラッドに格上げしたスタイリング。チェック柄のジャケットは、一枚でコーデをノーブルに引き締めてくれるから重宝したい。

カーキジャケットは小技を効かせて

▼カーキジャケット×デニムパンツ

カーキジャケット×デニムパンツのコーデ画像

カジュアルなイメージが強いカーキのジャケットは、コーデの中で一点女っぽいアイテムを入れるとレディな大人カジュアルに格上げできる。透け感のあるアイテムやパンプスは、手軽に取り入れられるから真似してみて。

▼カーキキルティングジャケット×黒パンツ

カーキキルティングジャケット×黒パンツのコーデ画像

全体的に暗めトーンのシックなコーデに、アウターとリンクしたキルティング素材のバッグを差し色としてプラス。襟抜きっぽいジャケットの着方は、シルエットがこなれ感たっぷりになるお手本テク。

▼カーキジャケット×ウォッシュデニムパンツ

カーキジャケット×ウォッシュデニムパンツのコーデ画像

カーキジャケットとデニムを合わせた王道カジュアルコーデも、足元の白靴下×パンプスの組み合わせで即レディな仕上がりに。プルオーバーパーカーも白をチョイスして、カジュアルな中にも清潔感を与えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW